R-1ネタの技術付き!ピン芸ネタの作り方

一人でネタを行うピン芸。
ピン芸をするといっても漫才やコントとは違い種類がたくさんあるのでなにをして良いのか迷ってしまうと思います。
そこでピン芸をタイプ別にメリット・デメリット、作り方や実際に行っている芸人さんを例を挙げながら紹介します。

1. ブリッジ


説明
セリフ(ギャグ)を言った後に、ネタ(ボケ or 面白いツッコミ)を言います(※動作を付けても構いません)。
※「ギャグ」としていますが、ネタを作った時点ではギャグではなく、結果的にネタの人気が出れば世間からギャグとして扱われるセリフです。もちろん初めからギャグとして取り入れても構いません。

長所
ネタの流れがパターン化するので作り方が簡単なうえ、書籍化されやすいのでヒットすれば高収入を得られます。

短所
ありがちなやり方なので、ダメ出しや批判される可能性があります。

芸人の例
  • ヒロシ
  • だいたひかる
  • 長井秀和

作り方
  1. ブリッジとしてセリフ(ギャグ)や動作を考えます。
  2. 自虐ネタ(自分に関わる悪い話)をしたり、毒舌ネタ(他人に関わる悪い話)をします。もしくは観客に「確かにあるある!」「確かにそうだな!」と思わせられるあるあるネタを考えます。
  3. 1と2を交互に繰り返すことで完成です。
※1と2はどちらを先に行っても構いません。
※だいたひかるさんの場合は「私だけ?」「ど~でもいいですよ」、楽しんごさんの場合は「やっちんちん」「ドドスコスコ…ラブ注入」というように、一つのネタでブリッジを使い分け、途中からネタのやり方を変える方法もあります。
※小島よしおさんのネタ「そんなの関係ねぇ」のように、ネタの最初にコントのようなものを入れる方法もあります。

ブリッジの入れ方
  • 自分(言葉や動作)
  • 小道具(小道具を鳴らす)
  • 音響(ナレーション・曲を流す)
  • 混合(上記のいずれかを混ぜて行う)

ネタの内容
  • 自虐・自損(自分が遭遇した悲しいけど納得感のある出来事、自分で起こした問題だけど納得感のある出来事)
  • 毒舌(納得感のある誰かの悪口)
  • あるある(日常の特殊な出来事)

2. 漫談


説明
観客に向かって身振り手振りを付けながらストーリーを語り、ボケたりツッコミを入れます。

長所
すべらない話と作り方が似ているのでエピソード術が身に付きます。

短所
笑いどころ(ボケ)までがダラダラした展開になりがちです。

芸人の例
  • あべこうじ
  • にしおかすみこ

作り方
実体験、もしくは創作のストーリーを考えます。
話しながらストーリーのボケ的な部分を言ったあとにツッコミを入れるセリフを加えます。
場合によっては、観客の心理(※観客が話の内容にこう思っているだろう、という時)に観客に向かってツッコミを入れます。
そのほか、あるあるな話に対してうまく的を得た合理的な指摘をします。

3. コント


説明
ストーリーを演じながら、ボケたりツッコミを入れます。

長所
劇的で、盛り上がる展開にできます。

短所
キャラになりきるコントをしない限り、地味になります。

芸人の例
  • あばれる君
  • 友近
  • なだぎ武
  • 狩野英孝

作り方
ストーリーを考えて、そこにボケやツッコミのセリフ、ギャグを取り入れ、演技をします。
基本的に、独り言、自分の周囲や観客側に誰かがいるかのように話しかける演技をします。
1人で2人以上演じることもあります。

コントのやり方
  • 演技(キャラ)を中心
  • セリフ(特定のボケ方)を中心
  • 照明(暗転)を使って複数のシチュエーションを列挙して見せる
  • 音響(ナレーションや曲)と掛け合う

キャラの付け方
  • いるいる(確かにそういう人いると思える)
  • ウザ(ウザいと思わせる)
  • パロディ(何かの作品中のキャラをマネる)


4. 歌


説明
歌うネタをします。
※多少、振り付けを付ける場合あり。

長所
ネタが人気になると着うた(着ボイス)や、CD・ダウンロード販売ができるので、ヒットすれば高収入が得られます。

短所
歌唱力や作曲センスが必要です。

芸人の例
  • はなわ
  • AMEMIYA
  • ムーディ勝山

作り方
面白い歌を考えます。
主に、ギターをひきながら歌う人が多いですが、なくてもBGMに合わせて歌うこともできます。

5. ダンス


説明
踊るネタをします。
※歌を歌う場合あり。

短所
疲れます。
有名曲を使うと著作権的な問題が発生します。

芸人の例
  • 芋洗坂係長
  • エド・はるみ
  • サイクロンZ

作り方
BGMを使う、もしくは自分で歌いながらボケ的な踊りをします。

6. フリップ


説明
スケッチブックなどに文字か絵を描いて、それでボケたりツッコミを入れたり、フリにします。

長所
見た目のボケをすることができるのでシュール(現実離れした展開)なネタでも面白さが観客に伝わりやすいです。

短所
スケッチブックなどを買う費用が必要なうえ、絵の才能が必要です。
また、照明の当たり方や見る場所(※後ろの座席)によって観客から絵が見づらくなります。

芸人の例
  • バカリズム(※事前に絵を描いた紙)
  • 厚切りジェイソン(※ネタ中にホワイトボードに文字を書く)

作り方
フリップのやり方の例は下記です。
  • フリ(フリップにお題が書いてあり、それを読み上げて行う)
  • ボケ(フリップに面白い文章が書いてあり、それを読み上げる)
  • ボケ(フリップに面白い絵などが描いてあり、そこに納得感のあるツッコミを入れる)
  • 描く(紙やホワイトボードに文字・文章・絵などを描き、そこに納得感のあるツッコミを入れる)

フリップをめくる芸人自身のキャラ
  • キャラ無し(芸人自身にキャラを付けない)
  • キャラあり(芸人自身にキャラを付ける)


7. 物ボケ


説明
物を使ってボケます。

長所
個性的なネタができます。

短所
移動時に物を持ち運ぶ手間がかかります。

芸人の例
  • ゴー☆ジャス(※地球儀)
  • もう中学生(※紙芝居)

作り方
ボケ(オチ)になる物を用意して、それに合わせたセリフ(ストーリー)を考えます。

8. ものまね


説明
人物か職業、人間以外のもの、非現実的なものなどのものまねをします。

長所
マネした本人が言わなさそう、やらなさそうなことをするだけで笑いが取れます。

短所
才能が必要です。

芸人の例
  • (人物): アントキの猪木(※アントニオ猪木)、長州小力(※長州力)はるな愛(※松浦亜弥)
  • (職業): 柳原可奈子(※ショップ店員)、浅越ゴエ(※ニュースキャスター)、大西ライオン(※ミュージカル「ライオン・キング」)

作り方
(人物): 誰かのものまねを録音(録画)して似ているかどうか判断し、似ていたらネタにします。
もしくは、誰かから顔や声が有名人に似ていると言われた人をマネます。
最近のケータイやスマホにはボイスレコーダー機能が付いているので試しにものまねした声を録音し、誰に似ているか聞いてみるといいです。
(職業): 何かの職業の話し方や行動、話す内容をおおげさになるようにマネをします。
ちなみに、マネする人物や職業を別の何かと掛け合わせるネタもあります。
例えば、「もしも『ケンシロウ(※ケンシロウの声マネをする)』が『エレベーターガール』をしていたら」というような感じで掛け合わせます。

物まねの種類
  • 真剣(声か顔がそっくり※似せるけど面白さは追及していない※例: 青木隆治)
  • 面白(マネる対象がそもそも面白い印象を持つ※マネただけで面白おかしく※例: ホリ)
  • 誇張(本人の特徴を大げさにマネる※面白おかしくする※例: コロッケ)
  • 似てない(ほとんど原型をとどめずマネる※おふざけ感でおかしく※例: ハリウッドザコシショウ)


9. 特技


説明
一風変わった特技をします。

短所
才能やトレーニングが必要です。

芸人の例
  • とにかく明るい安村(※贅肉)
  • なかやまきんに君(※筋肉)
  • こまつ(※キーボード演奏)

作り方
何かしらの特技(肉体的、技術的、頭脳的にスゴイ、もしくはおかしいと思わせる)ができるように練習します。

10. 観客セッション


説明
観客を交えたネタをします。

長所
観客が何を言い出すのか分からないことで、ハプニングを期待して盛り上がります。

短所
観客のアドリブに対応するのが難しいです。

芸人の例
  • 桜塚やっくん

作り方
観客に対してフリを入れてボケさせ、そこにツッコミを入れる、もしくは観客にフリを入れてもらってボケます。
観客に変なことを言わせるようなフリを入れると、危なっかしい返答から笑いを誘えます(※不適切な発言をさせようとすると問題になる恐れがあります)。
どんな観客の反応が来てもいいようにパターンを想定しておきましょう。

以上、ピン芸ネタのタイプでした。

ネタの構造


ストーリー型
ネタの中に物語がある。
例えば、コントや漫談、歌ネタなど、物語を演じるか語る(歌う)などをしてネタを行います。
長所は、後半にかけてストーリーを盛り上げることができます。
短所は、ボケに至るまでセリフを入れるため、ネタの構成次第ではゆるい展開になります(※特に歌ネタ)。

お題型
ネタがお題(フリ)とボケだけで構成されている。
例えば、一言ネタ(ブリッジ)やフリップネタ、物ボケなど、ストーリー性はなく、フリとボケを交互に繰り返してネタを行います。
長所は、どこでボケているのかが明確なため、一発ごとのボケに威力があります。
短所は、ネタのやり方が他人と似やすいです。

自由型
ネタがボケだけで構成されている。
例えば、言葉遊び(例: 世界のナベアツさんの『三の倍数ネタ』)。『お題型』(フリとボケを交互に繰り返すわけ)でもなく、『ストーリー型』のような物語があるわけでもないネタを行います。
長所は、パフォーマンス力や発想力で見る者を圧倒できます。
短所は、アイデアやパフォーマンス力が求められるため、そう簡単には作れません。

笑いの方程式―あのネタはなぜ受けるのか (DOJIN選書 10)
井山 弘幸
化学同人
売り上げランキング: 176,610

複合タイプ 一覧


芸人さんの中には、ここまで紹介した様々なネタのやり方を複数混ぜたネタをされている方もいます。

ダンス×漫談
  • いとうあさこ
  • ゆってぃ

ブリッジ×漫談
  • ダンディ坂野
  • スギちゃん

ものまね×漫談
  • じゅんいちダビッドソン

ブリッジ×歌
  • 波田陽区

ブリッジ×ダンス
  • 小島よしお

コント×ものまね
  • どきどきキャンプ岸(※ジャック・バウアー)

フリップ×ものまね
  • 夙川アトム(※業界人)

ダンス×ものまね
  • 渡辺直美(※ビヨンセ)

余談


コンビで活動しながら漫才やコントをしていない芸人さんがいます。
大抵はピン芸のネタのやり方をされています。

ブリッジ×(ショート)コント
  • ザ・たっち

ブリッジ×ダンス×歌
  • オリエンタルラジオ

コント×ダンス×歌
  • ジョイマン

ブリッジ×フリップ
  • いつもここから

観客セッション×ブリッジ
  • Wコロン

以上。
上記を見る限り、言葉をリズムに乗せるネタが多いですね。

コツ


表現力を加える
話し方(ワンフレーズ中に語気を強める、リズムに乗せる)、BGM・歌(音響、ギター)動き、衣装(スーツ、職業服、奇抜な衣装)などを取り入れます。
1人で話していても淡々とした地味な印象を与えるので、「普通のトーク部分」にキャラを付け加えることで面白みを付け加えられます。
例: 小島よしお(カラフルなパンツ)、とにかく明るい安村(ピンクのパンツ)、スギちゃん(ハーフのジーンズ・Gジャン)、AMEMIYA(白いスーツ)、厚切りジェイソン(フレーズの時に大げさなアクション)、長井秀和(黒いスーツ)

ネタ
意外性のあるボケをしてもツッコミを入れてくれる相方がおらず面白くなりにくいので、ボケだけでも面白さが成立するネタをベースに作ることで、面白さが伝わりやすくなります。
  • 問題(自分もしくは他人、登場人物に関わる受難・自滅エピソードを話す。もしくはそれらを批判する)
  • 納得(確かにそうだな!と思わせられる展開にする)

例: 小島よしお(問題: トラブルに巻き込まれたエピソード)、とにかく明るい安村(納得: 全裸に見える)、スギちゃん(問題&納得: 自滅的な行動でも、理にかなっている)、AMEMIYA(問題: トラブルのエピソード)、厚切りジェイソン(納得: 日本のおかしいエピソードでも、指摘通り)、長井秀和(問題: 誰かの問題点を指摘)

フレーズ
特定のフレーズ(短めのセリフ)を何度も使うことで、定期的に観客の脳裏に焼き付けさせることにより、安定した笑いを誘うことができます。
一度ウケたフレーズを次回からのネタでも使うことで、すでに笑いを取ったことによる「好意」によって笑いを取りやすくなります。
例: 小島よしお(そんなの関係ねぇ)、とにかく明るい安村(安心してください。はいてますよ)、スギちゃん(ワイルドだろぉ)、AMEMIYA(冷やし中華はじめました)、厚切りジェイソン(ホワイ、ジャパニーズ、ピーポー)、長井秀和(気を付けろ, 間違いない)

とらえ方
フレーズには前向き(肯定・断定)否定(警鐘・疑問)な内容が笑いを誘いやすいです。
観客(視聴者)が日常で使いたくなる言葉が覚えてもらいやすいです。
例: 小島よしお(問題に対して前向きに「そんなの関係ねぇ)、とにかく明るい安村(何も着ていないように見えることに対して前向きに「安心してください」)、スギちゃん(問題に対して前向きに「ワイルドだろぉ」)、AMEMIYA(問題に対して強引に前向きに「冷やし中華はじめました」)、厚切りジェイソン(問題のある日本語に対して警鐘として「ホワイ、ジャパニーズ、ピーポー」)、長井秀和(問題に対して警鐘として「気を付けろ」、問題を肯定として「間違いない」)

R-1ぐらんぷり大会の情報



R-1優勝者のテクニック


R-1優勝者がどんなテクニックを使っているのかを分析してみました。

アキラ100%
タイプ: パフォーマンス
服を身に着けずに股間部分をおぼんで隠すパフォーマンス。
  • ボケ(常に裸&股間を危なっかしい動きをしながらおぼんで隠す)

「本日も絶対見せずに皆さまに素敵なパフォーマンスをお届けいたします。
しかし先日こんなことを聞かれました。『本当に絶対見えないの?』って。
こう、答えました。『この世に絶対ってないよ』って。
そうなんです。わたくし、横からの防御力ゼロとなっております。


ハリウッドザコシショウ
タイプ: ものまね
フリップでお題(有名人の名前)を出し、その人の大げさなモノマネをする。
  • フリ(※フリップに書かれたお題&名前を読み上げる) ≫ ボケ(有名人を大げさな口調・動作・表情でモノマネをする)

「あ~、いやいやいやいやいやいやいやいや、いやいやいやいや。肌寒いでございますわね~。
どーも、どーも。ハリウッドザコシショウですね。私、モノマネ2兆個ありますんでね。やらせてください。
まずはこちらですね、キンタロー。女芸人のキンタローを忠実に再現します。いきます。
AKBぃぃのぉぉ、前田敦子にぃぃぃ。AKBぃぃのぉぉ、前田敦子にぃぃぃ。あります、ありもす、あります、きぇいっ!!
もう一回やらせてくださいね。
AKBぃぃぃのぉ、前田敦子にぃぃぃ。あります、あります、きぇいっ!!
せーの、ドスドスドスドスドォ~。
酔っぱらってないっすからね~。

※聞き取りづらいセリフが複数個所あり、書き起こした内容は正確性に欠けます。

じゅんいちダビッドソン
タイプ: モノマネ&コント
サッカー日本代表の本田圭佑さんのモノマネをしながら、何かのテーマに合わせて本田さんが言いそうなことを言う。
  • ボケ(常に本田さんのモノマネ&本田さんが言いそうなセリフとテーマを掛け合わせた発言をする)

(※スーパーマーケットで働く本田圭佑)「例えば、レジの長友さんは客をさばくスピードを上げるだけでなく、なかなか小銭を取り出さない客に常にプレッシャーを与えるように務める。
品出し担当の香川さんは豆腐や牛乳を奥のほうから取る客が来ることを常に想定し、逆に奥に古いのを並べるというフェイントを覚える。
それを繰り返した結果、また同じことが起こったら、それって何かわかりますか?
伸びしろですねぇ~。


やまもとまさみ
タイプ: コント
遠まわしな言い方をする。
  • ボケ(間接的な表現)

(※警察の取り調べ)「昨日の夜8時、帰宅途中の女性の~、アレを、ほれ、ひったくっただろ~。アレを~。
あの~、これくらいの、取っ手が付いて、持ち運びが便利な。ええっ?ほら、あの、こう持ったり、こうやって持ったりできる~、ヤツを~。ええっ?
背後からアレに乗って近付き~。あの、ブンブン、ブン、ブーンっていう。タイヤ二つのさ~、あのほら、ブンブン、ブンブーンの。あの~、ほれ。あの~、岩城滉一が大好きな乗り物乗ってーっ!ええっ?!ひったくったんだろう?こういう、ヤツ―っ!!
………はは~ん。黙り込む権利のやつか~?


三浦マイルド
タイプ:
フリップでお題(恐そうに聞こえる広島弁)を出して悪人っぽい言い方で読み上げ、次に嫌がらせ的な例文で先に紹介した広島弁言葉を使いまわす。
また、「語感」や「言い方」と、「説明」や「例文」との間にギャップを付けています。

「今日、この講座を通しまして広島弁がとてもかわいらしい言葉だということを皆さんに知っていただきたいと思います。
それでは広島弁を紹介していきます。まずは、こちら。
おどりゃぁぁぁぁぁ!!おどりゃぁぁぁぁぁ!!
この『おどりゃあ』は、『君、あなた』という意味ですね。
この『おどりゃあ』を使った例文を紹介したいと思います。こちらになります。
おどりゃぁ!!どこの者(もん)ならぁぁぁぁぁ!!おどりゃぁ!!どこの者(もん)ならぁぁぁぁぁ!!
これは『あなたのおうちはどこですか?』。こういう意味になりますね。
え~、どんどんまいりましょう。
ぶち回すぞぉぉぉぉぉ!!ぶち回すぞぉぉぉぉぉ!!
この『ぶち回すぞ』は、『制裁を加える』という意味ですね。え~。
これも例文を紹介しましょう。こちらになります。
買う気ないのに試食を食うなぁ!!ぶち回すぞぉぉぉぉぉ!!買う気ないのに試食を食うなぁ!!ぶち回すぞぉぉぉぉぉ!!
このように使ってください。どんどんまいりましょう。
こん外道(げどう)ぉぉぉぉぉ!!こん外道(げどう)ぉぉぉぉぉ!!
え~、この『こん外道』は『とても非常識な人』、という意味ですね。
え~、例文はこちらになります。
こん外道ぉ!!着払いで送ってきよったでぇぇぇぇぇ!!こん外道ぉ!!着払いで送ってきよったでぇぇぇぇぇ!!」

※フリがボケの役割を果たしたり、ボケがフリの役割を果たしたりと複雑でややこしいため、色付けを行っておりません。

多田健二
タイプ:
箱に入っているボールを取り出して書かれていた五十音の一文字(お題)から、有名な何かしらの言葉を別の言葉に言い換える。
  • フリ(※お題) ≫ ボケ(有名な言葉を言い換える)

「五十音ボックス。
ま…(※歌『それが大事』)負けない事 投げ出さない事 逃げ出さない事 野々村真
あ…(※歌『亜麻色の髪の乙女』)亜麻色の 長い髪を 邪魔やからひきちぎる
ふ…(※応援)フレ~ フレ~ コ~ラ、フレフレコーラ フレフレコーラ わぁ~
こ…(※CM『蒟蒻畑』)こんにゃく畑で かさぶた取れた~
う…(※幽霊のセリフ)う~ら~が~わ~
か…(※CM『カッパ寿司』)カッパ カッパ カッパがいたけど カッパ無視
に…(※CM『ロート製薬』)ニート ニート ニ~ト~、ニート ニート ニ~ト~、ニ~ト生活~
ぬ…(※特に元ネタ無し)ぬ~
へ…(※歌『学園天国』)ヘーイ ヘイ ヘイ 笑瓶


佐久間一行
タイプ:
  • ネタ1: キャラ(井戸)を演じつつ、歌いながら意外な展開でボケる
  • ネタ2: キャラ(部族)を演じつつ、フリップに描かれている部族の絵(かぶり物)から、つながりを持たせてボケる
  • ネタ3: キャラ(学生)を演じつつ、ホワイトボードに幼虫の絵を描いて、つながりを持たせてボケる
※1・2・3のいずれも所々に流れを裏切る発言でボケる。
※書き起こしはありません。視覚に頼ったボケが多いため、文章にしても伝わりづらいので。

あべこうじ
タイプ: 漫談
観客に向かって話しかけるスタイル(漫談)で、自己完結的(自問自答的)な発言や、口調によるうざい印象を与える。
  • ボケ(自己中心的な発言&流れや元歌詞に対する落差)
  • ツッコミ(観客の心理にツッコミを入れる※ツッコミとしていますが、ほぼボケです)

(※『ドレミのうた』をオリジナルに変える)「ド~はド~ナツのド。レ~はレモンのレ~。ミ~は…好きなのいくからね。ミカンでいいかい?ごめんね。時期的にもいいんじゃないか。ただちょっと『柑橘系、続いているよ』みたいな空気だけはやめて。その空気嫌いだな~。うん。
ファ~はファジーネーブルのファ。3つ来ると思わなかった。まさか3つ来るとは思わなかった。
ド・レ・ミ・ファでしょ。ソはさっきのシステム利用しようよ。ねっ。ハンバーグソース好きのソ~でもいいわけでしょ。ソはハンバーグソース好きのソ~にするわ。OK?ねっ。
ラはどうしようかな?ラーメンとか、まあらっきょとかいろいろあるけど。ラはその空気のファッション?うん。出たものに任せるというのにしない?OK?
ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ、シ。シ~はどうしようかな~。シジミでいいかい?どうする?ちょっと地味だね。シジミじびなんて…、うまくいってそうで言えてないっ!なんなんだろうな。OKっ!シジミのシにしよう。シ~はシジミの…、ダメだね。『シジミのシ』だったらね、シジミ死んだみたいになっちゃうもんね。


中山功太
タイプ: ブリッジ&あるある
謎めいた前置きを入れ、ブリッジ(時報の音)を入れたあとにあるあるな発言を言う。
  • フリ(謎めいた発言) ≫ ボケ(あるあるネタ)

まもなく『医学的に何の根拠もない発言』をお知らせします。
(※時報の効果音「ピッ、ピッ、ピッ、ポ~ン!」)
寝てなさ過ぎて逆に元気やわ~!
まもなく『わかってんねんやったら近づいて来るなや』をお知らせします。
(「ピッ、ピッ、ピッ、ポ~ン!」)
どないしたん、えらい機嫌悪いやんっ!
まもなく『年表には残らんけどな』をお知らせします。
(「ピッ、ピッ、ピッ、ポ~ン!」)
俺もそんな時代あったわ~!!


なだぎ武
タイプ: コント&モノマネ
NHK教育テレビ『にほんごであそぼ』で行われた「ややこしや」と言う狂言を行い、その後似た有名人を挙げて「ややこしや」で落ちを付ける。
  • ボケ(無駄に「うん」とあいづちを打つ&「ややこしや」の踊り&似た有名人を挙げる)

「あのな、やっぱり文化祭は文化の祭りやから、うん。やっぱりこの日本の伝統文化を取り入れた出し物、うん。それを考えてきたから俺がそれをやるから、もしそれが面白かったら今年の文化祭それにしようや。なっ、うん。なっ、うんうん。
じゃ、俺のセリフのあとにそこのミュージックスタートしていってな、うん。
世の中、右を見ても、左を見ても、ややこしいことばかりでございます。
(♪ややこしや~、ややこしや~。ややこしや~、ややこしや~。)
ちょっとこっち来て。こっち来て。うん。あのな、ええか、よく聞けよ。
こっちがジャネットジャクソン。マイケルジャクソンの妹。うん。
そしてこっちが木の実ナナや。うん。木の実ナナ。古谷一行とよく温泉に行く人。そして事件に巻き込まれる人。
えっ?逆?あれっ?あっ!逆?あっ!こっちが木の実で、こっちがジャネット。ジャネットで木の実で、木の実でジャネット。
もぉ~。(♪ややこしや~、ややこしや~。#ゴォー――ン!)


なだぎ武
タイプ: モノマネ&コント
海外ドラマ『ビバリーヒルズ高校白書』に登場するディラン・マッケイというキャラクターのモノマネを行う。
  • ボケ(常にディランのモノマネ&詳細に行動の説明をする)

(※オーディションを受けに来たディラン・マッケイ)「やあ、ビバリーヒルズからやって来たディラン……マッケイだ。やあ。
どうしたんだ、みんな?浮かない顔して。わかったぞ、さては全員そろって葬式帰りか?ハハハハハハッ!(#チーン!)
あ、いや、ちょっと待った。いま自転車から降りるからな。ああっ。よっ!今降りている。間違いなく降りている。ああっ。今から降りるからな。よ~し、降りた。ああっ。
自転車を留めに行く。ああっ。いま止めに行ってるぞ。ああっ。間違いなく止めに行ってる。よ~し、止めた!

※言い方や動きで笑いを誘うことが多いため、ネタを書き起こすと普通な印象を受けるかもしれません。

博多華丸
タイプ: モノマネ
クイズ番組『パネルクイズ アタック25』の司会者・児玉清さんのモノマネをしながら、何かのテーマに合わせて児玉さんが言いそうなことを言う。
  • フリ(※アニメ『アタックNo.1』の歌) ≫ ボケ(児玉さんのモノマネ&フリに合わせた児玉さんが言いそうなことを言う)

(※アニメ『アタックNo.1』の歌に合わせて)(♪苦しくたって)大変苦しい思いをされたそうです(悲しくたって)悲しかったそうです(コートのなかではへいきなの)非常に頑丈な体の持ち主
(ボールが)ボールが(うなると)うん(胸がはずむわ)ボールがうなると胸がはずみます
(レシーブ トス)はい(スパイク)いいでしょう(ワントゥー ワントゥー アタック)まいります
(だって涙が出ちゃう)問題です。なぜ涙が出たのでしょう?(女の子だもん)その通り!


ほっしゃん。
タイプ: コント
言葉を捉え違える。
  • ボケ(言葉の一部分に別の解釈をする)

(※カウンター席でのやり取り)「やっぱりさ、ケンちゃん。私一人でこうやってカウンターで飲むほうが合ってるわ。う~ん。
あっ!ありがとう。は~い。いただき~す。………。ちょっとケンちゃん。ケンちゃん。これ何?
そうでしょ。さっき頼んだロールキャベツでしょ。肉入ってないじゃない。
バカじゃないのっ!言ってませんっ!ちゃんと『ロールキャベツ』って言いましたっ!
言ってませんっ!アンタが間違ったんでしょっ!じゃ、じゃ、考えてみて。

どこのお客がさ、注文で『オールキャベツ』って言うの?
だったら、素直に『キャベツ』って言うわよ。


浅越ゴエ
タイプ: コント
ニュースキャスター風の言い回しをしながら、ニュースとは不釣り合いな何かのテーマに合わせて話す。
  • ボケ(ニュースキャスター風の発言内容&ギャップを生むテーマ&流れの落差)

え~、続いては選挙のニュースです。
神戸市立フジタ小学校の4年A組の2班の班長の立候補者が今朝出そろいました。
え~、立候補者は3人で、届け出順で、クドウ ミキオ君、10歳、自民党推薦。
ヤマダ ミキちゃん、10歳、無所属。
キノシタ アキラ君、10歳、無責任。
以上の3人ですが、他に無所属の羽柴誠三秀吉54歳も立候補いたしましたが、認められませんでした。


だいたひかる
タイプ: ブリッジ&あるある
納得感のある皮肉を言う。
  • フリ(※ブリッジのセリフ) ≫ ボケ(あるあるな言葉・事柄を冷めた見方で指摘)

「気分が乗ってきたので、歌を歌います。
『どうでもいい歌』、聞いてください。
ど~でもい~ですよ。
東京ドーム3個ぶんという、例え。
ど~でもい~ですよ。
ロッテ対、日本ハム。
ど~でもい~ですよ。
カブトムシの味がする、カブトムシ食ったことあるのかよ~、という、一連の流れ。
ど~でもい~ですよ。
しろきやだろうが、しらきやだろうが、(※ボケ兼フリ)
ど~でもい~ですよ。



ピン芸ネタのコツ


技術自体は相方がおらずツッコミがないので、ボケだけで成立するネタを作る必要があります。
あとはキャラクターを付けて話し方自体に面白みを付けるとネタが地味になりにくいです。
ボケの前にフリを入れておくケースもありますね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク