ネタの最後に笑わせる「オチ」の付け方

ネタの最後の終わらせ方が良くなければ、それまでどれだけ面白かったネタでさえも評価が下がってしまいます。
だからこそ「オチ」は、しっかり作らなければなりません。
「オチ」とはネタのストーリーの最後に面白さを発生させて観客の笑いを誘いつつ、ネタを終えるボケの部分です。

はじめに


ご覧いただいているブログでは、「落ち(おち)」を「オチ」と表記しています。
一般的に「フリ」「ボケ」「ツッコミ」は、カタカナ表記を使うことが多いため、文字の表記をそろえたほうが見栄えが良いだろうということで、「落ち」を「オチ」と表記しています。

オチの作り方


価値の積み上げ
ネタの序盤は理解しやすいボケを行い、中盤から終盤にかけて意外性を強めていき、オチの部分でそれまでの流れの中で一番意外性を強めた極端なボケをします。
※あまりにも大げさなことを行うため、観客には面白さが伝わりにくいので、しっかりとオチのボケをひねる、もしくはオチのボケにツッコミを入れて笑いを誘いましょう。

価値の落差
ネタの序盤は伝わりやすいボケを行い、中盤から終盤にかけて意外性を強めていき、オチの部分でそれまでの流れの中でギャップが生まれるボケをします。
それまでの流れにギャップをつけていることが観客に伝わりにくいこともあるので、しっかりとオチのボケをひねる、もしくはオチのボケにツッコミを入れて笑いを誘いましょう。

価値の入れ替え
ネタの序盤から終盤にかけて一定の流れを作り、オチの部分でそれまでの流れの中の価値を入れ替えるボケをします。
対照性(上下関係・主従関係・優劣関係など)があるような二つの価値(やり取り)を作り、最後に例えば優のほうに悪い展開を起こすか劣のほうに良い展開を起こすなどの展開で、二つの価値をひっくり返したり(立場逆転・形勢逆転)、同列関係(対等)にさせましょう。

価値の一致
ネタの序盤から終盤にかけて一定の流れを二つ作り、オチの部分でそれまでの流れの二つの価値が一致するボケをします。
別々の価値(やり取り・人物など)を作り、最後で同一となる価値を作りましょう。

展開の繰り返し(天丼)
ネタのどこかで行った発言や行動、展開を再び行います。
まず、ネタの途中でボケて笑いを誘い、次にオチの部分で先ほど使用したボケとまったく同じボケをします。

展開のつながり(伏線)
なんらかの発言や行動、展開をあとあとの話につなげます。
まず、ボケで笑いを誘い(※面白みがなくとも、なんらかの発言や行動、展開でもOKです)、次にオチの部分で先ほどのボケ(or 発言や行動、展開)が原因で問題(面白み)を発生させるボケをします。

ボケる
以上までは「ネタの流れを利用したオチの作り方」をでしたが、特にネタの流れを意識せずにボケてオチを作る方法もあります。

オチの作り方 その他


※これより以降の「展開を起こし」という表現は、主にフリ(オチまでの展開)のことを指します。

勘違い
断定させるか先入観を持たせた展開を起こし、自分か誰かの指摘で勘違いに気づかせる。

恥ずかしい
勘違いに気づかせ、恥ずかしがらせる。

困惑
理解できない・解決できない・理不尽な展開などを起こし、誰かを困らせる。

自己嫌悪
悪い展開を起こし、自分を責めさせるか落ち込まさせる。

呆れる
アホらしい展開を起こし、誰かを呆れ(あきれ)させる。

間に受ける
おかしな展開を起こし、そのままおかしな展開を続けさせる。

悪化
問題になるような展開を起こし、さらに同じか別の問題を起こさせる。

落とし入れる
最後にそれまでの流れとはまったく違うおかしな状態・状況などになるようにする。

疑問解決
謎(疑問)を持つ展開を起こし、その疑問を解決させる。

納得
謎(疑問)を持つ展開を起こし、納得感が生まれる理由を明かす。

種明かし
おかしな展開を起こし、それに指摘するか指摘したことで結果的におかしなことだったことを明かす。

※以上のように、おかしな展開に対して自身や他者の反応(※観客が登場人物に対して何かしらの「状況・状態・条件」や「感情の変化」を読み取れる結末)があればオチとして成立します。ただしオチとしての分かりやすさが無ければ、あいまいな終わり方になります。
※オチの意味として「悪い意味」を起こすと「お笑い的な展開」になりますが、意味次第では別の展開(ジャンル)になります。例えば、「怖い意味」であればホラー、「恋ごころ」であればラブロマンスなど。

ネタの最後の作り方


言い方や態度に変化をつける
それまでの流れとは違う言葉の言い方や態度をすることで変化をつけ、雰囲気の違いを観客に対して気づかせます。
  • イントネーションを工夫する「布団が、吹っ飛んだ。」
  • 言葉を伸ばす「布団が吹っ飛んだ~~~!」
  • 大声で言う「布団が吹っ飛んだ」 ≫ 「布団が吹っ飛んだぁっ!!」
  • 声を荒げる「布団が吹っ飛ぶだろーがっ!」

起承転結をつける
ネタ全体を「起承転結」になるように作り、「転」の展開になったことを観客に対して気づかせます。
話の始まりである「起」、話を進展させる「承」、そしてそれまでの展開とは「明らかに違った雰囲気」を出すことで「転」を作り出します。
その「転」の展開のあとにボケることで、「結」であるオチになっていると観客に気づかせます。
ただしネタが「転」になったことに気づく「ストーリー展開を把握できる観客」にしか伝わりません。

話の本題に戻る
ネタの最初(「起承転結」の「起」)でテーマを投げかけておき、ネタの最後で最初のテーマを振り返ることで「結論」的な展開を作ります。
例えば、「(※「起」)みんなが憧れる職業になりたいと思いまして…」 ≫ 「(※「結」)結局、お前のやりたい仕事はなんだったんだよ?」というように、ネタの最初に投げかけたテーマを最後でまとめ上げます。

終了の前置きを入れる
最後のボケやネタの前に、「これで最後になります」など、次のボケやネタが最後だということ観客に対して伝えておきます。

終了の台詞を言う
ネタの最後に終わりを告げる台詞で観客に対して伝えます。
漫才では、「もうええわ」「やめさせてもらうわ」など、終わりの台詞があります(※必ずしも関西弁で言う必要はありません)。
その他、「ありがとうございました~」とお礼を言います。

特定の発言・行動をする
決め台詞・決めポーズ(アクション)などで、「ここで終わり」と観客に対して伝えます。
※決め台詞・決めポーズ(アクション)が観客や世間に定着すれば、「ギャグ」として扱われます。

舞台袖に戻る
舞台袖(そで)に戻ることで、舞台上から出演者がいなくなることで終わりを観客に対して伝えます(※舞台袖とは、観客から見えない場所)。
※再び出演者が舞台上に戻ってくるかもしれないと、観客に勘違いされるかもしれません。
※出演者が何かの後ろに隠れられる場所が必要です。

舞台上を暗くする
舞台を暗くしたことで、舞台上(出演者)が見えなくなることで終わりを観客に対して伝えます。
※また明るくなるかもしれないと、観客に勘違いされるかもしれません。
※照明設備や照明係が必要です。

音響を入れる
音響(ナレーションやBGM・効果音などスピーカーを通して伝える機器)で、拍子抜けするような台詞や音などで終わりを観客に対して伝えます。
※ピン芸やコントでは自分で楽器を鳴らして終わりを伝えることができます。
※音響設備や音響係が必要です。

※「舞台袖に戻る」「暗転させる」「音響を入れる」の項目を組み合わせることもできます。

ネタが終わったと見せかける


「ネタが終わった(オチをつけた)」と観客に思わせておき、さらにネタを続けて笑いを誘う方法があります。
例えば漫才の場合は、「どうもありがとうございました~(※頭を下げる)。…でね、こないだなんだけど…(※一方がまだ続けようとする様子に、もう一方の相方がたまらずツッコミを入れて終わらせる。もしくは唖然とする。)」(※その後、ネタを続けて何度もネタを終わらせようとするやり取りを繰り返して笑いを誘う)というようなやり方ができます。
漫才は、「ネタの最後に終わりを告げる台詞を言う = 終わり」という先入観が観客の頭の中にあるので、それを裏切る形で笑いを誘う方法です。
(※滅多に見かけない方法なので、同時期に他の芸人さんがしていたらパクリと言われて批判される恐れがあります。)

コントの場合は、舞台袖に戻ったり舞台上を暗くするなどをしてネタが終わったと観客に思わせておいてから、舞台に戻ってきたり舞台上を明るくしてオチをつけることができます。
また、舞台袖に戻ったり舞台上を暗くするなどをしてネタが終わったと観客に思わせておいてから、ナレーションやBGM・効果音など音響を使ってオチをつけることができます。

「ネタが終わったと見せかける」方法の注意点としては、ネタが終わったと思った観客が拍手をしたり帰る用意を始めたりして、続けようとするネタと重なる恐れがあります。