コントの書き起こし/Wエンジン

「惚れてまうやろ」「気をつけなはれや」のギャグでおなじみの「Wエンジン」のネタを書き起こしてみました。

前書き


  • ネタの展開が分かりやすいよう、全体を■マークを使い、全体を「起承転結」で区切っています。
  • (※ )内は補足の説明です。
  • フリ担当のえとう窓口さん(女性役)を「」と表記しています。
  • ボケ担当のチャンカワイさん(男性役)を「」と表記しています。

ネタの書き起こし


チ「モテない男が惚れてしまうコント」
え「今夜の相手は、友達の彼女」

チ「(※テレビを見ながら笑い声)はっはっはっはっ」
え「(※呼び鈴の音)ピンポ~ン」
チ「は~い。
(※玄関まで行き、ドアを開ける仕草)ガチャ」

え「ごめんね急に…。
さっきタケシにフラれたんだ…。
ビール付き合ってくんない?」

チ「ちょっと待って…」
え「うん」
チ「………惚れてまうやろ~~~~~~~っ!!。
このシチュエーションは、雑誌に載ってた彼女になりやすいパターンのやつや~~っ!!
(※気を取り直して)どうぞ」

え「あっ!、ありがとう。
(※部屋に招き入れ、二人とも席に座る)
さっそく飲もっか」

チ「あっ!、ごめんね、僕、ビール飲めないんよ」
え「あっ、買っといたよ、チュウハイ」
チ「何で知ってんの?」
え「こないだ一緒に飲んだじゃん。
覚えてるよ!」

チ「ちょっとトイレ…」
え「うん」
チ「(※トイレに入り、水を流す音)ザ~~、惚れてまうやろ~~~~~~~っ!!、酔わせてどうする気っ!!
(※部屋に戻り、気を取り直して)ごめんね」

え「(※チューハイの缶を振る仕草)
乾杯しよ!。
(※缶を渡す仕草)」

チ「(※缶を振っていたために中身が噴出す音)プシュッ!、うわっ、何これ、も~っ」
え「ひっかかっちゃった~」
(※二人で大笑い)
チ「(※タオルで口を押さえながら)惚れてまうやろ~~~~~~~っ!!、めっちゃ幸せや~~っ。
(※気を取り直して)ちょっと、ビチョビチョやんっ」


え「(※ケータイで話し込む)いいかげんにしてよっ!!何をいまさらっ!!
えっ?すぐ行く。
……カワイ君ごめん、タケシがなんか謝りたいって。
私、行ってくるね」

チ「よかったやん…」
え「あっ!、割り勘ぶん今度でいいから。
(※急いで帰る)」

チ「この流れで割り勘っ、ハハッ。

気をつけなはれやっ!!」

※このネタの時間は112秒(約2分)です。

分析


舞台男性の家
テーマ男性の家に女性が遊びに来る
フリ役えとう窓口(女性)
ボケ役チャンカワイ(男性)
ツッコミ役-
ネタの特徴女性(えとう窓口)が積極的な行動を起こし、男性(チャンカワイ)が「惚れてまうやろ」のギャグで返す。オチに「気を付けなはれや」のギャグをする

Wエンジンさんのネタは、主に「共感性」と「ギャグ」で作られています。
「共感性」は、男性が女性に惚れ(ほれ)てしまうような状況を作り出し、そこに「惚れてしまうやろ」と指摘をすることで「確かにその展開であれば惚れてしまう!」と観客の心理と一致させて笑いを誘っています。
あとは「惚れてまうやろ」のお決まりのギャグを繰り返し使い、最後に「気をつけなはれや」というオチのギャグを使っています。