ネタの最初に笑わせる「つかみ」の作り方

観客は、ネタが始まってすぐはお笑い芸人が何をするのか分からないため、緊張から笑いが起こりづらい状態になっています。
それを解消する方法が「つかみ」です。

「つかみ」とは?


ネタを見に来た観客は、芸人がネタを始めるまでは「何をするのか分からない」「失敗するかもしれない」などと思っています。そのため、観客が不安な思いから緊張していて笑いが起こりづらい状況になっています。
観客の緊張感を振り払うためにも、まず最初に笑わせることが重要な課題になってきます。
もちろん、芸人自身も緊張しているので、観客を笑わせることで緊張を振り払い、勢いづきたいところです。

そこでネタの最初に「つかみ」を入れます。
つかみとは、ネタの展開を「起承転結」に分けたとしたら、「起」の部分内で観客を笑わせることを指します。
ネタの最初に笑わせることによって観客の緊張感を減らしつつ、ネタや芸人に対して安心感や興味を持ってもらえる効果があります。
(※笑わないとしても、「面白い」と感じれば緊張感が解きほぐれる)

「ネタの最初に笑いを誘う」となれば、ネタごとに毎回新しいボケもしくはツッコミを考える必要性を感じるかもしれませんが、必ずしもそうではありません。
「ネタの最初に毎回決まったギャグをする」という方法があります。
特定のつかみ(ギャグ)を使って笑わせた観客であれば、そのつかみに対して面白い印象(好意)を持ちます。
後日、ネタの中で同じつかみを使えば、そのつかみに対して面白い印象を持っている観客であれば高確率で笑いを取れるようになります。
(※笑わないとしても、「ギャグを見れたうれしさ」を感じれば緊張感が解きほぐれる)

つかみは主に漫才や漫談など(※芸人が観客に対しておしゃべりを聞かせるネタ)で行います。
コントやピン芸などでもつかみはできますが、漫才とは違ってネタによって最初の展開が違うため、(特にコントでは)「特定のつかみ(ギャグ)」をするのが難しくなります。
また、コントをするときに(ごく普通の生活風景で始めたり、謎めいたストーリーを展開するなど、)世界観を重視する展開では、つかみを入れずネタの最初だけ笑いを誘わないほうが良い場合もあります。

漫才でつかみを行うタイミング


  • 舞台に登場後の挨拶中
  • (※「しゃべくり漫才」の場合)話が本題に入る前まで
  • (※「コント漫才」の場合)コントに入る前まで
※「しゃべくり漫才」とは、漫才をトーク(おしゃべり)だけで行うことです。観客の見ている前で、コンビで会話をしながら漫才を行います。
※「コント漫才」とは、漫才中にコント(劇)を行うことです。観客の見ている前で、別の世界(※何かしらのテーマを持った劇)を演じます。

麒麟
舞台に登場後の挨拶中に、ボケ担当の川島さんが口をマイクに近づけて低音の渋い声で「麒麟(きりん)です」と言う。
低い独特な声で挨拶をすることにより、観客に対して急に渋い声を聴かせることで笑いを誘っています。

サンドウィッチマン
舞台に登場後の挨拶直後に、ボケ担当の富沢さんが「名前だけでも覚えて帰ってください」と言う。
漫才の内容よりも名前のほうが大事、と観客に受け取られかねない漫才師としては本末転倒な発言で笑いを誘っています。

ナイツ
舞台に登場後のネタのテーマ(話のお題)を切り出すときに、ボケ担当の塙(はなわ)さんが「ヤホーで調べました」と言う。
インターネット検索サイト「Yahoo(ヤフー)」を「ヤホー」と単純な読み間違えをすることにより笑いを誘っています。

つかみの種類


ボケる
ネタの展開に合ったボケをする。
理解しやすく、うまくひねった内容にする。

自己紹介をする
コンビ名を入れたノリの良い台詞を言う。必要であれば決めポーズ(アクション)も入れる。
芸人の明るさ(元気)や語感(言葉のリズム感)で笑いを誘う。

決め台詞を言う・決めポーズをする
ノリの良い台詞を言う。必要であれば決めポーズ(アクション)も入れる。もしくは観客に向かって決まった掛け声をする。
芸人の明るさ(元気)や語感(言葉のリズム感)で笑いを誘う。

特定の面白い台詞を言う
(※上記の「決め台詞を言う・決めポーズをする」と意味が重なる場合あり。)
「ギャグ」を言う。もしくは「特定の言い回し」を使う。
ギャグは、必ず決まった台詞を言う。例えば、「こんにちわんだふる!」のような感じ。
特定の言い回しは、その時々に合わせて台詞を調節する。
例えば、「今日のお客さんは若い人が多いですが、老若なんにょん…老若にゃん…よろしくお願いします!」「今日のお客さんは年配の方が多いですが、老若なんにょん…老若にゃん…よろしくお願いします!」のように、部分的に入れ替えるフレーズと必ず同じフレーズをセットにした感じです。

本人・相方をネタにする
自分もしくは相方の見た目(顔・髪型・体型・服装など)や言葉遣い(滑舌の悪さ・方言など)をイジる(面白おかしく言う)。
観客が芸人に対しておかしいと思っているところを代弁する(ツッコミを入れる)形で笑いを誘う。

環境をイジる
観客に対して挨拶をした時の反応、もしくは自分たち(芸人)が舞台へ登場時の観客の反応をイジる。
観客のテンションが低すぎたり、逆にテンションが高すぎるときにおかしいとツッコミを入れて笑いを誘う。
(※観客をイジって笑いを誘う方法はダメだと言う人もいます。)
または、会場の中や外、楽屋、会場の周辺地域などをイジる。
環境の「あるあるネタ」や、意外な情報で笑いを誘う。

直前の情報
直前にネタをしていた芸人さんやそのネタをイジる。
(※これはやってはダメな場合あり。)
または、話題になっている時事ニュースをイジる。

※以上までの項目で、つかみとして行っている決まった発言や行動が世間に定着すれば、「ギャグ」という扱いになります。

つかみへの相方の反応


ボケるのみ
つかみのボケ(ギャグ)をするだけ。もう一方(相方)はそれに対して反応しない。
※この「ボケるのみ」は「言いっ放し」にするだけです。ネタの最初にさらっとボケる感じです。もしくは元気で押し切る感じです。

ツッコミを入れる
一方がつかみのボケをしたあと、もう一方(相方)がそれに対してツッコミを入れる。

共同でする
一方がつかみのボケをするときに、もう一方は一緒に行う。

(※肌が色白)松嶋尚美「白です!」
(※肌が色黒)中島知子『黒です!』
松嶋・中島「『オセロです!』」

※それぞれが外見の特徴(肌の色)を言い、最後にコンビ名(※白色のコマと黒色のコマで対戦する遊びの「オセロ」)で納得感を作り出す。

かぶせる
一方がつかみのボケをしたあと、もう一方(相方)がそれに追い打ちをかけるボケをする(二人ともボケるWボケ)。
※つかみの時だけWボケにする。つかみ以降は、それぞれのボケやツッコミの役割に戻る。

「自己紹介しま~す!トレンディエンジェルのたかしで~す!道端アンジェリカちゃんと同い年の30歳で~す!」『トレンディエンジェルの斎藤で~す!道端の(※薄い頭髪を指さし)草で~す!』

「自己紹介しま~す!トレンディエンジェルのたかしで~す!WaT・小池徹平君と同い年の29歳で~す!」『トレンディエンジェルの斎藤で~す!WaT・小池徹っペッペッペェーッ!(※動作を付けたギャグ)』

※一方が同じ年齢なのにもかかわらず外見に格差を感じる有名人の名前を挙げる自虐的な(※視覚的な)ボケをし、もう一方がそのボケを応用しつつ自分のキャラを活かした(※視覚的な)ボケをする。

舞台に登場した瞬間に笑いが起こる?


出オチ
舞台に登場した瞬間に、芸人が意外な状態(格好)をしていると、観客から笑いが起こります。

人気芸人
テレビで見かける人気芸人ともなると、舞台に登場した瞬間に有名人に合えたうれしさから感情が湧き起こり、笑顔(+笑い)になります。

好きな芸人
好きな芸人が舞台に登場すると、好意(うれしさ)から感情が湧き起こり、笑顔(+笑い)になります。

意外な人物
思ってもみない人物が舞台に登場すると、驚きから感情が沸き起こり、笑顔(+笑い or 歓声)になります。

レベルの高いひねりは必要?


ネタの最初で「ひねりの弱いボケ」をしていたとしても、ネタを見終わって全体が面白ければ、観客はネタや芸人に対して「好意」を持ちます。
もしそのひねりの弱いボケでも何度も目にすることになればギャグとなり、ネタや芸人に対しての好意の延長からギャグも好かれます。
次回以降ネタを見るときは、ギャグ(※実態はひねりの弱いボケ)をしたとしても、好意の高まりから笑うようになるので、必ずしもレベルの高いボケを必要とするわけではありません。


仲の良い友達と再会したときに自然に笑みがこぼれる状況と同じで、好意の高まりが緊張をときほぐし笑いを引き起こします。
ネタが面白かった!芸人さんのことが好き!など、つかみで笑いを取るには観客から好かれる面白いネタを作り、好かれる芸人になることも重要となります。

スポンサーリンク