M-1グランプリ優勝者のテクニック

漫才師日本一を決める大会「M-1グランプリ」の優勝者のテクニックをまとめてみました。

前書き


これからご覧いただく記事を読む前に(読みながら)聞くと、気分が上がる曲(笑)。

テクニック一覧


M-1優勝者がどのようなテクニックを使っているか分析してみました。

コンビ名
タイプ: ネタのタイプ(しゃべくり漫才 or コント漫才)
ボケ担当: おかしな発言・行動をする
ツッコミ担当: ボケにツッコミを入れる
筋フリ担当: コンビ間でのやり取りをリードする
ネタの傾向: ネタに見られる特定のパターン
(※「筋フリ」の説明に関しては、人によって別の意味の場合があります。
※ネタの全体の流れから筋フリを割り出しています。)

霜降り明星
タイプ: コント漫才
ボケ担当: せいや
ツッコミ担当: 粗品
筋フリ担当: せいや
ネタの傾向: 謎めいたボケのあとに意味(真意)が判明するツッコミを入れる。
  • (フリ ≫ )ボケ ≫ ツッコミ

内容: 金持ちになったら、豪華客船で世界一周したい、というコントに入る漫才。

せいや『スタッフ来いっ!』
粗品「ヤバいクレーマーおるがな」
せいや『俺の話聞けっ!』
粗品「こういうおっさんのクレームやばいねん
せいや『ファミリー層多いねんからよ~。(いやいや)喫煙ルーム一個つぶしてキッズルームにしたほうがええんちゃうんかいっ!!
粗品「素晴らしい意見っ!!(どや?!)改善につながるええ意見やない


とろサーモン
タイプ: コント漫才
ボケ担当: 久保田
ツッコミ担当: 村田
筋フリ担当: 村田
ネタの傾向: 状況が悪くなる発言や行動をするボケのあとにツッコミを入れる。
  • (フリ ≫ )ボケ ≫ ツッコミ

内容: 旅館の女将、というコントに入る漫才。

村田「ここですか?」
久保田『あっ、こちらになります』
村田「お願いします。(※戸を開ける音)ガラガラガラ」
久保田『あっ、足元気を付けてください
村田「なんですか?」
久保田『あっ、チャーハンが散らばっているんで
村田「掃除しとけやっ!
さっきの部屋のヤツ、なにしてたんや、ここで


銀シャリ
タイプ: しゃべくり漫才
ボケ担当: 鰻
ツッコミ担当: 橋本
筋フリ担当: 鰻
ネタの傾向: フリ的なボケのあとにボケ的なツッコミをする。
  • ボケ ≫ ツッコミ

内容: 雑学をテーマに話す漫才

鰻『あんな、最近、俺、あの~、雑学とかウンチくんにはまってるねんけど
橋本「ウンチくんってなんや、お前。“ウンチク”やろ?それ言うんやったら。
ウンチくん?なにその謎のゆるキャラは。“ウンチくん”で“ゆるキャラ”は下痢やから、それは。


トレンディエンジェル
タイプ: しゃべくり&コント漫才
ボケ担当: 斎藤
ツッコミ担当: たかし
筋フリ担当: たかし
ネタの傾向: 自身のキャラを活かしたボケをする。
  • (フリ ≫ )ボケ ≫ ツッコミ

内容: クリスマスの楽しさについて語る(コントに入る)漫才

たかし『プレゼントちょうだいよ~』
斎藤「何が欲しい?何が欲しい?」
たかし『PSPちょうだいっ!
斎藤「あるある」
たかし『ちょうだい』
斎藤「ペッ!斎藤、ペッ!
たかし『いや、いらないってっ!!プレイ・ステーション・ポータブルッ!全然違うじゃないですか、斎藤さんっ!!


笑い飯
タイプ: コント漫才
ボケ担当: 西田・哲夫
ツッコミ担当: 西田・哲夫
筋フリ担当: 西田
ネタの傾向: 非現実的なテーマ(キャラを演じる)を取り入れたボケをする。
  • ボケ ≫ ツッコミ
  • ボケ担当とツッコミ担当の役割を入れ替える

内容: 子供の前に「鳥人(とりじん)」という奇妙な生き物がやってくる、というコントに入る漫才。

西田「このタキシードの胸元を開いて人間の体と鳥の頭のちょうど境目を見せてやろう
哲夫『そんなとこ一番見せたらアカンっ!!そんなグロテスクなとこ見てもうたら子供変なトラウマになるやろっ!!


パンクブーブー
タイプ: コント漫才
ボケ担当: 佐藤
ツッコミ担当: 黒瀬
筋フリ担当: 佐藤
ネタの傾向: テーマに沿ったあるあるを応用しつつ、話の脈絡が前後でつながらないボケをする。
  • (フリ ≫ )ボケ ≫ ツッコミ

内容: 隣人の部屋に苦情を言いに行く、というコントに入る漫才。

黒瀬「ちっちゃい物音で文句言いすぎなんだよ、この神経質野郎っ!!
佐藤『「ちっちゃい物音で文句言いすぎなんだよ、この神経質野郎」だぁ?いまアンタなんつったっ?
黒瀬「俺、そうやって言ったんだよっ!!俺はよーっ!!

佐藤『昔、ある万引き主婦がこんな良いことを言っていました。人間というのは…
黒瀬「聞く耳持たねーわっ!!万引き主婦の言葉っ!!


NON STYLE
タイプ: コント漫才
ボケ担当: 石田
ツッコミ担当: 井上
筋フリ担当: 井上
ネタの傾向: フリ(相方が投げかけた言葉)の言葉を応用して(取り違えて)発言・行動するボケをする。
  • フリ ≫ ボケ ≫ ツッコミ

内容: 川で溺れた少年を二人で助ける、というコントに入る漫才

井上「おい、石田。あそこの川で少年が溺れているぞっ!!
石田『おい、井上。俺、あの少年を助けたことによって女性にキャーキャー言われたいっていう欲に溺れているぞっ!!
井上「言わんでええやろっ!!


サンドウィッチマン
タイプ: コント漫才
ボケ担当: 富澤
ツッコミ担当: 伊達
筋フリ担当: 富澤
ネタの傾向: テーマに沿った既存の言葉ややり取りを応用したボケをする。
  • ボケ ≫ ツッコミ

内容: 街頭アンケートを受ける、というコントに入る漫才。

富澤「血液型は何型ですか?次のうちから選んでください。
A、A型。B、O型。C、B型。D、AB型
伊達『ややこしいわ、お前。なんだその聞き方は


チュートリアル
タイプ: しゃべくり漫才
ボケ担当: 徳井
ツッコミ担当: 福田
筋フリ担当: 徳井
ネタの傾向: 相方の悩みに対して過剰な反応を見せるボケをする。
  • ボケ ≫ ツッコミ

内容: 自転車のチリンチリン(ベル)が盗まれたことをテーマに話す漫才。

徳井「毎晩毎晩、酒飲んでベロンベロンや。朝起きてチリンチリン探した。
夜、ベロンベロン。朝、チリンチリン。俺の体、ガリンガリンや

福田『ややこしいわっ!
そんなんええねんっ!!もうっ!そんなんわっ!


ブラックマヨネーズ
タイプ: しゃべくり漫才
ボケ担当: 吉田
ツッコミ担当: 小杉
筋フリ担当: 吉田
ネタの傾向: ボケ担当がツッコミ担当に話を投げかけ、フリを返されてからボケをする。
  • フリ ≫ フリ返し ≫ ボケ ≫ ツッコミ

内容: 自分用のボーリングの玉をテーマに話す漫才。

吉田「いざ自分の買うとなったらワンサイズ大き目の穴がええんかな、とか」
小杉『なんで大き目やねん?
吉田「指が成長したときのためやんか
小杉『なれへんよっ!!
中学生の手袋ちゃうねんぞっ!!お前


アンタッチャブル
タイプ: コント漫才
ボケ担当: 山崎
ツッコミ担当: 柴田
筋フリ担当: 山崎
ネタの傾向: 種明かし的なツッコミ(ボケをした時点では意味不明で、続きのツッコミの説明で意味が分かる)をする。
  • (フリ ≫ )ボケ ≫ ツッコミ

内容: 彼女の実家のお父さんにあいさつをしに行く、というコントに入る漫才。

柴田「相手の親にね、あいさつしに行かなきゃいけないじゃない、娘さんをくださいって。
あれがやっぱ緊張したって言うのよ」
山崎『簡単じゃないのそんなの~。
チョチョイのドンよ~
柴田「チョチョイのチョイだよ。なんで最後に爆発音だ、お前


フットボールアワー
タイプ: コント漫才
ボケ担当: 岩尾
ツッコミ担当: 後藤
筋フリ担当: 岩尾
ネタの傾向: ボケをかぶせる(一つのボケから発展させる)。
  • ボケ ≫ ツッコミ

内容: SM(女王様)の運転するタクシーに乗り込む、というコントに入る漫才。

岩尾『見てご覧。前の道は一方通行だよ。
あんたがアタシのことを思う気持ちと一緒だよぉ
後藤「いやいや思てませんって」
岩尾『アタシの心には侵入禁止だよぉ
後藤「何言うてますの」
岩尾『落石注意だよっ!!
後藤「どういうことやねんっ!!落石注意の意味が分からへんわっ!


ますだおかだ
タイプ: しゃべくり漫才
ボケ担当: 増田
ツッコミ担当: 岡田
筋フリ担当: 増田
ネタの傾向: 特定の人物を盛り込むか、シミュレーションを盛り込んだボケをする。
  • ボケ ≫ ツッコミ

内容: 「漫才師育成ゲーム」というゲームの企画について発表する漫才。

増田『漫才師育成ゲーム。まず、あなたは誰の子供になりますか?次の三つの中から選んでください。
一、サラリーマンの父と専業主婦の母。
二、大助花子。
三、おすぎとピーコ
岡田「生まれるかっ!!
生まれへんで、そんなもんっ!


中川家
タイプ: コント漫才
ボケ担当: 剛
ツッコミ担当: 礼二
筋フリ担当: 剛
ネタの傾向: 相方の話に割り込んでボケる。
  • (フリ ≫ )ボケ ≫ ツッコミ

内容: 川に流されている人を助ける、というコントに入る漫才。

礼二「子供の流れと一緒に、僕は岸からずっと応援しとってん。
大丈夫かーっ!助けたるからなーっ!大丈夫かーっ!!」
剛『大丈夫か?クロールいかれへんか?
礼二「誰やねんっ、お前っ!!関係あらへん。入ってくんな言うてんねん、お前は

礼二「心臓マッサージがーっやっとたら水をビュッと出して、アッ…アッ…って何か言いたそうにしてる。
大丈夫かっ!?大丈夫かっ!?落ち着けよっ!!大丈夫やからなっ!!」
剛『大丈夫か?落ち着けよ。とりあえずコップ一杯の水飲め
礼二「たらふく飲んどんねんっ!!もう



優勝者のネタの傾向


漫才だから当然ですが、ボケたらツッコミを入れて笑いを誘っています。
おかしな発言や行動に対しておかしいとツッコミを入れて観客から共感(確かにそうだね!)を得やすいよう、日常的なテーマを取り入れるネタをする芸人さんが多いようです。
他には、鳥×人、タクシー運転手×女王様などのような「掛け合わせネタ」や、「川に流されている人を助ける」「彼女の実家のお父さんにあいさつをしに行く」「隣人の部屋に苦情を言いに行く」といった緊張感のあるシチュエーションを取り入れる傾向があります。
あと、筋フリに関しては会話をリードしつつボケてそこに相方がツッコミを入れるタイプと、話をリードしつつ相方に話を振って(フリを入れて)ボケさせるタイプに分かれます。

スポンサーリンク