登場した瞬間に笑わせる「出オチ」の作り方

舞台に登場してすぐに観客から笑いが取れたらいいのになって思いませんか?
そんなときに使えるのが「出オチ」です。
「出オチ」とは舞台に登場した瞬間に見た目の意外性から笑いを誘う方法です。

出オチの作り方


見た目(メイク・ファッション・道具・体の状態など)を「そんな格好で登場するとは思わなかった!」と観客に思わさせる明らかにおかしな格好で舞台に登場します。
登場時の意外な恰好を見た観客から笑いが起こります。

ネタが始まるまでに、観客は何かしらの先入観を持っています。
  • 芸人(普段のイメージ)
  • セット(設置してあるセットから設定を想像)
  • 恰好(相方の恰好から設定を想像)
  • セリフ(相方のセリフから設定を想像)
  • ナレーション・BGM(音響から設定を想像)
  • 企画(イベントの趣旨)

それらの舞台に登場するまでの先入観を裏切る格好で登場すると出オチになります。

つまり、「舞台に登場するまでの先入観 = 登場時の格好」では笑いは起こりません。トレーニングジムのセットが舞台にあったときに、筋肉がムキムキの人が登場しても「当然」となります。
そこで「舞台に登場するまでの先入観 ≠ 登場時の格好」にする必要があります。小学校のセットが舞台にあったときに筋肉がムキムキの生徒が登場したら「違和感」が発生します。
よって、出オチを作る前提として、登場するまでの場の先入観は何か?を把握しておく必要があります。

出オチ以外の理由で笑いが起こる理由


恰好
「『舞台に登場するまでの先入観 = 登場時の格好』では笑いは起こりません。」と書きましたが、実際は笑いが起こる場合があります。
設定に合った恰好で登場したとしても、メイクや衣装が面白く見えてしまうことがあります。

好意
人気のある芸人にもなると、登場時にファンが興奮して歓喜の声を出す場合があります。
仲良くしている友達とバッタリ出会ったときにうれしくて興奮するときと同じで、好意の高まりが笑いを引き起こします。

前説
ネタを行う前にスタッフなどが「前説」として観客にアレコレ仕込んでいると、登場時に観客の反応が大きく出る場合があります。
例えば、登場時にどういう反応を観客がすればよいのか、といった練習をしているケースがあります。

面白くするためのコツ


  • 出オチをした人に相方がツッコミやコメントをすると笑いを誘えます。
  • ピン(一人)のコントの場合は、その恰好に対して自虐的なコメントをすると笑いを誘えます。
  • おかしな格好をしているのにもかかわらず、あえて格好には触れない(気付いていない)というのもアリです。
  • ストーリーが進展してから、おかしな格好をしていた理由を明かすことで「伏線」として使うと効果的です。
  • 後から登場する相方もまったく同じおかしな格好で登場することでも笑いを誘えます。

注意点


  • 観客がすぐに見た目に慣れてしまうので、面白さが長続きしません。
  • 見た目の面白さに頼って笑いを誘うことに否定的な人がいます。
  • 漫才をするときに面白い見た目にすると、見ている人からコントをしていると思われます。
    『M-1グランプリ』の予選にペナルティのワッキーさんが亀の甲羅を背負って登場し、審査員から「コントかっ!」と言われたらしいです。
    ただしM-1グランプリ以外の場で、髭男爵さんのようなキャラ漫才をするぶんには良いと思います。

出オチのパターン



あるある
その状態を見たことある!と思わせるような見た目にする。
日常生活を送る上で行うことがある個性的な恰好をする。
例: シャンプーハットをかぶって登場

パロディー
それって○○でしょ!と思わせるような誰かに似た見た目にする。
有名なキャラクターやキャラクター以外の何かの格好をする。
例: 顔にデーモン小暮のメイクをして登場

おおげさ
それはおかしすぎるわ!と思わせるような常識の範囲を超えた見た目にする。
常識的な許容範囲を超える何かを用意する。
例: ご飯を1メートルぐらい入れた茶碗を持って登場

ないない
それは絶対無いでしょ!と思わせるような常識的には絶対に起こりえない見た目にする。
常識的には絶対にできない何か用意する。(※作り物を必要とする。)
例: バーベル(※作り物)を2本かかえて登場

混乱
それは紛らわしいだろ!と思わせるような似た格好で登場する。
例: 結婚式で新郎がいるのに、もう一人白いタキシード姿で登場

※コンビの場合、一人が舞台上で服装やセリフなどで「設定」を作り、もう一方が設定に関わる紛らわしい格好で舞台に入って来るようにします。
※セット(小道具など)や、ナレーション(音響)で設定を作っておくこともできます。

ミスマッチ
それは違うだろ!と思わせるような格好で登場する。
例: 結婚式なのに水着姿で登場

※コンビの場合、一人が舞台上で服装やセリフなどで「設定」を作り、もう一方が設定を裏切る格好で舞台に入って来るようにします。
※セット(小道具など)や、ナレーション(音響)で設定を作っておくこともできます。
※設定に対して芸人自身のルックスを合わせないことでもできます。例えば、「相撲部屋」というコントを始めているのにもかかわらず、骨が浮き出ている細身の芸人が登場すれば、意外性が出るので笑いを誘うことができます。

スポンサーリンク