フリップ芸の作り方!絵や文字で笑わせる方法

絵や文字を書いたフリップ(紙)を使用して紙芝居のようにネタを披露する「フリップ芸(フリップネタ・めくり芸)」の作り方についてまとめています。

はじめに


これからご覧いただく記事の中で、使用している文字の表記について。
記事中に「(文字を)書く」と「(絵を)描く」の両方を表記すると読みづらくなるため、「書く」という表記で統一しています。
もしフリップ芸をする際に「文字(字全般)」ではなく「絵(デザイン全般)」を使用する場合は、記事中の「書く」を「描く」の意味に置き換えて解釈していただければと思います。

必要なもの


  • ネタの下書きに使う文房具
  • ネタの仕上げに使う筆記具(+色付けに使う画材)
  • 紙 or スケッチブック

フリップの種類



一枚の紙(※複数枚の紙を重ねて「本体」にします)。
※「スケッチブック」の紙を一枚ずつ切り離して使用することもできます(※リングを通す穴が開いていた部分を切り離す必要があります)。
  • 本体の中に追加したい紙(展開)があれば、入れられる。また、紙の順序を入れ替えられる。
  • 一番前の紙を少しずつずらすことで、次の紙に書いてあるボケ(オチ)までの「間(ま)」を作れる。
×
  • 紙が一枚ずつばらけるため、順序を入れ間違う恐れがある(※紙の裏側に通し番号を書いておく)。
  • 紙を出し入れする際に、位置がずれると整える必要がある。

スケッチブック
複数枚の紙がリング状の金具でまとめられています。
  • 紙がリングでまとめてあるため、順序を入れ間違うことがない。
  • 紙を出し入れする際に、リングのおかげで位置がずれることがないため、整える必要がない。
×
  • 使用しなかった紙が余る(※切り離してほかに使う)。
  • 紙がリングでつながっているため、本体の中に追加したい紙があっても入れられない。また、紙の順序を入れ替えられない。
  • 一番前の紙を少しずつめくり、次の紙に書かれているボケ(オチ)を見せる「間」を作れない。
  • 紙を何度もめくっているうちにリングを通す穴の周辺に負担がかかり、やぶれてくる。

フリップの見せ方


手に持つ
  • ネタを披露する場所までフリップを置くための台を持ち歩く必要がない。
×
  • 芸人自身とフリップとの距離が近すぎ、次のフリップを確認しづらい。また、フリップを取り扱う作業が片手になるため、やりづらい。
  • 芸人自身が気づかないうちに、持っているフリップがずれる可能性がある。
  • フリップを持つことで手がふさがるため、アクション(動き・演技)を付けられない。

台に置く
※台の形状には、床に立てる「脚立式の台」、もしくは机の上に置く「卓上式の台」があります(※卓上式はネタを披露する場所に台を用意する必要があります)。
※小さく収納できる「折り畳み式の台」は持ち運びしやすいですが、軽いため安定性がありません。一方、台座がしっかりしている「固定式の台」は安定性がありますが、小さく収納できないため持ち運びが不便です。
※台に使えそうな道具としては、音楽の楽譜を立てる「譜面台」、美術のキャンバスを立てる「イーゼル」、本を立てる「書見台」などがあります。また、自分で台を作る方法もあります(※いずれも観客から見やすいよう、フリップを正面に向けられる台を使うことが条件です。もし斜め上の角度までしか向けられない台であれば、何かを付け足して角度を調整すると良いでしょう)。
  • フリップを置いている台から芸人自身が離れて見られるため、次のフリップを確認しやすい。
  • フリップを台に置くことで安定するため、ずれない。
  • 手に何も持たないため、芸人自身がアクションを付けられる。
×
  • ネタを披露する場所までフリップを置く台を持ち歩く必要がある。
  • 脚立式を使用する場合、安定性のある台を使わなければ、フリップを出し入れする際に倒れる。

フリップを見せる・隠す方法


本体の前・後ろに回す
フリップを本体の一番前や一番後ろに配置する場合。
※本体の一番前のフリップを取る(※結果、次のフリップを見せる)。前のフリップは本体の一番後ろに回すことで隠すか、もしくは下記「台の上に置く」「下に落とす」ことで隠す。
※本体の一番後ろのフリップを取り、本体の一番前に回す(※結果、次のフリップを見せる上、前のフリップを隠す)。
※スケッチブックを使う場合は、この方法に限定されます。
  • フリップを本体近くで入れ替えるため、観客の視線が安定する。
×
  • フリップを出し入れする作業に手間がかかる。

台の上に置く
フリップを台(例えば、机)の上に配置する場合。
※次のフリップを置くために使う(※見せる)。
※前のフリップを置くために使う(※隠す)。
  • フリップを出し入れする作業がスムーズになる。
×
  • 台が目立つ。
  • ネタを披露する場所に、台を用意する必要がある。

下に落とす
フリップを足元に置いておく場合(※隠す)。
※使用済みとなった前のフリップを床に置いた箱の中に入れるか、もしくは床に落とす。
  • フリップを取り扱う作業がスムーズになる。
×
  • 落下するフリップを観客が目で追う可能性がある。
  • 落とした時に、紙が折れる・汚れるなどの恐れがある。
  • 箱を使用する場合、ネタを披露する場所に用意する必要がある。

コツ


1-1. 紙は硬め・厚めを使う
柔らかい紙は値段が安いですが、角度をつけると折れ曲がり、ネタが見えなくなる恐れがあります。また、紙が薄ければ、下にある紙(ネタ)が透けて見える恐れがあります。
角度をつけても折れ曲がらない上、紙が透けない硬い紙・厚い紙のほうが良いでしょう。
※柔らかい紙・薄い紙を使う場合は、紙を一枚一枚厚紙に貼り付けることで硬さ・厚さを持たせられます。ただし、一つのネタを作成するために紙の費用が二重にかかります。

1-2. 紙は光沢なしを使う
紙の表面に光沢(ツヤ)があると照明の光を反射してしまい、ネタが書かれている表面が真っ白になって見えづらくなる可能性があります。
照明の光を反射しないよう、光沢なしの紙を選びましょう。

1-3. 紙・インクの種類に気をつける
紙の材質によっては、表面がツルツルとしていたり、毛羽立つなどして、線を書いたり消したりしづらい場合があります。また、仕上げ時のペンのインク(+色付け)も影響が出る場合もあります。
紙やペンなどを購入する際は、事前に特徴をしっかり下調べしたり、様々なものを試して自分に合ったものを探しましょう。

2-1. 線は太く書く
ネタを書くときの線が細ければ、観客から見えづらい可能性がある上、弱よわしくて安っぽい絵に見えます。
線を太く書けば、見やすく、表現力や迫力が増してネタが面白くなりやすいです。

2-2. 字は読みやすく書く
手書きで文字を書いた時に汚かったり小さければ、観客が読みづらく感じます。(また、文の折り返し位置が悪ければ、文の意味に違和感を感じさせます。)
字を綺麗に大きくバランスよく書けば、ネタの意味が伝わりやすくなります。
※(字を書くのが苦手な人が)文字を使ったネタをする場合は、パソコンを使ってデザインし、プリンターで印刷したほうが綺麗で読みやすくなります。(また、文の折り返し位置を自由に調整しやすくなります。)

2-3. 画力を身に付ける
絵が下手であれば、観客に対して意味が伝わりづらくなります。また、興味を持たれない可能性があります。
日頃から絵を練習し、表現力や迫力を出せるようにしておきましょう。

3-1. 紙に触る前は手を洗っておく
手を洗わずに紙に触ると、汗・脂(あぶら)・垢(あか)などの影響で、汚れたり黄ばむ原因になります。
紙に触る前は、手を洗ってハンカチやタオルなどでふいておき、綺麗な状態にしておきましょう。

3-2. 紙にインデックスを付ける
何枚も紙を重ねていると、ネタを披露している最中に正しい順序でめくっているのか分からなくなる可能性があります。
紙の端にインデックス(タブ)を付けておく(+裏側に通し番号などを書いておく)と、めくり間違える可能性を減らせます。

3-3. 紙は保護ケースに入れて運ぶ
ネタを書いた紙を持ち運ぶ際にカバンの中に直接入れていると、折れ・破れ・濡れ・汚れなど損傷する恐れがあります。
ネタを書いた紙を持ち運ぶ際は、サイズが入る保護ケースに入れておきましょう。

3-4. 紙は正しく保管する
紙を光の当たるところに置いておくと、日焼けする(変色する)原因になります。また、湿気のある場所に置いておくと、ふやけて傷んでしまいます。
紙は光の当たらない場所や湿度が高くない場所に保管しておきましょう。

4-1. フリップと観客との位置関係
観客の目線や距離によっては、フリップが見えづらくなります。
観客とフリップとの位置関係を調整しておきましょう。
  • 観客の目線(舞台上で行われているネタを見る or 観客と同じ床で行われているネタを見る)
  • 観客の見方(床に立って見る or 席に座って見る)
  • 観客の位置(前列 or 中列 or 後列)

4-2. フリップと照明との位置関係
照明の光がフリップに反射すると、芸人自身や観客からフリップが見えづらくなる可能性があります。
照明の光とフリップとの位置関係を調整しておきましょう。
  • フリップを掲げる位置
  • フリップの角度
  • 照明の距離・向き・明るさ・色

5. 著作権・肖像権を守る
インターネット上や雑誌などに掲載されている画像や文などを無断で使用すると、著作権や肖像権など法律上の問題でトラブルになる恐れがあります。
トラブルを避けたり、ネタを商品化して収入を得たいのであれば、一から自分で作ったり、使用の許可が取れたものだけにしましょう。

フリップの役割


フリに使う
フリップにフリの役割になる絵・文字などを表示します。
フリップに書かれた絵を説明したり、文字を読み上げながらフリを作り出し、この後に芸人自身がボケて観客から笑いを誘います。
つまり、フリップがフリ担当のような役割を果たし(※説明・読み上げているため、芸人自身もフリ担当)、芸人自身はボケ担当になります。
※フリップは、テーマ(お題)が表示されているだけで面白さはありません。

ボケに使う
フリップにボケの役割になる絵・文字などを表示します。
フリップに書かれた絵(+説明する)・文字(+読み上げる)でボケを作り出し、それに対して芸人自身がツッコミを入れたり、続けてかぶせて(ボケて)観客から笑いを誘います。
つまり、フリップがボケ担当のような役割を果たし、芸人自身はツッコミ担当か、もしくは続けてボケるボケ担当になります。
※フリップの内容も芸人自身も面白さを作り出すため、漫才やWボケ(コンビで二人ともボケ担当)のようになります。

ネタの展開


フリとなるフリップ ≫ 芸人とフリップによるボケ
  1. ネタの説明をする
  2. フリとなるフリップを見せる
  3. フリとなるフリップの説明をする
  4. ボケを言いながら、ボケとなるフリップを見せる
  5. ボケの説明をする(※ツッコミを入れたり、ボケをかぶせる)
※ボケる時はフリップを使いながら、芸人自身も行います。

フリとなるフリップ ≫ 芸人によるボケ
  1. ネタの説明をする
  2. フリとなるフリップを見せる
  3. フリとなるフリップの説明をする
  4. ボケる
  5. ボケの説明をする(※ツッコミを入れたり、ボケをかぶせる)
※ボケる時はフリップを使わず、芸人自身だけで行います。

フリとなるセリフ ≫ (芸人+)フリップによるボケ
  1. ネタの説明をする
  2. フリとなるセリフを言う
  3. (ボケを言いながら、)ボケとなるフリップを見せる
  4. ボケの説明をする(※ツッコミを入れたり、ボケをかぶせる)
※フリを入れる時はフリップを使わず、芸人自身だけで行います。

(芸人+)フリップによるボケ
  1. ネタの説明をする
  2. (ボケを言いながら、)ボケとなるフリップを見せる
  3. ボケの説明をする(※ツッコミを入れたり、ボケをかぶせる)
※フリを入れず、ネタを行います。

※以上は基本となるネタの展開例のため、面白さや個性を出すためにアレンジしても構いません。
※「ボケ」を「フリのようなボケ(フリの役割になるボケ)」にした後、「ツッコミ」を「ボケのようなツッコミ(面白さのあるツッコミ)」にしても構いません。
※ボケとなるフリップを見せる前に、「それがこちら!」というような観客の注目を引くセリフを入れても構いません。
※「説明」「セリフ」に関しては、「動作を付ける」ようにしたり、「動作のみ」に変更しても構いません。
※「○○の説明をする」を省略しても構いません。ただし淡々とネタを進めることになり、メリハリがなく地味になります。
※ネタは中盤から終盤にかけて「説明」を省略できるように作り、立て続けにボケることで観客から連続的に笑いを取り、強烈な面白い印象を残すと良いでしょう。

あとがき


フリップ芸は、書かれている絵や文字が動かない上、声や音を出すこともありません。
そのため、ネタの内容が地味になったり、展開が単調になりやすいという欠点があります。

そこで、ネタの内容にどのような個性を出すのか?(また、芸人自身にどのようなキャラクターを付けるのか?さらに、どのようなパフォーマンスをするのか?)が面白さやヒット作を生み出す鍵になります。

ちなみに、絵を書くフリップ芸ができる人はイラストレーターや漫画家としても活動できます。

また、(特定のジャンルに特化した)一言ネタのような短文で面白さを作れる人も、インターネット上で活動できます。
場合によっては、出版社や企業などから仕事をもらえ(大きな収入につながり)、その話題性でテレビ番組のお仕事をもらえるかもしれません。
つまり、「観客の前で芸を披露する」と「作品を披露・販売する」という両方の活動を行い、結果どちらか一方でも人気が出れば、さらにもう一方の活動にも良い影響をもたらしてくれます。