ホワイトデーのお返しの仕方

2月14日のバレンタインデーの日に女子からチョコをもらった男子はお返しをしなくてはなりません。
上手く返せるか不安な人向けにまとめを作ってみました。

返す日


前もって渡す
相手もしくは自分の都合、休日などの理由で3月14日に渡せない場合、3月13日以前に渡す。

○: 3月14日に渡せない場合。
×: ホワイトデーの日ではないため、相手が少し驚く?

当日に渡す
ホワイトデー当日の3月14日に渡す。

○: ホワイトデーの日という世間の盛り上がりに参加できる!
×: 特になし。

後日に渡す
相手もしくは自分の都合で3月14日までに渡せなかった場合、3月15日以降に渡す。

○: 特になし。
×: 特別な事情がない限り、渡し遅れた良くない印象…。

返す場所


バレンタインデーは「(※本命の場合)女性側が気持ちを打ち明ける」「(※義理の場合)男性に対して好意があると勘違いされる」ということなので、非常に緊張します。一方、ホワイトデーはすでに女性側からバレンタインデーに何かしらをもらっている「お返し」ということになるので、堂々とあげる(返す)ことができます。

気を付けておきたいのは、男性(あなた)にあげたことを他の人には内緒にしている可能性があり、隠しておきたい女性がいるかもしれないので、返すときには他人から見られないようにしたほうが良いでしょう。
また、人前でたくさんの男性に義理を渡していたとしても、ホワイトデーのお返しには人前ではなく個人間(一対一)で渡したほうがお礼の気持ちがより伝わるでしょう(※女性側が複数人でたくさんの男性に義理を渡していた場合は別です)。

相手を探す
相手の居場所を探して、見つかったら渡す。

○: 自分のタイミングで渡せる。
×: 相手の行動を把握していなければ渡せない。

相手と約束する
相手とどこかで会う約束をして渡す。

○: 自分のタイミング、指定した場所で渡せる。
×: 約束するときと渡すときの2度緊張する。

朝一番に会ったとき
相手が活動場所(学校・職場など)に着いた時や帰り道(登校・出勤する道)で渡す。

○: 他人が少ない朝一番に渡せば、渡すところを見られる可能性が少ない。
×: 相手が来るのが遅ければ、渡すところを他人に見られる可能性が大きい。

相手の帰宅時
相手が活動場所(学校・職場など)から帰る時や帰り道(下校・退社する道)で渡す。

○: その日の早い段階で渡せば互いに意識した状態が一日続くが、帰り際なので心理的な負担が減る。
×: 自分より相手の帰宅時間が早ければ渡せない。

相手の自宅に行く
相手の自宅に行って渡す。(もし不在であれ郵便ポストに入れておく。)

○: 学校・職場にプレゼントを持ち込めない場合。
×: 事前に相手の住所を知っておく必要があるうえ、遠ければ大変。

二人でデート中
デートの約束をして、デート中に渡す。

○: まったりとした一日を過ごせる。
×: 相手が手に持ち続けていると邪魔になる。

返す物


チョコレート
既製品 or 手作り
○:
×: バレンタインデーにチョコレートをもらって、ホワイトデーにチョコレートを返すと味気ない印象を与えます。

チョコ以外
マシュマロ・マカロン・ケーキなどお菓子や飲料など
○: チョコレートにはないカワイイ商品があります。
×:

食べ物以外
既製品 or 手作り
○: 意外性があります。
×: 「義理」としてもらっていた場合に、「あとに残るもの」をもらうと困ります。

お返しの用意の仕方


既製品
既製品(お店で買ってきた商品)をそのまま渡す。
作らなくて済むので用意が簡単です。

「義理のお返し」でも普段からお菓子売り場に売られていて馴染みのある値段の安いチョコ菓子ではなく、特別感を出すためにホワイトデーの特設売り場に売られている商品を渡すようにしましょう。
または、「本命のお返し」だということを分かってもらうために(綺麗に包装された)(ブランド名の入った)値段の高いチョコレートを渡しましょう。 

注意点は、既製品は箱や中に入っている冊子に印刷されている情報をインターネットで調べると値段を知ることができる場合があります。
その場合、「値段 = 気持ちの量」というように受け取られ、値段が安いことが相手にバレたら優しくない人と思われます。
値段がバレることを前提に、相手からもらった値段より高めの商品を返すと良いでしょう。

既製品に手を加える
既製品を買ってきて、ギフトバックに入れたりラッピングをして渡す。
デザインを変える楽しさがあります。

注意点は、中身と包装に差があれば、外見から中身も良い物だと思われて、いざ中身を見ると安っぽいと落胆させる可能性があります。
中身と釣り合った包装にすると良いでしょう。
※ブランド品(バッグや時計など)の場合は、「入れ物」にも価値があるため、箱や包装はそのままで渡した方が良いでしょう。

手作り
手作り用の材料を買ってきて、専用の道具で作る。
気持ちの大きさを伝える効果や、一から作る楽しさがあります。

注意点は、好きでもない相手から「手作り」をもらうと「重い」印象を受けるうえ、何が入っているのか分からない恐さがあります。
手作りを渡す相手は、交際している相手や家族にすると良いでしょう。

お店の種類


一般店頭
コンビニ、スーパーマーケット、デパートなど、作られたチョコレートを売っている店。

○: 身近にあるので買いに行きやすい。
×: 商品を探す場合は歩き回る必要がある。

専門店
チョコレート販売店、洋菓子店など、店内でチョコレートを作って売っている店。

○: 機械作りではない手作りのチョコが買える。
×: お店が身近にない。

ネット通販
大手通販サイト、専門店サイトなど、インターネットを通してチョコレートを売っている店。。

○: じっくりと情報を確認しながら、歩き回らなくても買える。
×: 商品が届く日数がかかるうえ、画面上で見たデザインと実際のデザインに違いが出る可能性がある。

返すときのセリフ例


1. 声かけ
まずは相手に声をかける。相手に用事があるかもしれないので、気遣う。
(渡す物は後ろ手で持って隠す。)
例: 「○○さん、少し時間空いてますか?」
相手は何の用事だろう?と思います。なんとなく気付いているとは思いますが。

2. 切り出し
用件を切り出す。
例: 「あの~、これ。バレンタインデーのお礼(お返し)です。」
相手は笑顔と喜び、驚きとともにお礼を言うでしょう。

3. お礼
バレンタインデーのお礼を言う。
例: 「バレンタインデーの時には○○をいただいてありがとうございました。本当に○○(※良い感想)でした!」
(バレンタインデーにもらったときにお礼を言っていたとしても、改めて)自分の喜びの気持ちを伝える。

4. 苦労話
渡す物を手に入れるまでの苦労話をする。
例: 「これなんですけど、○○さんに合う物をって色々探したのですが、気に入ってもらえるかどうか…。」
苦労話をアピールすることで、相手に対して気持ちがこもっていることを示す(※アピールしすぎに注意)。

5. 切り上げ
用件が終わったら話を終える。
例: 「ということで。では、失礼します(※会釈)。」
話を終えた後、相手は喜びの余韻に浸ることでしょう。

プレゼントを渡す裏技


値段を調べる
バレンタインデーに相手からもらった物の「メーカー名・ブランド名」「商品名」「グラム数・個数」などの情報をもとにインターネット検索をすると、商品情報が出てくる場合があります。
バレンタインデーに相手からもらった物よりも下回る値段の物を返すと印象が悪いので、できるだけ相手からもらった物の値段よりも高い物を返しておくと良い印象を与えるでしょう。

メッセージを添える
プレゼントの中身に自分の思いを込めた文章を書いたメッセージカードや便箋を入れて渡す。
例: 「○○さんへ。いつも○○してくださって ありがとうございます。」

※返事が欲しいのであれば、メッセージに連絡先を書いて「よろしければ連絡をください」の文章を添えましょう。
注意点は、プレゼントを本人が開けるとは限りません。例えば、チョコレートをたくさんもらう人であれば、食べきれないときに他の人にあげる可能性もあるので、連絡先が別の人の手に渡る可能性があります。

女性目線


さて、世の中の女性はホワイトデーの3月14日をどう思っているのか?
間違いなくその日に近づくにつれ「バレンタインデーにあげた人からは返してもらえる」と思っていることでしょう。

もし返さなければ、「冷たい人」と思われるので、確実に嫌われることでしょう………。
ホワイトデーとして返してもらったときに思いのほか内容が良かった場合は、相手のことを好きになる可能性があります。
女性側は義理としてあげたとしても、返してもらった物が良かった場合は、うれしいことに間違いありません。

極端に値段の高い物を返すと違和感があるので、相手の値段よりやや高めで綺麗なデザインのものにするのがホワイトデーのお返しのコツになるでしょう。

スポンサーリンク