漫談ネタの作り方

一人話芸の漫談のやり方について書いています。

やり方


コントは舞台上に別の世界を作る(演じる)のに対し、漫談は観客と同じ世界(空間)にいて話を聞いてもらいながら行います。
ちなみに、舞台に入ってきた時点でキャラクターを付けておいても構いません。
ただし演技は付けても良いですが、コントのようにネタをすべて劇にしてはいけません。劇を演じた(別の世界を作る)としても、それに対して観客と同じ世界(現実)に戻って反応(ツッコミ)をする必要があります。

漫談は漫才を一人でやるようなものです。
漫才は一方が何かを話し、もう一方がそれに対して反応します。
それに対して漫談は自分で何かを話し、それに対して自分で反応します。

ちなみに、落語は一人で(※冒頭部分の「枕」は観客と同じ世界で、以降の)ネタをすべて劇にして、舞台上に別の世界を作る(演じる)方法です。要するに、漫談とコントを合わせたようなものです。

話の展開


複数の話
複数の話を展開させます。
例えば、身に起こったエピソードを複数披露していきます。
複数の話を展開させるので、それぞれの部分に話のオチがあります。

一つの話
一つの話を展開させます。
例えば、身に起こったエピソードをひとつだけ披露していきます。
一つの話を展開させるので、最後にだけ話のオチがあります。

話の種類


実体験
自分が体験した実際に起こったトラブルについて語ります。
※体験談が事実かは本人のみぞ知る…。
例: にしおかすみこ, 濱田祐太郎

創作話
自分が体験した作り話について語ります。
※常識的・現実的にはありえないおかしな発言・行動も受け入れられるキャラを確立する必要があります。
例: スギちゃん

テーマ
何かしらのテーマをお題として語ります。
※主張・持論など。
例: あべこうじ, ナオユキ

人物
有名人や一般人について語ります。
※主に毒舌。そのため、有名人を対象にした話の場合はネット炎上しやすいです。
例: だいたひかる, 長井秀和, 波田陽区, 綾小路きみまろ

笑いの誘い方


納得感を作り出す
漫談のコツはなんといっても話に納得感を作り出すことです。
確かに言えてる!確かにそうなるだろうな~!などのように、話のつじつまを合わせることで観客に納得感を与え、面白さを作り出します。

あるあるネタ
日常生活には個性的な出来事が起こります。
その誰もが思ったり、起きたりしていることをネタとして言ったり、再現したりします。

ツッコミを入れる
自分の発言・行動のボケどころのあとに、ツッコミを入れます。
また、話している内容に対して観客が思っている心理に対してツッコミを入れます。

コツ


ブリッジを入れる
複数の話をするときに、話の前後に区切りとなるような台詞を入れるといいでしょう。

ギャグを入れる
決まった台詞・動き・ポーズなどをネタ中に入れると観客に覚えてもらいやすくなります。

キャラを付ける
漫談は地味になりがちなので、衣装を着る(コスプレする)、メイクをするなどして話を活かすためのキャラクターを付けるといいでしょう。

ネタの流れ


舞台に登場
舞台に登場したとき。
  • 掛け声(観客の気を引きます。例: 「ど~も~!」)
  • 自己紹介(自分が誰なのかを説明します。例: 「○○です!」)
  • あいさつ(礼儀。例: 「よろしくお願いしま~す!」)
※必ず言う必要はありません。
※(文言を自由に変えて)好みで組み合わせてください。
※自己紹介には「名前・芸名・ニックネーム」「肩書」「個性的な情報」などを言います。


話のメインの部分。

終わり
ネタを終えるとき。
  • 自己紹介(最後にもう一度名前を言って覚えてもらう。例: 「以上、○○でした!」)
  • お礼(礼儀。例: 「ありがとうございました!」)
  • 次回(印象付け。例: 「また、お会いしましょう!」)
※必ず言う必要はありません。
※(文言を自由に変えて)好みで組み合わせてください。

あとがき


漫談はどこでもネタが行え、ネタの調整がしやすい強みがあります。
ただし漫談は話をするだけなので、地味になりやすく、それを克服する必要があります。