場所取りの仕方!方法や持ち物・グッズ情報

場所取り役をする人に便利な情報をまとめてみました。

タイミング


予定している場所によっては、他の客との場所の取り合いになるかもしれないので、場所を確保するタイミングが違います。
  • 到着後(参加者全員で現地に到着後、みんなで探すか、もしくは場所取り役が探して、確保する)
  • 終了後(当日の用事が終わった場所取り役が先に現地入りして、場所を確保しておく)
  • 当日の朝(当日の朝に、場所取り役が先に現地入りして、場所を確保しておく)
  • 前日(前日から、場所取り役が先に現地入りして、場所を確保しておく)
※「当日の朝」や「前日」から場所取りをする場合は、早朝や夜間に大きな声や物音を出したり、住宅地周辺をうろつくと、周辺住民から注意・通報される恐れがあるので注意してください。
※冬場は夕方から翌日の朝方までは気温が低くて寒く、夏場は蒸し暑くて寝苦しくなるので、対策をしましょう。

場所


公園などで場所取りする際に避けたほうがいいのが、ゴミ箱や公衆トイレの近くです。
ゴミ箱の近くは他の客が捨てたゴミが見えるので汚く感じます。また、公衆トイレも印象が悪いです。
いずれも近くにあると便利かもしれませんが、食事中に視界に入ると不衛生な印象を受けるので、見える場所は避けましょう。
また、悪乗りしそうな人(グループ)の近くは、(お酒を飲んで)騒ぐ可能性があり、迷惑するかもしれないので避けましょう。

役割


※場所取りをするにあたって必要な役割を複数紹介しますが、一人で複数の役を掛け持ちしたり、一つの役を複数人で共同作業にするなど、都合に合わせて調整しても構いません。
  • 担当役(メインで場所取りをする)
  • 追加役(途中から参加する)
  • 交代役(途中で交代する)
  • 運転役(場所まで担当役・追加役・交代役を運ぶ)
  • 運搬役(場所まで荷物を運ぶ)
  • 補充役(途中で必要なものを持ってくる)
※一人で場所取りをしていると会話相手がいないので非常に退屈なうえ心細いです。また、荷物を置いたままトイレに行ったり買い物に行くと、見張りがいないので盗まれる恐れがあります。一方、二人以上いれば、会話や相談、見張りができます。
※持ち物として機械類(携帯電話・ゲーム機など)を持っていく場合は、途中でバッテリー切れを起こさないよう、出発前にフル充電をしておくか、もしくは「モバイルバッテリー」を用意しておきましょう。

役割の決め方
場所取りにかかわる人を決める方法
  • 尋ねる・立候補(やりたい人に任せる)
  • 依頼(友人・知人に任せる)
  • ジャンケン・くじ引き(上下関係なく公平に決める)
  • 新入り・一番年下(上下関係で強制的に決める※パワハラになる恐れあり)
※場所取り役は以下の条件で任せます。無条件(見返りなしで任せる)、返金(使用した費用を返す約束で任せる)、予算(事前に費用を渡して任せる)、謝礼(金品を渡す約束で任せる)、特別待遇(何らかの待遇を与える約束で任せる)、希望(要望を叶える約束で任せる)

持ち物・必需品


※「☆マーク」の項目は必需品です。他の項目はあれば便利なものです。
  • ☆シート(ブルーシート or レジャーシート※2リットル入る長方形のペットボトルに水を入れると、おもしがわりに使えます)
  • 布ガムテープ(※シートに、防水加工したうえで情報を記載した貼り紙をテープで貼ったり、細く切ったテープをカタカナなど文字にして貼り付ければ目印にできます)
  • アウトドアチェア(※地面に直接座っていると冷える恐れがあるため)
  • ☆冬場は防寒具(防寒着, 厚手の靴下・手袋・ネックウォ―マー・ニット帽・イヤーウォーマー, マスク, 使い捨てカイロ)
  • 就寝具(毛布, マット, 寝袋, テント)
  • ☆雨具(傘・レインコート, タオル※水分をふき取るため)
  • ☆袋類(カバン, ゴミ袋)
  • ☆飲食物(主食+副食, おつまみ・お菓子, 飲み物+コップ)
  • ステンレスボトル&熱湯(※インスタント・カップ食品, 味噌汁・コーヒーなどを作る)
  • ☆貴重品(携帯電話, お金)
  • 暇つぶしアイテム(本, カードゲーム・ボードゲーム・携帯ゲームなど)

TRUSCO(トラスコ) ブルーシート #2000 1.8m×2.7m BS20-1827
トラスコ中山(TRUSCO)
売り上げランキング: 220

便利グッズの作り方
段ボールにガムテープを貼り付ければ、テーブル・イス・ゴミ箱などを作れます(※段ボール特有の茶色では見た目が悪いので、デザイン性の良いカバーをかぶせれば綺麗な印象を与えます)。
  • テーブル(※段ボール箱をいくつか並べ、ガムテープを貼り付けて一つにする。)
  • イス(※段ボール箱の中に交差するように段ボール板を張り、箱の開く部分にガムテープを貼り付けて封をする。)
  • ゴミ箱(※段ボール箱の一辺だけ開けておき、上からゴミ袋を取り付ける。)
※現地で作ろうとしてもうまくいかないかもしれないので、前日までに作って畳んでおき、現地に着いたらガムテープを貼って完成させましょう。
※段ボールで作成するものは、強度や安定性を考えて作成・使用する必要があります。重大な事故につながる恐れがあるので十分に気をつけてください。

雨対策
(場所取り中に)雨が降ってきたときに対処する方法。

用意する物はこちらです。
  • 段ボール箱(※たくさん)
  • 大きなブルーシートもしくはレジャーシート
  • (タオルもしくは雑巾を複数枚)
  • (ガムテープ)

まず、段ボール箱を重ね、4つか3つのの柱を作ります。
その上をシートでおおって屋根を作ります。以上です。簡単!
※タオル・雑巾は、シートが雨で濡れたままの状態だと、座ったときにお尻が濡れるので、ふき取るのに使います。
※ガムテープは箱状にする時やシートを固定する時に必要であれば使います。

コツ


禁止事項を調べておく
場所取りをしようとする場所で、特定の行為を禁止している場合があります。
どこかに看板がないか探したり、現地で探せない(見つからない)のであればインターネットで調べておきましょう。

以下は、場所によって禁止されている行為です。
  • 場所取りをする(場所取りそのものを禁止)
  • 無人(シートや目印だけで場所取りをすることを禁止※有人であれば許される)
  • 前日から場所取りをする(※日時が指定されている場合があります)
  • ブルーシート・テントなどを設置する(※景観を損ねる)
  • ロープ等、人が引っかかって転倒する恐れがあるものを設置する(※事故の恐れがある)
  • 木の近くで場所取りをする(※木の根が傷む)
  • カセットコンロ・火を使用する(※地面が汚れたり、火事の恐れがある)

トイレ・お店の場所を探しておく
場所取りをする場所の近くに公衆トイレやお店(コンビニやスーパーマーケットなど※特に24時間営業のお店)があると便利なので調べておきましょう。
お店ではトイレを借りる、商品を買う、段ボールをもらうなどができます。
事前に地図で確認・把握しておくと、何か用事があったときに役立ちます。

場所取りをしている人へ声をかけておく
先に場所取りをしている人の隣に場所取りをする場合は、「自分たちもここで場所取りをしても良いか?」と尋ねておき、逆に、自分が先に場所取りをしている最中にあとから隣に場所取りをしてきた人がいたら挨拶をしておきます。
会話相手ができたり、困ったことが発生したときに話しかけやすくなります。
また、(異性グループであれば、)(他の参加者に確認したうえで、)合同で行うよう誘うことができます。
注意点は、何組にも話しかける必要がある場所では話がややこしくなり、相手によってはトラブルになるので気をつけてください。

あとがき


場所取り役は大変な仕事ですが、参加者(特に幹事)に恩を売れるチャンスです。
的確な方法で場所を確保すれば、イベントが盛り上がり、みんなから尊敬されるでしょう。