ネタの最初に笑わせる「つかみ」の作り方

観客は、ネタが始まってすぐはお笑い芸人が何をするのか分からないため、緊張から笑いが起こりづらい状態になっています。
それを解消する方法が「つかみ」です。

つかみの効果


つかみのやり方は、ネタ全体を「起承転結」に分けたとしたら、「起」の部分内に「ひねりの効いたボケ」をします。
ネタの冒頭で笑いを取ることで、観客の緊張をときほぐす効果があります。
笑わせたことでネタや芸人に対して安心感を持ってもらえ、その後のネタの展開にも興味を持ってもらえます。

観客は様々な理由で緊張しています。
  • 見慣れない芸人
  • 複数のネタを見せる場合の一本目
  • ネタを披露する順番がトップバッターの芸人
  • ネタを披露する順番がスベった芸人の次
  • 慣れていない会場
  • 段取りが分からないイベント
  • 競技的なお笑いの大会
観客の緊張感が高いままだと笑いが起きづらいので、最初のつかみが肝心です。
なお、テレビのバラエティ番組においては、観客に段取りを説明したり緊張をほぐしたりするために「前説」というのを入れ笑いを誘いやすくしています。

つかみの種類を大雑把に分けると2種類に分けられます。
一つ目は、ネタの冒頭でひねりの利いたボケをします。
二つ目は、ネタの冒頭で毎回決まったボケとなるギャグをします。

特定のつかみのギャグを使って笑わせた観客であれば、そのつかみに対して面白い印象(好意)を持ちます。
後日、ネタの中で同じつかみを使うと、そのつかみを知っている観客であれば高確率で笑いを誘えるようになります。

つかみのギャグは主に漫才で行います。
コントやピン芸などでもつかみのギャグを取り入れることはできますが、漫才とは違いネタの冒頭部分がテーマによって違うため、決まったつかみを入れるのが難しくなります。
また、コントネタで(謎めいたストーリーを展開するなど、)冒頭部分の笑いを控えたネタを行うときにはつかみを入れないほうが良い場合もあります。

一部例外を除き、つかみはネタの冒頭部分で笑いを誘うことで、その後のネタに大きな影響を与えることになります。

漫才でつかみを行うタイミング


「舞台に登場後の挨拶のとき」もしくは「(※コント漫才の場合)コントに入る前 or (※しゃべくり漫才の場合)話が本題に入る前」までの間に行います。
※「コント漫才」とは、漫才中にコント(劇)を行うことです。
観客の見ている前で、別の世界(※何かしらのテーマに沿った演劇)を演じます。
※「しゃべくり漫才」とは、漫才をおしゃべり(トーク)だけで行うことです。
観客の見ている前で、コンビで会話だけで漫才を行います。

漫才師が行うつかみの例


麒麟
舞台に登場したあとに行う「挨拶中」に、ボケ担当の川島さんがマイクを手で覆いながら口を近づけ低音で「麒麟です」と言う。
独特な低音ボイスで挨拶をすることにより、観客に対して急に渋い声を聴かせることで笑いを誘っています。

サンドウィッチマン
舞台に登場したあとに行う「挨拶直後」に、ボケ担当の富沢さんが「名前だけでも覚えて帰ってください」と言う。
その後の漫才(内容)よりも名前のほうが大事、と受け取られかねない本末転倒な発言で笑いを誘っています。

ナイツ
舞台に登場したあと「ネタのテーマ(話のお題)を振るとき」に、ボケ担当の塙さんが「ヤホーで調べました」と言う。
インターネット検索サイト「Yahoo!(ヤフー)」を「ヤホー」とベタな読み間違えをすることにより笑いを誘っています。

つかみの種類


ボケをする
ひねりが効いたボケをする。
理解しやすく、うまくひねった内容にする。

自己紹介
コンビ名を入れたノリの良いセリフを言う。必要であれば決めポーズ(アクション)も入れる。
※面白みのある事を言うわけではないので、笑いになりにくい。

決め台詞・決めポーズ
ノリの良いセリフを言う。必要であれば決めポーズ(アクション)も入れる。もしくは観客に向かって決まった「掛け声」をする。
※面白みのある事を言うわけではないので、笑いになりにくい。
※「自己紹介」「決め台詞&決めポーズ」は面白みがなくても芸人として人気が出れば笑いが取れる。
※「自己紹介」「決め台詞&決めポーズ」は面白みを加えれば笑いが取れる。

見た目をイジる
相方もしくは自分の見た目(顔・髪型・体型・服装など)をイジる。
コンプレックス(※人物に関する負のイメージ)をイジることが多い。コンプレックスを悪く言う、もしくはコンプレックスの真逆になるようなことを言う。
見た目にツッコミを入れる形なので観客に伝わりやすい。

言葉遣いをイジる
相方もしくは自分の言葉遣い(滑舌の悪さ・方言など)をイジる。
観客が芸人の言葉遣いがおかしい、と思っているところを代弁する(ツッコミを入れる)形で笑いを誘う。

観客をイジる
観客に対して挨拶をした時の反応、もしくは舞台へ登場時の観客の反応をイジる。
観客がイマイチ乗っていなかったり、逆にテンションが高すぎるときにおかしいとツッコミを入れて笑いを誘う。
※観客をイジって笑いを誘う手法はダメだと言う人もいます。
※以上までの項目で、つかみとして行っている決まった発言や行動が世間に定着すれば、「ギャグ」という位置付けになります。

お笑い芸人に学ぶ いじり・いじられ術 いじり上手は信頼される、いじられ上手は出世する
田中 イデア
リットーミュージック
売り上げランキング: 111,730

関西漫才の傾向


関西の漫才では相方の「コンプレックス」をイジってつかみにしているコンビが多く見られます。
特に見た目(顔、髪、体型など)を対象にイジっています。
言葉だけで笑いを誘うのとは違い、見た目をイジることで観客からも「見てわかりやすい」というところから使われることが多いのだと思われます。
ただし関西圏に根付いた笑いの誘い方かもしれないので、他府県で同様の行為を行った場合、コンプレックスを悪く言うことで観客の雰囲気が悪くなる恐れがあります。
また、ネタを行う会場によっては遠くにいる観客からは見えない恐れがあり、伝わらない可能性もあります。

スベりにくいつかみを作る方法


ネタの冒頭でウケない(大スベり)だと観客の緊張感が一気に高まり、「今後もスベるのではないか?」と思われその後のネタの展開に対しても(笑いが起こりづらい)影響が出ます。
原因としては、強めの言い方やセリフでボケると「ここで笑いを取りにいってますよ!」と観客に対して示しているようなものなので、もしウケなかったときは「笑いの取りどころで失敗する面白くない芸人」という強烈な印象がネタの冒頭から発生することで起こります
また、芸人のテンションが高いのも同様で、舞台上は盛り上がっているけど観客席はウケずに冷静に観ている温度差から、スベったときのような雰囲気になります。

そこで、冒頭部分のつかみでは「さりげなくボケる」ことで、スベりくい流れを作ることができます。
「本気でボケたのではなく、あくまで挨拶がわりの小ボケですよ」と、「ボケ」とも「ただの会話の流れ」ともどっちもつかず(どちらの意味でも受け取れる)なやり取りをすることで、スベるリスクを最大限に抑え込むことができます。

つかみにレベルの高いひねりは必要?


上述の「スベりにくいつかみを作る方法」を踏まえて。
ネタの冒頭で「ひねりの弱いボケ」をしていたとしても、ネタの全体が面白かったら観客はネタや芸人に対して「強い好意」を持ちます。
次回のネタ以降は、お決まりのボケ(※結果的にはギャグ)をしただけでも観客は「そうそう、これこれ!」といった安心感が生まれるので、必ずしもレベルの高いボケを必要とするわけではありません。
仲の良い友達と再会したときに自然に笑みがこぼれる状況と同じで、好意の高まりが笑いを引き起こします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク