ピン芸ネタの作り方

一人でネタを行うピン芸。
ピン芸をするといっても漫才やコントとは違い種類がたくさんあるのでなにをして良いのか迷ってしまうと思います。
そこでピン芸をタイプ別に長所・短所、作り方や実際に行っている芸人さんを例を挙げながら紹介します。

1-1. 一言ネタ


台詞を短めに言うネタ

説明
(フリとなる)台詞(※ブリッジ※ギャグ)を言った後に、ネタ(ボケ)を言います。もしくはネタ(ボケ)を言った後に、(ツッコミとなる)台詞を言います。
※動作を付けてもOK。
※「台詞(※ブリッジ※ギャグ)」としていますが、ネタを作った時点ではギャグではなく、結果的にネタや芸人の人気が出れば世間からギャグとして扱われる台詞です。もちろん始めからギャグとして作っても構いません。

長所
ネタの展開がパターン化するので作り方が簡単なうえ、どこでボケているのかハッキリと分かりやすいので面白さが伝わりやすいです。
また、ネタがヒットすれば、本になって販売されやすいです。

短所
単純で簡単なやり方なので批判やダメ出しをされる可能性があります。

芸人の例
  • だいたひかる(「どうでもいいですよ」「私だけ?」)
  • ヒロシ(「ヒロシです…」)

作り方
  1. 台詞(+動作)を考える。
  2. 観客に対して「確かにそうだね!」「確かにあるある!」と思わせられるネタを考える。
  3. 1と2を交互に繰り返す展開にする。
※1と2は、どちらを先にしてもOK。
※台詞(+動作)は無くても構いませんが、無ければネタを言っていくだけになるので非常に地味になります。
※だいたひかるさんの場合、「ど~でもいいですよ」「私だけ?」というように、一つのネタで複数のブリッジを使い分けています。また、ネタの途中からやり方を変える方法もあります。

ブリッジの入れ方
  • 自分(台詞や動作)
  • 小道具(小道具で音を鳴らす)
  • 音響(音響機器・設備を使い、音声や曲・音などを流す)
  • 混合(上記の項目のいずれかを組み合わせる)

ネタの内容
  • 毒舌(世間・有名人・一般人・観客に対しての皮肉)
  • 被害, 自虐, 自損(自分が体験した悪い話, 自らの欠点を告白する話, 自ら起こしたトラブルの話)
  • あるあるネタ(日常で起こる個性的な出来事・考え)

ネタのコツ
短い台詞を言っていくだけなのでネタが非常に地味になりやすいです。
人称(自分や他人の呼び方)、言葉の語感(文字数、区切り位置・間、発音の仕方)、言葉遣い(方言など標準語以外の言い方)などに特徴を付けましょう。
また、世間・他人・観客・自分に起こった問題に対して切り返す台詞(※打ち消す表現)をブリッジとして使うことで、観客や世間の人から日常や余興で真似されやすいようにして、人気を得るようにしましょう。

1-2. 漫談


台詞を長めに言うネタ

説明
観客に向かってストーリーか話を語りながら、ボケたりツッコミを入れます。
※動作を付けてもOK。

長所
話の構成が「すべらない話(オチのある話)」と似ているので、人前でエピソードを話す話術力が身に付きます。

短所
ボケ(オチ)やツッコミを行うまではストーリーや話を語るだけなので、ダラダラした展開になりがちです。

芸人の例
  • 濱田祐太郎(視覚障害者エピソード)
  • あべこうじ
  • にしおかすみこ
  • 長井秀和(有名人・一般人への皮肉)

作り方
  1. 体験談や話のテーマなど実話やお題を用意するか、もしくは面白い展開やオチのある創作のストーリー(※あるあるネタでもOK)を考える。
  2. 話し(演じ)ながら、おかしなところにツッコミを入れる台詞(+動作)を加える。
※一人でストーリーや話を語って(演じて)、そこに自身でツッコミを入れる「一人漫才」のような感じです。

ツッコミの入れ方
  • 通常(おかしいことを話したり演じ、そこにツッコミを入れる。)
  • 気づかせ(話したり演じ、その後その話や行動の中に隠されていたおかしなことを観客に気づかせるツッコミを入れる。)
  • 言い当て(話したり演じたりした内容に対して観客がこう思っているだろうという時に、観客に対してツッコミを入れる。)

ネタのコツ
台詞を言っていくだけなのでネタが非常に地味になりやすいのです。
人称、言葉の語感、言葉遣いなどに特徴を付けましょう。
また、世間・他人・観客・自分に起こった問題に対して切り捨てる台詞(※厳しい表現)を使うことで、言ってはいけないとされることをあえて言う解放感を作り出して人気を得るようにしましょう。

2-1. 客いじり


舞台上から観客とやり取りするネタ

説明
観客(場合によっては共演者)を交えたネタをします。

長所
観客が何を言い出すのか(やりだすのか)分からないので、観客のハプニング的な反応(返答)や、芸人が即興で応えられた(即答できた)凄さに対して盛り上がります。

短所
観客のアドリブに対応するのが難しいです。

芸人の例
  • 桜塚やっくん(観客にボケさせ、そこにツッコミを入れる)
  • ハロー植田(観客からお題をもらって、B'zの歌で返答する)

作り方
観客に対してフリを入れてボケさせ、それに対して芸人がツッコミを入れます。もしくは観客にフリを入れてもらって、それを使って芸人がボケます。
※観客に変なことを言わせたりるようなフリを入れると、危なっかしい返答から笑いを誘えます(※不適切な発言をさせようとすると、問題になる恐れがあるので注意してください)。

観客にしてもらうこと
  • フリ(お題をもらう※普通のテーマ・おかしなテーマを投げかけてもらう)
  • ボケ(ボケてもらう※おかしなことを言わせたり、してもらう)
  • ボケ的なツッコミ(ツッコミを入れてもらう※ほめる・毒づくなどをしてもらう)

ネタのコツ
観客が何を言ってくるのか分からないので、自分のネタに対して観客はこういう反応をするだろうという様々なパターンに合わせた反応(台詞など)を事前にたくさん用意しておきましょう。

2-2. コント


舞台上に架空の人物・架空の世界を作るネタ

説明
キャラやストーリーを演じながら、(フリを入れる)ボケる、(ツッコミを入れます)。
観客側に誰かがいるという設定で劇を演じる。もしくは周囲(※観客側ではない方向)に誰かがいる、連絡手段(携帯電話など)で話す、独り言(自問自答)などで劇を演じます。

長所
特定のキャラを作ってネタをしている場合、舞台上でネタをしているとき以外に芸人として活動しているときでも、キャラを使って笑いを誘えます。

短所
キャラになりきったり、動きのあるコントをしない限り、地味になります。

芸人の例
  • 平野ノラ(バブルOL)
  • 横澤夏子(ウザい女)
  • 友近(一般人いるいる)
  • 狩野英孝(ホストキャラ)
  • あばれる君

バカリズムライブ 「宇宙時代」 特大号
(2013-11-26)
売り上げランキング: 25,708

作り方
(特定のキャラに合わせた)ストーリーにフリ・ボケ・ツッコミ・ギャグなどを取り入れます。

コントのやり方
  • 台詞をメイン(※特定の言い回しでもOK)
  • 演技をメイン(※特定の個性的なキャラでもOK)
  • 小道具をメイン※「モノボケ」にならないように
  • 音響(音声や曲・効果音など)と掛け合う・合わせる
  • 照明(暗転)を使って複数のキャラ・シチュエーションを見せる

ヒトミシリ want you!
ヒトミシリ want you!
posted with amazlet at 19.03.27
(2016-09-12)
売り上げランキング: 47,965

キャラの付け方
  • みじめ(被害を語ったり演じる, 自虐的なことを言う, 自損的なことを語ったり演じる)
  • ウザい(加害行為を語ったり演じる, 皮肉を言う, 自分勝手なことを語ったり演じる)
  • 一般人いるいる(確かにそういう人いるなと思わせる人物を演じる)
  • 職業人ものまね(何かの職業を真似る)
  • 有名人ものまね(有名人を真似る)

ネタのコツ
芸人として声質・言葉遣い・外見などが素朴な場合は、ネタが非常に地味になりやすいです。
特定のキャラを作ったうえで(世間・他人・自分に起こった問題に対して)ギャグを使うことで、観客や世間の人から日常や余興で真似されやすいようにして、人気を得るようにしましょう。
一方、結果的にはテレビのバラエティ番組に(レギュラー)出演できるほどのタレント性がある個性の持ち主の場合は、「いるいるネタ(確かにそういう人いるよね!と思わせられるネタ)」でも構わないでしょう。

3-1. 歌ネタ


リズムに乗って歌を歌うネタ(※コミックソング)

説明
面白い歌詞を付けた歌を歌います。
※動作を付けてもOK。

長所
ネタがヒットすれば、CDやダウンロードコンテンツなどになって販売されやすいです。

短所
歌唱力や作曲センス(+楽器を演奏する技術)などが必要です。

芸人の例
  • はなわ(佐賀県のダメなところ)
  • AMEMIYA(悲しいエピソード)
  • ムーディ勝山(正体不明の何か)

作り方
面白い歌詞を考え、リズムに乗せて歌います。
楽器や楽器以外の音を流しながら歌うか、音響機器・設備から流れる曲・歌などに合わせるか、もしくはアカペラ(演奏など無し)で歌います。
  • 楽器など(伴奏・間奏・入場曲・退場曲・ブリッジなど)
  • アカペラ(声のみ)

歌詞の付け方
  • みじめ(被害・自虐・自損的な内容)
  • ウザい(加害行為・皮肉・身勝手な内容)
  • 一般人あるある(確かにそういう人いるなと思わせる内容)
  • カテゴリあるある(特定の何かに属している人物・団体の個性的な特徴を取り上げた内容)
  • 有名人あるある(有名人に関する個性的な特徴を取り上げた内容)
  • ラップ(韻を踏んだ内容)
  • 意味不明(意味不明な内容や擬音的な言葉)
  • 替え歌(既存の歌・曲に別の歌詞を付ける)

ネタのコツ
世間・他人・観客・自分に起こった問題に対して切り返す歌詞か、もしくは切り捨てる歌詞を使うことで、(言ってはいけないとされることをあえて言う解放感を作り出して)人気を得るようにしましょう。

3-2. ダンスネタ


リズムに乗ってダンスを踊るネタ

説明
面白く見える踊るネタをします。
※歌を付けてもOK。

長所
踊りが好きな人向け。

短所
  • 踊るので疲れます。
  • 音楽を流す場合は音響機器・設備が必要になります。
  • 著作権のある歌・曲を使う場合は、使用料が発生します。

芸人の例
  • 芋洗坂係長(有名な曲を替え歌で流しながらキレキレのダンス)
  • エド・はるみ(オリジナル曲を歌いながら踊る)

作り方
  • 音楽を流しながらボケ的な踊りをする。
  • 替え歌を流しながらボケ的な踊りをする。
  • 自分で歌いながらボケ的な踊りをする。
  • 道具を演奏しながらボケ的な踊りをする。

ダンスのやり方
  • うまい・速い(動きがキレキレ)
  • ダサい(動きが変)

ネタのコツ
芸人として外見などが素朴な場合は、ネタが非常に地味になりやすいです。
個性的な外見(体型など)や格好(髪型・メイク・ファッション)をしたり、繰り返す特徴的な動きを取り入れることで、観客や世間の人から日常や余興で真似されやすいようにして、人気を得るようにしましょう。

4-1. モノマネ


技術(他人を真似る)を使ったネタ

説明
人物や職業、人間以外の何かなどの真似をします。

長所
舞台上でネタをしているとき以外に芸人として活動しているときでも、モノマネを使って笑いを誘えます。

短所
声や顔を真似る場合、似ている人物を探す難しさがあります。

芸人の例
  • 人物: 博多華丸(※児玉清)・じゅんいちダビッドソン(※本田圭佑)
  • 職業: 柳原可奈子(※ショップ店員)・浅越ゴエ(※ニュースキャスター)
  • 動物: 森田まりこ(※ゴリラ)

やり方

ネタのコツ
棒立ちでモノマネをするだけではネタが非常に地味になりやすいので、モノマネをしつつ、一般的やあるあるなシチュエーションやギャップのあるシチュエーションに合わせて動きも付けて見た目でも楽しめるようにしましょう。

4-2. パフォーマンスネタ


技術(自分に身に付いている)を使ったネタ

説明
一風変わった特技をします。

短所
才能・練習、身体的特徴・栄養管理・トレーニングなどが必要です。

芸人の例
  • アキラ100%(※おぼんを扱う技術)
  • こまつ(※キーボードを演奏する技術)
  • なかやまきんに君(※筋肉で魅せる)

作り方
何かしらの特技(技術的、肉体的、発想的にスゴイ、もしくはおかしいと思わせる)ができるように練習します。

やり方
  • 体質(太りやすい, 筋肉質, 軟体), 髪(量, 質)など
  • 技術(器用に動かせる部位, リズム感)
  • 発想(正常な状態を異常に見えたり聞こえるようにする, 異常な状態を正常に見えたり聞こえるようにする)

ネタのコツ
現時点でできることか、もしくは新しく何かに訓練して、身に付けた凄い技術や肉体を一般的・日常的に使用しないこと(※「才能の無駄遣い」)に使いましょう。

5-1. 言葉遊び


規則性(言葉)を使ったネタ

説明
話している、もしくは歌っている最中などの言葉の中に規則性を持たせます。

長所
どこでもネタができます。
また、芸人のキャラクター性やパフォーマンス力に頼らず、ネタ(言葉)の構造自体に面白みがあるので、素人でも真似しやすく人気が出やすいです。

短所
発想力が必要です。

芸人の例
  • 世界のナベアツ(3の倍数と3が付く数字のときだけアホになります)

やり方
言葉の中に規則性を持たせ、それを観客に気づかせます。

ネタのコツ
言葉の流れの最初に規則を作り出し(もしくは規則を見つけ)、中盤以降でその規則が原因で(連続的に)問題が発生するようにしましょう。また、台詞を言っていくだけなのでネタが非常に地味になりやすいので、動きも付けて見た目でも楽しめるようにしましょう。

5-2. リアクションネタ


規則性(ポーズ・動作)を使ったネタ

説明
流れの最中、もしくは流れの最後に規則性を持たせます。

短所
発想力が必要です。

芸人の例
  • とにかく明るい安村(※体のポーズ)
  • ひょっこりはん(※顔のポーズ)

作り方
おかしく見える部位(体・顔など)を考え、ネタの展開を変えても必ず規則に合わせるようにします。

やり方
  • BGM・曲に合わせる
  • 映像に合わせる
  • 歌に合わせる
  • 台詞に合わせる
  • 動作に合わせる

ネタのコツ
制限時間があるということを観客に示すための合図や機器・設備を用意し、規則に合った行動が時間内に間に合うのか観客にハラハラさせるような流れにしましょう。

6-1. フリップ芸


物(文字や絵を書いたもの)を使ったネタ

説明
紙やスケッチブックなどを使って、それでボケたり、それにツッコミを入れます。もしくはフリに使って芸人自身がボケます。
文章・文字を書いたネタを行うか、もしくは絵を描いたネタを行います。

長所
文字や絵などを使ったボケができるので、芸人が演じられないシュールなネタ(現実離れした展開)を目で見える形にしたネタができます。
また、ネタがヒットすれば、本になって販売されやすいです。

短所
製作費が必要になります。
また、道具は舞台までの移動時に持ち運ぶ手間がかかるうえ、保管場所が必要になります。

芸人の例
  • 霜降り明星 粗品三浦マイルド・バカリズム(フリップを使用)

やり方

ネタのコツ
あるあるネタや納得感のある内容を作り出し、そこにツッコミを入れましょう。また、台詞を言っていくだけなのでネタが非常に地味・ありがちになりやすいので、人称、言葉の語感、言葉遣いなどで特徴を付けたり、フリップの形状・見せ方を工夫しましょう。

6-2. モノボケ


物(構造があるもの)を使ったネタ

説明
品物や創作物を使って、それでボケたり、それにツッコミを入れます。もしくはフリに使って芸人自身がボケます。
一つの物をメインに使ってネタを行うか、もしくは物を交換しながらネタを行います。

長所
物を使うことで他の芸人との違いをはっきりと目に見える形で出せるので、個性的なネタができます。

短所
購入費か製作費が必要になります。
また、大きな物や壊れやすい物の場合、舞台までの移動時に持ち運ぶ手間がかかるうえ、保管場所が必要になります。

芸人の例
  • ゴー☆ジャス(※地球儀を使用+芸人自身にキャラを付ける)
  • もう中学生(※段ボールで作った大きな紙芝居)
  • くまだまさし(※様々な小道具+芸人自身にキャラを付ける)

作り方
物を用意し、それに合わせた台詞・動作、芝居、操作、パフォーマンスなどを考えます。

物の使い方
  • 基本(おかしい物を見せてボケて、そこにツッコミを入れる。もしくはフリを入れてから、おかしな物を見せてボケる)
  • 変化(物をおかしな状態に変化させてボケて、そこにツッコミを入れる。もしくはフリを入れてから、物をおかしな状態に変化させてボケる)
  • 気づかせ(物を見せておき、その物に隠されたおかしなことを観客に気づかせるツッコミを入れる)
  • オチ付け(物を見せておき、流れの最後に物でオチをつける)

ネタのコツ
話(台詞)の中の情報と物に含まれている情報が一致する展開にしましょう。また、台詞を言っていくだけなのでネタが非常に地味になりやすいので、人称、言葉遣いなどで特徴を付けましょう。

以上、ピン芸ネタのタイプでした。

ちなみに、ピン芸人さんの中には、ここまで紹介した様々なピン芸ネタのやり方を複数混ぜたネタをしている方がいます。
ピン芸は自由度が高いので、ネタのやり方をアレコレ混ぜることができます。
さらに余談ですが、芸人さんの中には、コンビで活動しながら漫才やコントをしていない人がいますが、ピン芸ネタのやり方をしています。


ネタのタイプ


ストーリー型
ネタの中に物語がある。
例えば、漫談、コント、歌ネタ、モノマネなど、物語を語る・歌う・演じるなどしてネタを行います。
長所は、後半にかけて盛り上げることができます。
短所は、ボケ(オチ)に至るまで台詞を入れるため、ネタの構成次第ではゆるい展開になります。

お題型
ネタがお題(フリ)とボケを交互に行う構成になっているか、もしくはお題(ボケ)とツッコミを交互で行う構成になっているネタを行います。
例えば、一言ネタ、客いじり、フリップ芸、モノボケなど、ストーリー性はなく、フリとボケ、ボケとツッコミを交互に繰り返してネタを行います。
長所は、どこでボケているのか明確なため、一発ごとのボケ・ツッコミに威力があります。
短所は、ネタのやり方が特徴的なため、他人のネタと似やすいです。

自由型
ネタがボケ(+ツッコミ)だけで構成されている。
例えば、ダンスネタ、パフォーマンスネタ、言葉遊び、リアクションネタなど、「ストーリー型」のような物語があるわけでもなく、「お題型」のようなフリとボケ、ボケとツッコミを交互に繰り返すわけでもないネタを行います。
長所は、発想力やパフォーマンス力で見る者を圧倒できます。
短所は、アイデアが求められるため、ネタを考えるのが難しいです。

※以上ですが、ネタのやり方次第では上記のタイプとは違う項目に該当する場合があります。例えば、上記ではモノマネはコントを交えて行うことが多いので「ストーリー型」に振り分けていますが、お題(テーマ)を設けるごとにモノマネする場合は「お題型」に該当します。
※ネタのタイプを混ぜたり、ネタの途中で変更したりする方法もあります。

ネタの設定


設定なし
ネタをする時に、設定(キャラクター・シチュエーション)を付けずにネタを行います。
普通の話し方、一般的な格好、観客と同じ環境でネタを行います。

設定あり
ネタをする時に、設定(キャラクター・シチュエーション)を付けてネタを行います。
言葉遣い、話す内容、見た目(衣装・メイク・動き)など人物像に特徴を付けたり、舞台設定(例えば、「学校で授業をしている」という状況)を付けて行います。
  • 芸人としての個性の弱さを補うための単なるキャラ付け
  • ネタのテーマに合わせたキャラクターやシチュエーションを付ける
  • その状況下で、その人物像(キャラ)や芸(ネタ)をしているのはおかしいと観客に思わせるシチュエーションを付ける
※「コント」以外のすべてのネタにおいて、設定を付けられます(※コントは、ネタの始めから最後までキャラクターやシチュエーションを付けた状態で行います)。

「R-1ぐらんぷり」



コツ



ピン芸は一人でする芸のため、相方のツッコミがないので、意外性のあるボケだけでは面白さが作りづらいという問題を抱えています。
そこで、ボケだけで成立するネタを作るか、もしくは事前にボケとなることを用意しておいてから、そこにツッコミをするという方法になります。
(あとはキャラクターを付け、話し方自体に面白みを付けるとネタが地味になりにくいです。)