イベント向け迷路の作り方

イベントで、人が入れるサイズの迷路を開催したいけど作り方が分からない人向けです。
コツや注意点をまとめてみました。

コースの構造


1-1. 入口
迷路の中へ侵入する場所。
※入口から最初の通路をストレートにしていると外から内部が丸見えになるので、入り口直後(外から内部に入るところ)は直角にしましょう(※「のれん」のようなもので内部が見えないようにしてもOK)。
※入場者が入る場所に迷わないよう「入口」と表示しておきましょう(※入場者の対象年齢に合わせて文言を調整してください)。

1-2. 出口
迷路の外へ脱出する場所。
※出口までの通路をストレートにすると外から内部が丸見えになるので、出口の直前(内部から外に出るところ)は直角にしましょう(※「のれん」のようなもので内部が見えないようにしてもOK)。
※入場者が間違って出口から入らないよう「出口」と表示しておきましょう(※入場者の対象年齢に合わせて文言を調整してください)。

2-1. 分かれ道
通路が二つ(以上)に分かれていて、進む方向を選ばなければならない場所。
正解の道か不正解の道かを考えるドキドキ感を出せます。

2-2. 行き止まり
通路の途中で進めなくなり、引き返さなければならない場所。
行き止まりに遭遇したときのくやしい思いをする面白さがあります。
※スレートの通路の先を行き止まり(壁)にすると進まなくても分かってしまうので、曲がり角の先を行き止まりにしましょう。ただしコースの構造を工夫しなければ、引き返す人を見ただけで行先が行き止まりということが後続者にバレてしまいます。
※行き止まりの先にメッセージを掲示しておくのもいいでしょう。引っ掛けられた(皮肉られた)感から面白さが生まれます。
例: 「こっちじゃないよ」「ハズレ」「ざんね~ん」

3-1. 広い空間
通路の平均的な幅よりも大きく広がっている場所。
迷路内の圧迫した感覚が続くと息苦しいので、コースの途中で広々とした空間を用意して解放感を出します。

3-2. 窓・吹き抜け
通路が壁続きやトンネルになっているところで、迷路の外(横や上の景色)を眺められる場所。
迷路内の圧迫した感覚が続くと息苦しいので、コースの途中で外の景色を見られるようにして解放感を出します。
※迷路の内部から穴(窓)の外に顔を向けると、「顔出しパネル」になっているようにしてもいいでしょう。

3-3. 高台
階段やスロープを上ると周辺よりも高くなっていて、迷路の全体もしくは周辺を見渡せる場所。
コース全体・周辺の様子を見られる壮快さや、他の入場者や迷路外の人の動きを見られる面白さがあります。
※高台は、転倒・落下の危険性があります。
※迷路の外に高台を作り、迷路外の人(観客・通行人)が上から迷路内を眺められるようにしてもいいでしょう(※建物の2階以上から中を眺められる場所に迷路を設置する方法でもOK)。

4-1. トンネル
通路の上や左右が囲われて、筒状になっている場所。
周囲を暗くすることでドキドキ感を出せるうえ、暗がりから明るいところへ出る(狭い所から広い所へ出る)解放感を出すための前置きとなる役割を果たします。
※迷路全体をトンネルにする方法もあります。
※ハイハイ(四つん這い)で進むトンネルを作ると、前を見ずに進んだ入場者(子供)同士が頭と頭をぶつける恐れがあります。

必要な道具


図面
迷路全体のコースを描いた設計図。
手描きで作成する、もしくはパソコンソフトを使って作りましょう。

図案
迷路にテーマを持たせ、壁などに装飾するときのデザイン画。
※これは必要に応じて用意してください。

壁を作る材料
壁(面)を作る材料と、柱(棒)となるもの(例: 段ボールやコンパネ板など)。
また、壁や柱の素材に合わせた固定するもの(例: ガムテープや釘など)。

メジャー
地面(屋外)・床(屋内)へ図面を書くときに、距離や位置を測るもの。

ポイントマーカー
地面・床に対して図面を書くときに、位置関係が分かる目印となるもの。

図面を書く道具
地面・床に対して図面を書くもの。

※道具は途中で紛失すると、イベント中やイベント後に怪我をする恐れがあります。
道具を用意した時点で数を数え、イベント終了後に数が減っていないか確かめましょう。

壁を作る材料


1-1. 壁と柱
壁と柱を使って道を作る(※柱を無しにする方法もあります)。
壁の材料としては、木(板)・紙(ダンボール)・糸(布やネット)・ビニールなど、材質によって一長一短あります(※見た目・耐久性・値段などに違いが出ます)。
○: 本格的です。
×: 時間・手間・費用が掛かります。

1-2. ロープ・テープ
ロープやテープを棒か台につなげて道を作る。
※「パーティーション」のような感じです。パーテーションとは大勢の人が並ぶ受付(会計)のところで、ポールにロープが張ってあるやつです。
○:
×: 視線上にロープ・テープがたくさん見えるのでゴチャゴチャした印象を受けます(※目が疲れる・目が回る恐れあり)。

2-1. ライン
地面に線を引いて道を作る。または、床にテープを貼って道を作る。
※地面にライン引き(石灰)を使う、もしくは地面に線を引く。
○: 屋外・屋内と問わず作れます。
×: ラインの上を通れるので迷路っぽくありません(※下を見ながら歩くので目が疲れる・目が回る恐れあり)。

2-2. 植物
地面に植物を植えて道を作る。または、植物を植えたプランターを並べる。
※空に向かって伸びる植物を使う。
○: 植物の中をめぐる楽しさがあります。
×: 植物を育てるのに日数・手間・費用が掛かります。

3-1. 建物
建物内部の通路や部屋を物やロープなどでふさいで道を作る。
※入り組んだ建物を使う。
○: 壁の製作費を抑えられます。
×: 建物を迷路として使っている間は他の用事には使えません。

壁の構造


壁の上も下も開いていない
壁の向こう側はまったく見えないようにします。
※迷子や出られなくなったときに困ります。

壁の下が開いている
壁の下側を開いているようにします。
迷子になったときに、下を通って脱出します。

壁の上が開いている
壁の上側を開いているようにします。
迷子になったときに、全体を見渡して出口の方向を探します(※壁を低い高さにして、迷子になったときに上をまたいで脱出できるようにしてもOK)。
迷路の外にいる人(親・監視員)が内部にいる人(子)を確認できます。

壁が透けている
壁を格子状・網状にして向こう側が透けて見えるようにします。
※透けた向こう側が見えるので、ゴチャゴチャした印象を受けます。

難易度の調整の仕方


難易度を上げる
  • 壁の向こう側を見えないようにする
  • コースを長くする(大きくする)
  • 分かれ道を増やして方向感覚を狂わせる
  • ところどころ似た構造や似たデザインにして現在位置を分からなくする

難易度を下げる
  • 壁の向こう側を見えるようにする
  • コースを短くする(小さくする)
  • 分かれ道を減らして方向感覚が分かりやすいようにする
  • 目印を作る(例: 動物や果物などのマークを表示, 迷路内部をエリアごとに色分け)

設計の仕方


手順
  1. 紙に図面を描く、もしくはパソコン上で図面を作る(※最初にマス目のテンプレートを作成しておけば作りやすいです)
  2. コースの壁や柱の材料や設計図などを考える&用意
  3. 地面・床に図面(コース)を書く
  4. 図面に沿って壁を作る
  5. 何人かに試してもらって問題点を探す&修正
  6. 開催!

図面を描くときに使うもの
  • ビニールテープ(※テープを床に貼りつける※室内向け※剥がす際に床の繊維がはがれる恐れあり)
  • ヒモとテープ(※ヒモを張り、床にテープで貼りつける※室内向け※剥がす際に床の繊維がはがれる恐れあり)
  • 棒(※地面に線を引く※屋外向け※こすれると線が消える恐れあり)
  • ライン引き(※学校のグラウンドに白い線を引く道具※屋外向け※間違えて書くと消すのが面倒)
  • 釘とヒモ(※ヒモを張り、地面に専用の釘で留める※屋外向け※釘の紛失に注意)
  • 杭とヒモ(※杭を地面に刺し、ヒモを張る※屋外向け※地面に杭の穴が開く)
  • 杭(※杭を地面に刺す※屋外向け※壁を直接貼る場合)

テーマ
迷路に何かしらのイメージを持たせるために外装や内装などの装飾に使うためのテーマ。
  • 自然(森, 洞窟, 海中, 天空)
  • 建造物(和風・洋風のお城)
  • ほのぼの(お菓子の国, 動物の国)
  • 不気味(お化け屋敷)

手作りダンボール迷路


材料
ダンボール、ガムテ―プ、カッター・ハサミ、筆記用具。
お店で使われているダンボールは文字入り・穴あり・切れ目あり・サイズがバラバラなどの理由で使いづらいです。
そこで、販売されているダンボールを購入して作る、もしくはダンボール迷路をレンタルするといいでしょう。ちなみに、インターネットで検索すると「ダンボール迷路」の業者が見つかります。
ちなみ、お店で売られているダンボールは3~4mmが多いです。薄ければ力が加わったときにへこんだり曲がったり破れたりする可能性があります。一方、業者が使用しているダンボールの厚さは8㎜です。


また、ガムテープには「クラフトテープ」と「布テープ」があります。
クラフトテープは表面がつるつるした紙製で、強度は弱いです。
一方、布テープは表面がザラザラした布製で、強度が強いです。

おすすめリンク集


デザイン

イベントのやり方

注意点


注意書きを掲示する
迷路内でトラブルを起こさないためにも、入口に注意を促す文章を掲示しておきましょう。
注意書きは対象とする入場者の年齢層に合わせて分かりやすい表示・意味になるように調整してください。
また、注意の度合いに応じて言葉の表現も調整してください。例えば、「~しないで」「~してください」「~するようにしましょう」「~してね」などがあります。
  • 「壁を手で押したり蹴ったりしないでください」「壁にもたれないでください」※崩壊
  • 「イタズラしないでください」※崩壊・破損
  • 「曲がり角はゆっくり曲がってください」「その場でUターンをするときはゆっくりと回ってください」※衝突
  • 「走らないでください」「競争しないでください」※衝突・転倒
  • 「遅延・居座り行為はしないでください」※混雑
  • 「過度の再入場はしないでください」※混雑
  • 「撮影しないでください」※ネタバレ

入場できる人数
迷路内の入場者が多すぎると(曲がり角で)衝突が起こる可能性が高まるので、入口にスタッフを配置し、入場する人数や入るタイミングを調整しましょう。

入場できる年齢
迷路の構造によって難易度が変わるので、入場できる年齢制限や条件(保護者同伴)などの基準を設けましょう。

怪我
崩れると怪我をする恐れのある材料を使った迷路を作る場合は、触ったり接触したりなどの力が加わっても壊れない強度にしておきましょう。
また、強風時に崩れると大変危険なので、屋外でイベントをする場合は中止基準(※最高風速や注意報・警報の基準)を決めておきましょう。
※釘の取り扱いに要注意。露出・紛失で怪我をする恐れがあります。

熱中症
室内・屋外問わず暑ければ熱中症になる恐れがあるので、イベントの中止基準(※気温・室温・湿度の上限)を決めておきましょう(※屋外の場合は光化学スモッグ注意報も)。
また、開催時期(※暑い時期や湿度が高い時期は避ける)や、開催場所(※通気性の悪い場所や湿気が多い場所は避ける)も考慮しましょう。

置き去り
迷路イベントを終了する際は、誰かが迷路内に取り残されていないか最後に見回り・声かけをして確認しましょう。

スポンサーリンク