お化け役の怖がらせ方や衣装・メイクのコツ

人を怖がらせる方法としてお化けに扮することも。
コツをまとめてみました。

お化け役を怖く感じさせる方法


  • 服装(お化けのテーマに合わせた衣装を身に着ける)
  • 所持品(必要であれば、お化けのテーマに合わせた何かを手に持つ※気味の悪いもの・脅し用の武器)
  • マスク(必要であれば、顔にマスクを付けたり頭からマスクをかぶる※気味の悪い顔に見せる)
  • メイク(顔・首・腕・手・足など肌が露出している部分にメイクをしたりボサボサ髪にする※健康的に見えないようにする)
  • 動き方(気味の悪い動きをする・うつむいたり壁の方向を見ているなど異様な思考状態に見せる)
  • 声(気味の悪い声を出す・参加者の気を引く台詞を言う)

お化け役の種類


※イベントのテーマに合わせ、お化け役の衣装・メイクは「和風のキャラクター」か「洋風のキャラクター」で選び分けましょう。

幽霊(和風)
上下に白色もしくは黒色の衣装(※ワンピースでもOK)を着て、顔・首・腕・手・足など肌が露出している部分を白色に塗ります。
さらに、(長髪のカツラをかぶって顔を隠し、)目の周りを黒くメイクして不気味さを出します。
(動きは両手を前に上げて参加者につかみかかるように突き出し、)「ああぁぁ…」とうめき声を出します。


ゾンビ(洋風)
(上下にボロボロの汚れた衣装を着て、)顔・首・腕・手・足など肌が露出している部分を黒ずんだ白色に塗ったうえ、傷メイクをします。
さらに、服に血のりを付けます(※白色系の服であれば血のりがはっきり見えます)。
動きは両手を前に上げて参加者につかみかかるように突き出し、「あ゛あ゛あ゛あ゛ぁぁ…」とうめき声を出します。


マスク(洋風)
顔は怖いマスクを付けます。
(上下にボロボロの汚れた衣装を着て、)武器を持ちます(※武器は怪我をしないものにしましょう)。
動きは武器を振り上げ、「うおぉっ!!」と参加者を威嚇します。
※武器は無しでもOK。


妖怪(和風)
格好は個々の妖怪の衣装やメイクをします。

動きはひょこっと現れるか突然現れて、何かの要求や脅しになるような台詞を言います。
※脅し文句は不適切な表現を使わないようにしましょう。

ゲゲゲの鬼太郎 目玉おやじ かぶりもの コスチューム メンズ
クリアストーン (2016-08-27)
売り上げランキング: 18,199

お化け役の人数


単体
一人だけで参加者の前に現れます。


集団
(最初は一人だけで現れた思わせておいて直後に数を増やし)集団で参加者の前に現れます。
たくさん出てくるので驚きとともに、ここまでやるんだ!という意外性で参加者から笑いが起きる場合があります。


一人二役
一人で二つのキャラクターを演じます。
少し厚手の長袖を用意します。
片手だけ袖(そで)を通さずに服の中に入れておき、胸の部分に穴を開けて(メイクをした)手を出す、もしくは腕にはめて動かせるエイリアンを作って顔を出させます。
袖を通さなかったほうはハリボテを作って入れて腕の厚みを演出し、手の部分は手袋でごまかします。

二人一役
二人がかりで一つのキャラクター(お化け)を演じます。
例えば、Aは動かず、Bは透明な糸を使ってAの体から何かがうごめいているような仕掛けを動かします。
もしくは一つのキャラクターのかぶりもの(獅子舞のようなもの)を作って、二人がかりで演じます。

お化け役の行動範囲


自由に動ける
お化け役は自由に歩いて移動できるようにし、移動できるのが目に見えるようにします。
つまり、どこまでも移動できるだろうな、と参加者に感じ取らせて怖がらせます。

つながれている
お化け役はロープや鎖などでつながれていて、移動できる範囲が目に見えるようにします。
つまり、ロープや鎖などが最長で伸びきったところまで移動できるだろうな、と参加者に感じ取らせて(安心感を与えつつ)怖がらせます。
※注意。ロープや鎖などで体に結ぶときに負荷が掛かり過ぎると、肌との接触部分が内出血を起こす恐れがあるので要注意。

柵越し・窓越し・穴越し
お化け役は柵・窓・穴などの向こう側にいて、出てこれないのが目に見えるようにします。
つまり、移動できない(近づいてこない)ような構造をした向こう側にいる、と参加者に感じ取らせて(安心感を与えつつ)怖がらせます。
※お化け役が脅かそうと身を乗り出して柵などに体重をかけ過ぎ、倒れてしまわないようにしましょう。

お化け役の脅かし方


1-1. 見える状態で待ち伏せ
参加者が歩いてくるのを特殊メイクを隠した状態で(全身は見える状態で)待ち構えて怖がらせます。
参加者が近づいてきたら、隠しておいた特殊メイクを見せて驚かします。
また、正面から見たときは普通の格好に見える状態でルート上に役者としていておき、何かをするために振り返ると背中側・後頭部側に特殊メイク(例えば、ドス黒い赤い手形がシャツの背中側に付いている)を仕込んでおく方法もあります。
※ルートの幅が広ければ、参加者は見えている脅かし役に近づかず避けるように大回りして進んでしまいます。必ず通路幅が狭くて近づかないと通れない場所で待ち構える、もしくは何らかの方法で近づくような指示を参加者に与えましょう。

1-2. 隠れながら待ち伏せ
参加者が歩いてくるのを物陰に隠れて待ちかまえます。
参加者が近づいてきたら、(声を出しながら)物陰から飛び出して驚かします。
※驚かせすぎると参加者が転倒・後方に衝突してしまうので、参加者の年齢や性別に応じて加減してください。

2-1. 見える状態で追跡
参加者が歩いてくるのを(全身は見える状態で)待ちかまえて怖がらせます。
参加者が通り過ぎたら、後ろを少しだけついていって脅かします。
※ルートの幅が広ければ、参加者は見えている脅かし役に近づかず避けるように大回りして進んでしまいます。必ず通路幅が狭くて近づかないと通れない場所で待ち構える、もしくは何らかの方法で近づくような指示を参加者に与えましょう。

2-2. 隠れてから追跡
参加者が歩いてくるのを物陰に潜んで待ちかまえます。
参加者が通り過ぎたら、後ろをついていき(声や音を出し)気付かせて驚かします。
※驚かせすぎると参加者が転倒してしまうので、参加者の年齢や性別に応じて加減しましょう。

隠れる場所のコツ


人が隠れられる場所を使う
例えば、曲がり角のような場所では、曲がったところに「脅かし役が隠れているかもしれない」と参加者は思います。このように「人が隠れられる場所」に怖さを感じます。
人が隠れられる場所では、実際に脅かし役(or 仕掛け役)が隠れる、もしくは誰も隠れない(※でも誰かがいるかもしれないと思う)というようにします。
※人が隠れられる場所の近くを通るようなルートや参加者への指示を作りましょう。

人が隠れられる場所を作る
例えば、人が隠れられるくらいの大きな箱を置くと、その後ろや中に「脅かし役が隠れているかもしれない」と参加者は思います。このように「人が隠れられる場所」を作っても、怖さを感じます。
人が隠れられる場所を作り、実際に脅かし役(or 仕掛け役)が隠れる、もしくは誰も隠れない(※でも誰かがいるかもしれないと思う)というようにします。
※人が隠れられる場所の近くを通るようなルートや参加者への指示を作りましょう。

人が隠れられそうにもない場所を使う
例えば、人が隠れられそうにもない場所で参加者を脅かすと、その後は「どこでも脅かされる」と参加者は思います。このように「人が隠れられない場所」で脅かすと、人が隠れられそうにもない場所でも怖さを感じます。
人が隠れられない場所に(遠隔操作ができる)装置を仕込み(、仕掛け役が近くで隠れながら操作し)ましょう。
※仕掛け役が隠れられる場所をルートに盛り込みましょう。

怖がらせる・驚かせるコツ


お化け役(or 仕掛け役)と参加者の距離が遠ければ、あまり怖くありません。
そこでお化け役や仕掛けと参加者を近づかせる方法を紹介します。

狭い道を使う・狭い道を作る
ルートとして狭い道を使ったり、何かを使って道幅が狭くなるようにします。
道幅が狭ければ壁際(死角の近く)を通ることになるので、曲がり角の所で何かが出てくるかもしれないと怖がらせやすくなります。

指示を与える
スタート地点もしくはルート上で、スタッフ(案内役・役者)が参加者に対して何かをするよう指示を与えます。
参加者は指示の内容を実行するために特定の場所に近づいたり、作業をするため周囲への注意力が落ちます。

掲示物を貼る・置く
スタート地点もしくはルート上で、指示やルートが書かれた何かを貼ったり置いておきます。
ルートに従って進むため、特定の場所に近づきます。
※「地図」は参加者の数だけ用意する必要がありますが、「掲示物」にすれば一つだけで足ります。ただし掲示物に気づかなかったり、内容を覚えてもらえなければ参加者の行動に影響が出ます。

地図を配る
スタート地点で案内役がルートの描かれた地図を参加者に配ります。
参加者はルートに従って進むため、特定の場所に近づきます。
※地図に指示を書いておいてもいいでしょう。
※参加者の数だけ用意する必要があります。
※一般的な白い紙や普通の書体では雰囲気が出ないので、怖い印象に感じる色や書体を使いましょう。

おすすめ記事



注意点


気温に合わせた変装をする
気温や湿度が高い日に頭全体にかぶるフルマスクや全身に着る衣装を使って変装すると、熱中症を起こす恐れがあります。
また、メイクは汗で落ちる可能性があるので、時期に応じた変装を用意するといいでしょう。

アレルギーのテストをする
変装するときに、メイク道具や変装グッズの素材に含まれている何らかの成分が体質に合わなければ、皮膚にアレルギー症状を引き起こす恐れがあります。
アレルギー反応が出ないかテスト(パッチテスト)をしておきましょう。
※インターネット上でパッチテストのやり方が紹介されています。

無理のない体勢にする
参加者がやって来るまでの間は、無理のない体勢にしましょう。
うつぶせ・あお向けの状態から急に起き上がったり、中腰の姿勢で待ち続けると、腰に負担がかかりぎっくり腰になる恐れがあります。
また、低い姿勢にして頭を床に近い位置で待ち構えていると、スカートを履いた女性客がのぞかれているように感じて困ります。

驚かし方に配慮する
段差がある場所、狭い場所などは、つまづいて転んだり、周囲とぶつかったりする恐れがあります。
(走って)追い続けると、参加者(特に子供)が転ぶのでやめましょう。
危険だと感じる場所では驚かさないようにして、足場が安定している場所やスペースに余裕があるところで驚かせるようにしましょう。
最近ではスマートフォンを持っている人が多いので、破損させないよう事前に注意を呼び掛けて(掲示して)おきましょう。

ちなみに、参加者をしつこく怖がらせ続けると、前に進んでもらえず時間が掛かってしまい次の参加者を待たせることになります。
お化け役は入場者がゴールの方向へ向かうよう怖がらせる向きを事前に計算しておきましょう。
また、ある程度怖がらせたら、参加者が進みやすいようお化け役は後ろに引っ込みましょう。

怖さを加減する
怖さを加減しなければ参加者の叫び声で周辺に迷惑がかかる恐れがあります。
特に子供や女性はキャーキャー叫ぶので、事前に大きな声が出る可能性があることを周辺に知らせておきましょう。
  • 突然驚かせる(※至近距離・大きな声や物音・つかみかかるなどのように脅かす)
  • 過度に怖がらせる(※怖がっているところをさらに怖がらせる)
  • グロテスクに見えるものを使う(※人体が悪い状態になっていたり、体の一部分などを使った演出)
  • 異常な表現を使う(※口頭説明・文章・映像・音などを使って過度に不安をあおる演出)
たとえ持病がなくても、怖さのあまりパニックを起こす恐れがあるので、特に子供や女性の参加者には気をつけましょう。

参加者に触れない
驚かす際に参加者の体に触れないようにしましょう。
(汗で取れて)手に付いていたメイクが参加者の衣類に移ったり、セクハラなどの問題が起こります。

スポンサーリンク