一発ギャグとギャグの違い

言葉としては「ギャグ」の前に「一発」が付いているか付いていないかですが、意味としては似てるようでまったく違うものです。
まずはその違いについて説明しますが、他にも「一発芸」や「ショートコント」も似ているで合わせて比較してみます。

タイプ別の説明


一発ギャグ
(ストーリー性を入れずに)「納得感」と同時に「違和感」を作り出す1分以内で行うお笑いネタです。
例えば、お笑いコンビのサバンナ・八木さんは「ブラジルの皆さん聞こえますか~!」という一発ギャグをしています。
しゃがみながら地球の裏側にある(ということにして)ブラジルに向かって呼びかけます。「遠くの人への呼び掛け方(※納得感)」+「ブラジルにまで聞こえるはずもない(※違和感)」という構造をしています。
セリフや動作はありますが、コントのような起承転結を持った展開はなく、ストーリー性がありません。
※ストーリー性がある一発ギャグをする芸人さんもいます。具体的な方法が決められているわけではないので、一発ギャグは自由な発想で行われています。
ただしセリフの量が多かったり、ネタの時間が長ければ「ショートコント」のような印象を与えます。
だからといってダメではありませんが、一発ギャグとしての印象は薄れます。

ギャグ
漫才やコントなどネタの中(最初、途中、最後)で、「特定の言葉(+動き)」を使っているとします。
その言葉を含めた「ネタ全体」の人気が出ると、「特定の言葉(+動き)」だけを取り出して「単体」で行っても笑いを誘えるようになります。この「特定の言葉(+動き)」がギャグです。


ここからは、一発ギャグやギャグ以外のお笑いネタとも比較してみましょう。

一発芸
「一発芸」とは、体(技術)、顔(表情)、声(声質や言い方、発言内容など)、頭脳(発想力)を使った芸を行い、観客から驚きを誘います。
一発芸で重要なのは、「驚き(意外性)」を作り出すことです。そこに思いもしなかった「発想力の高さ」や、日常生活を送る上では不必要に感じる「くだらなさ」が含まれます。
例えば、一発芸として黒柳徹子さんの声マネが激似だったとしたら、「スゲェ!!似てるっ!!(笑)」となります。
その芸を披露する人の普段のイメージや世間の基準からかけ離れた技を披露するほど、「凄み」が生まれ驚きを作り出します。
また、日常生活を送る上で不必要とも思える能力ということから、その発想力や技術力は果たして意味があるのか?という「違和感」から「くだらなさ」が生まれます。

ショートコント
ストーリーを演じるお笑いネタを行い、観客から笑いを誘います。
※ショートコントは一発ギャグとして使えたり、その逆に一発ギャグをショートコントとしても使えます。
一発ギャグをする際にセリフ量が多ければ「演劇」の印象が強まり、ネタの時間が長ければ起承転結的な構造を持つことでストーリー性が生まれショートコントに近づきます。

まとめ


少し難しい話になりますが技術的に説明すれば、ギャグは「意外な構造性(違和感)」だけで作られていることが多く、「単体」では理解しがたく「意味不明」になります。
一方、一発ギャグは「同一的な構造性(似た構造を再現できている納得感)」や「合理的な構造性(論理的な納得感)」(※同一的な構造性や合理的な構造性の中に、意外性も含む)で構成されているため、「単体」でも面白さが成立します。

例: ギャグ「お茶ーーーん!」※「お茶ーーーん」という世の中に存在しない言葉なので意外性だけで構成
例: 一発ギャグ「電話に誰も出んわ」※「電話」と「出んわ」という同一性(同じ発音)と、同音なのに異義語(別の意味)という意外性で構成

ギャグはフレーズ・ポーズ(・アクション)をとるとともに「他人への切り返し」に使いやすいので、一般人も真似しやすいです。
また、漫才やコントが世間に受けたことにより、その中に含まれたギャグにも爆発的な好意が発生しているので、「瞬間的なフレーズ」でもウケやすく使い勝手が良くなります。そのため一般人が日常で使いやすくなります。
一方で、一発ギャグは一つのネタとして完成してしまっていることもあって「他人への切り返し」として使えません。
また、一発ギャグを構成するフリからオチまでの流れを必要とすることが多く、ネタをするのにやや時間がかかります。
そのため、一般人が真似することがほとんどないため、ブームになりません。

スポンサーリンク