漫才ネタの作り方

2人で面白さを織り交ぜながら会話をする「漫才」のやり方を詳しく紹介!漫才を勉強したい方は必見です!

1. 立ち位置に移動する


(舞台の周辺で待っておきます。)タイミングを合わせて舞台の中央へ移動して立ち位置につきます。

待機の仕方
  • 観客から見えないところ(幕や間仕切りの裏、通路など)
  • 観客から見えるところ(舞台の端)
  • 舞台の中央(始めからネタをする場所にいる)
※下手側・上手側・舞台奥から・客席の後ろや横から、コンビで同じ場所から入る・コンビで別々の場所から入る(下手・上手で分かれる)など、舞台への入り方が違う場合があります。

タイミングの取り方
  • 「出囃子(でばやし)」というBGM(音楽)が聞こえてきたら
  • 誰か(仕切り役・スタッフ)の合図が入ったら
  • 自分たちでタイミングをとって

ちなみに、「出囃子」とは、漫才を行う場所(イベント)、もしくは芸人のイメージに合わせて会場を盛り上げる入場曲です。
漫才の大会「M-1グランプリ」で例えると、芸人の登場に合わせて「Yes we can can can can can can can can can !!」と聞こえるアレです。
(Fatboy Slimというミュージシャンの「Because We Can」という曲が使われているのですが、ノリが良くて一度聴くと癖になります。)

移動の仕方
  • 足(足早に移動する)
  • 手(拍手をしながら移動する。または観客に対して手を振りながら移動する)
  • 声(「ど~も~!」など観客に対して声を掛けながら移動する)
※移動方法についてはお好みでアレンジしてください。
※上記のように「元気良さをアピールする」と、芸人が明るく活気があるように見せられ、観客から好感を持たれる効果があります。また、芸人の明るい雰囲気で観客の緊張感がほぐれ、笑いが起こりやすい状況を作り出せます。
※テンションを上げないクールな芸風で漫才をする場合は、足早に移動するだけの控えめな登場の仕方にするといいでしょう。
※もし自分たちにキャラクターがあれば、そのキャラクターを使った登場の仕方にすると、個性(※他の出演者との差別化)が出せます(※変な入場の仕方をすると「漫才らしくない」と注意・批判される恐れがあります)。

立ち位置の種類
  • センターマイク(棒の先にマイクが付いたもの※センターマイクの高さが調整できる場合は、自分たちの口元に高さを合わせる)
  • ばみり(出演者がどこの位置に立つのか分かるようにするために、床に貼られたビニールテープ)
  • 目測(舞台や観客席の位置関係を見ながら立つ位置を計算)

2. 挨拶・自己紹介・お辞儀をする


立ち位置に移動をしたら、挨拶をします。

  1. 「(はいっ!)(ど~も~)(よろしく)お願いしま~すっ!」
  2. 「○○(※コンビ名)ですっ!」
※1のカッコ内の台詞はお好みで選んでください(※芸風に合わせた台詞にしても構いません)。
※1と2のどちらを先に言っても構いません。
つまり、「1≫2」でも「2≫1」のどちらの順序でも構いませんし、混ぜて言っても構いません。
※この挨拶の時に、「つかみ」を入れることができます。

ここまではとても簡単なので、すぐに覚えられると思います。

3. 観客に絡む


挨拶などが終わったら、観客に絡みます。
この「観客に絡む」は無くても構いません。時間の短いネタ(ショートネタ)をするときは、無駄に時間を取ります。
また、観客に絡むのは反則だと思う人がいるので、絡んでいいのかどうかはお笑い学校や事務所の講師、ネタを行う企画の責任者に聞いてみるといいでしょう。

自分たち
自分たちのことが観客に知られていなければ自己紹介をする。(自分たちのことを観客に宣伝する)。
例: 「こっちの日本人風が○○。で、こっちのアジア人風なほうが○○です。忘れないうちにメモって下さいね」

観客
観客をイジる。(興味を持ってもらえた嬉しさを観客に与える)。
例: 「お客さん、テンション高すぎわ。最後のほう、疲れて寝てしまうで」

舞台裏
観客の知らない話を暴露する。(観客の知的好奇心をあおる)。
例: 「楽屋にお弁当として、おにぎりと缶コーヒー。合わないやろ。皆さんも気をつけてくださいね」

会場内・外
観客の知っている状況をイジる。(観客の知っている「状況あるあるネタ」をする)。
例: 「この会場、天井が低っ!ジャンプしたら頭あたるやろ。誰かあたらなかったですか?」

時事
観客が知っている・知らない話題を披露する(観客の知っている時事情報あるあるネタをする・観客の知らない時事情報ネタで驚きを与える)。
例: 「さっき、俳優の○○が結婚発表したって。でも僕はみなさんのものですよ」


4. ネタの最初の部分


主に、以下のような感じで話し始めます。

疑問・質問
分からないことを聞く。
1. 疑問(自分で思う), 2. 質問(人に尋ねる)
例: 「1. 女子の気持ちってわからんわ~。2. お前は、女子が○○なときって知ってる?」

悩み・不満
困っていること相談する。
1. 悩み(個人的な問題), 2. 不満(社会的な問題)
例: 「1. 最近、○○が壊れたから買い換えようと思って。2. でも自主回収が多いじゃないですか?」

主張・願望
自分の思いを語る。
1. 主張(現在形の思い), 2. 願望(未来形の思い)
例: 「1. 最近の男子はダメですね。2. だから、俺は○○になりたいな~と思いまして」

エピソード・シミュレーション
体験談を話す・演じる, 体験したい事を演じる
1. エピソード(過去形), 2. シミュレーション(現在系・未来形)
例: 「1. この前、○○に行ってきまして。2. そこで見かけた○○をしてみたいな~」

上記のように話し始めますが、ほかにも話の切り出し方があると思うので、いろいろ考えてみてください。
その話の切り出しに対し、「聞く」「教える」「一緒に演じる」「一緒に考える」「知ってるフリをする」などで対応します。

もし漫才中にコントを行う場合は、以下の「5. 相方をコントに誘う」につなげます。
ちなみに、漫才中にコントを行うことを「コント漫才」と言います。

5. 相方をコントに誘う


「○○をやってみたいんだけど」と言い、相方をコントに誘います。

  • 相方をコントに誘う台詞を無しにして、例えば「コンビニ店員って難しいよね」というような「印象的なこと」を言い、(コンビで立っている位置を離してから)コントを始める方法もあります。
  • 相方にコントをするよう誘う時に、「コンビニ店員をやりたい」というような「簡単なテーマ」を言うか、もしくは「お客に絡まれてパニックになっているコンビ二店員をやりたい」というような「具体的なテーマ」を言う方法もあります。
  • 一方が話している最中に話のテーマに合ったコントを突然始めて相方を戸惑わせる、というやり方もあります。
  • ネタの途中で急にテーマを変える芸人さんがいますが、ストーリーが盛り上がってきた流れが途切れるので、おすすめしません。
    ただし、いろいろな(時事ネタの)テーマを挙げていくネタは例外です。
  • ショート(※1~2分ぐらいでする)ネタの場合は時間に余裕がないので、舞台に入ってきてからコントを始めるまでの時間を短くしたほうがいいでしょう。
  • ナイツさんのように「トークのみで漫才をする方法」もあります。
    コントをせずにトークのみで漫才をする方法を「しゃべくり漫才」と言います。
    ちなみに、ブラックマヨネーズさんの場合は、ボケ担当の吉田さんが心配ばかりするキャラになり、チュートリアルさんの場合はボケ担当の徳井さんが過剰反応するキャラになるなどして、コントをせずにしゃべくり漫才をしています。

6. 漫才中のやり取りの仕方


話を進める台詞を基本として、そこに相方への反応やフリ・ボケ・ツッコミを入れる。

ちなみに、相方のボケに対してツッコミを入れる時に、相方の頭をたたくと見た目のインパクトから面白さが増します。
ツッコミの時に「頭をたたく」ことで、視覚的なイメージを付け足すことができます。
ただし頭という大事な部分をたたくわけなので、ひどいことをしているという風に見る人もいます。
また、男性に比べて女性の場合は、頭をたたく行為がかなりひどい印象に見えます。
もし頭以外の場所でたたくとしたら、肩あたりを叩く方法があります。
ちなみに、コンビ間で叩いたり蹴ったりなどをするスタイルを「どつき漫才」と言うのですが、観客によっては嫌な思いをさせることがあります。

7. 漫才の終わり方


ボケ担当が行うオチのボケ(ネタの最後のボケ)に対してツッコミ担当は「もういいよっ!!」 or 「いいかげんにしろっ!!」 or 「やめさせてもらうわっ!!」とツッコミを入れ、その後「どうも、ありがとうございました~」と言いながらお辞儀をして終わる。
ちなみに、オチのボケへのツッコミの時に、ツッコミ担当がボケ担当の胸を手の甲でたたく動作をしてもOKです。
※センターから離れたところでオチをつけると、フィニッシュの見た目が良くありません。

※漫才が終了した後は、事前に企画の主催者の人からの指示が出されていると思うので、それに従ってください。
  • 舞台から(観客から見えないところへ)退場する
  • (移動したあと)仕切り役の人と会話する
  • そのまま舞台上でイベントに参加する

以上、あくまで台詞の例なので、台詞に関しては自由に変えてください。
これで漫才の一通りの流れはつかめたはずだと思います。

ネタの設定タイプ


しゃべくり漫才
おしゃべりだけでネタをします。ネタの途中からコントをしないうえ、キャラクターを付けません。
芸人は観客と同じ空間に存在し、観客に対して何かを話すのが「しゃべくり漫才」です。
例: ミキ(現実的な人物像に沿ってやり取りする。相方・コンビに関わることなど)
例: ナイツ(現実的なテーマに沿ってやり取りする。時事ネタ、知名度のある事象、一般的な事象など)
例: ますだおかだ(想像上のテーマに沿ってやり取りする。会話でシミュレーションなど)
※要するに、話す話の対象がどこにあるのか?の違いです。舞台上≫世間≫想像上。

しゃべくり漫才入門 (立東舎)
元祖爆笑王
立東舎
売り上げランキング: 142,224

キャラ漫才
キャラクターを付けながらネタをします。
芸人は観客と同じ空間に存在し、観客に対して何かを話すときにキャラクターを付けながら話すのが「キャラ漫才」です。
例: オードリー(芸人として普段から活動している衣装・メイク・口調・人間性などのキャラを活かしながらやり取りする。)
例: 髭男爵(※芸人として普段から衣装・メイク・口調・人間性・世界観などのキャラを付けながらやり取りする。)
例: チュートリアル(ネタのときだけ口調・人間性などのキャラを付けながらやり取りする。)
※要するに、キャラの付け方はどこからなのか?の違いです。普段から個性的な人物≫普段から個性なキャラ≫ネタ中のみ個性なキャラ。

コント漫才
ネタの途中からコント(キャラクターや世界観を演じる)に入ります。
芸人は舞台上に観客のいる世界とは別の世界を作り出し、ストーリーを演じるのが「コント漫才」です。
例: 霜降り明星(テーマに沿って一方だけがコントを行い、もう一方は現実的な目線でやり取りする。)
例: NON STYLE(テーマに沿って二人でコントを行い、一方が現実目線で劇を正しく行うよう修正しながらやり取りする。)
例: サンドウィッチマン(テーマに沿って二人でコントを行い、劇中だけでやり取りする。)
※要するに、コントの世界から一方がどれくらい離れるのか?の違いです。一方はコントに一切入らない≫一方は一時的に現実に戻る≫一方も現実に戻らない。

ネタの担当タイプ


通常
一方がボケて、もう一方がツッコミを入れながら、コンビ間で会話をしながら流れを作ります。
  • 例: 会話≫フリ≫ボケ≫ツッコミ≫会話…
  • 例: 会話≫ボケ≫ツッコミ≫会話…

一方通行
一方がボケて、もう一方がツッコミを入れますが、コンビ間で会話をせずに一方的な流れを作ります。
ボケ担当とツッコミ担当が会話をしません(※テーマの導入部分は会話をします)。
  • 霜降り明星: ボケ≫ツッコミ≫ボケ≫ツッコミ…
  • ナイツ: ボケ≫ツッコミ≫ボケ≫ツッコミ…
  • ハライチ: フリ≫ボケ≫フリ≫ボケ…

共同制作
二人ともボケる(「Wボケ」)、二人ともツッコミを入れる(Wツッコミ)など、二人で一つのボケやツッコミを作ります。
※ネタの個性が際立ちますが、やり方が特殊過ぎるので似たやり方をするとパクリに思われたり、漫才大会に出場すると「漫才ではない」と否定的な意見を言われる可能性があります。
  • ジャルジャル: ボケ≫ボケ
  • マシンガンズ: (ボケに近い)フリ≫(ボケに近い)ツッコミ

交替
一方がボケて、もう一方がツッコミを入れながら、コンビ間で担当を交替しながら流れを作ります。
※ネタの個性が際立ちますが、やり方が笑い飯さんに似るのでパクリに思われて否定的な意見を言われる可能性があります。
※ジャルジャルさんのネタも担当を途中で交替していますが、形勢逆転的な展開での交替です。
  • 笑い飯: Aがボケ≫Bがツッコミ≫Bがボケ≫Aがツッコミ…

ネタの技術タイプ


※芸人さんが常に以下のやり方で漫才をしているとは限りません。

あるある
あるあるな話・言葉・行動・展開などを織り交ぜながらネタをします。
ボケ担当があるあるな話・言葉・行動・展開などでボケ、ツッコミ担当がツッコミを入れます。

不相応あるある
話の流れに合わないあるあるな話・言葉・行動・展開などを織り交ぜながらネタをします。
ボケ担当が話の流れ・本来のやり方に合わないあるあるな話・言葉・行動・展開を行い、ツッコミ担当がとまどったツッコミを入れます。
例: ジャルジャル(※突然、違和感の感じるあるある発言・行動)・メイプル超合金(※突然、違和感の感じる非現実的・非常識的なあるある発言)

言い換え
既存の話・言葉・行動・展開などを別の言葉に置き換えながらネタをします。
ボケ担当が既存の話・言葉・行動・展開などを別の言葉に置き換え、ツッコミ担当がツッコミを入れます。
例: 銀シャリ(※料理のさしすせそを言い換え)・タイムマシーン3号(※何かの言葉をデブ・ガリの言葉に言い変える)


既存の話・言葉・行動・展開などを真逆に置き換えながらネタをします。
ボケ担当が既存の話・言葉・行動・展開などを真逆に行い、ツッコミ担当がとまどったツッコミをします。
例: ハライチ(※誘拐犯が子供に贅沢な扱いをするコント)・和牛(※結婚式を抜け出した女性の本命の彼が揚げ足を取るコント)

暴走
それまでの話・言葉・行動・展開を無視して身勝手な発言・行動を起こしながらネタをします。
ボケ担当が暴走し、ツッコミ担当が暴走に対して説明的なツッコミを入れたり、とまどったり怒ったりします。
例: スーパーマラドーナ(※女性の家で男性が身勝手な発言・行動をするコント)・馬鹿よ貴方は(※コンビニのコント中に意味不明な発言)

漫才大会の情報


日本一の漫才師を決める大会「M-1グランプリ」に関する情報のリンク集。

PR

面白い漫才ネタを作るには?


まずは、基本をしっかりと覚えましょう。
基本を身に付けさえすればネタを調節・修正したり、バージョンアップさせることができるようになるので、ネタ作りがとても簡単になります。


また、観客を爆笑させるには「人をひきつける個性」と「思わず笑ってしまう“ひねり”」が必要なので、それができれば人気者になるのは間違いなしです。

漫才はコンビでの言葉の掛け合いが非常に重要なので、台本が出来上がったら何度も練習をするようにしましょう。
コンビでの掛け合いのテンポや間を調節してリズミカルにしましょう
(話し手をテンポ良く交代するとレベルが高く見えます。また、相方が話している最中に話しかけると、本当の会話のようなリアリティが生まれます。)
棒立ちにならない、棒読みにならない、噛まない、台詞を忘れないよう、舞台でネタを披露する直前まで練習を重ねてください。

もし有名な漫才師のネタで勉強・研究をするのなら、アンタッチャブルさんやパンクブーブーさんのネタがおすすめです。
もちろんM-1グランプリの歴代優勝者のネタも必見です。

アンタッチャブルさんやパンクブーブーさんの漫才は標準的なやり方なので、ネタを作ったことのない初心者の人から基礎を振り返りたいベテランの人まで、漫才を学ぶにはうってつけのコンビです。