わずか数秒で笑わせる一発ギャグの作り方

ギャガー(※ギャグを持ちネタにしている人)はどんなネタを作ればいいのか悩んでいると思います。
そこでギャグを作るときに役立つまとめを作ってみました。

一発ギャグの仕組み その1


一発ギャグをするときの長さ(時間)は「3~5秒以内の瞬間的なネタ」と、「数十秒のネタ」に分けられます。

「3~5秒以内の瞬間的なネタ」をする場合は、最初から面白いことをします。
一言~三言を言う(+動作を付ける)ネタをします。
(※瞬間的であれば三言以上でも構いませんし、また5秒以内にこだわる必要はありません。とにかく短めにネタをすることです。)

一方、「数十秒のネタ」は種明かし的なネタをします。
ネタの最初(※「起承転結」の「起・承」もしくは「起・承・転」)で、普通の出来事もしくは何をしているのか分からないことをして「謎」を作り出し、最後(※起承転結の「転・結」もしくは「結」)でそれまでしたことの「意味・理由」を明かすことをします。
つまり、観客に対して最初は「何をしているのだろう?」と疑問に思わせ、最後に意味・理由を明かすことで「そういうことだったのか!」と納得感を作り出します。この納得感が大きければ大きいほど面白さにつながります。
※最初に疑問が生まれる「タイトルを言う」をすることでも謎を作り出せます。

一発ギャグの仕組み その2


言葉遊び
誰でも知っている言葉を「ダジャレ(言い換え)」にする。
ダジャレにすることにより、ダジャレ前の言葉とダジャレ後の言葉にギャップを作ります。
※何かと何かが合わさっているが、何かが違う。

掛け合わせ
何かと何かを掛け合わせる。
「台詞」「動き」「声マネ(モノマネ)」など(の「あるあるネタ」)を掛け合わせ、内容にギャップを作ります。
※何かと何かが合わさっているが、何かが違う。

ものまね
何かの真似をする。
※何かと何かが合わさっているが、何かが違う。
  • セリフ・声の真似をする
  • 動き・顔・表情の真似をする
  • 人間以外の何かの真似をする
  • 音・BGMの真似をする

替え歌
誰でも知っている歌を替え歌にする。
※途中から何かが違い始める。
  1. 誰でも知っている歌を歌い始める
  2. 途中から替え歌にする

パロディ
誰でも知っている作品の内容を応用する。
※途中から何かが違い始める。
  1. 誰でも知っている作品を演じる
  2. 途中からセリフや行動をおかしくする

○段オチ
「三段オチ」のように、最初に何かを始め、その流れを続けつつ、最後に意外性を発生させてオチをつける。
最後のオチの部分は「ダジャレ」や「納得させられる(合理的な)内容」にします。
※最後だけ違う。
  1. 一定の流れを行う
  2. 最後にそれまでの流れを裏切る

種明かし
最初に意味不明な謎めいたことを始め、最後に意味を明かす。
※最後に納得感がある。
  1. 意味不明なことを始める
  2. 意味を明かす


一発ギャグの仕組み その3



  • 台詞(ギャグに合った台詞を言う)
  • 歌う(ギャグに合った歌を歌う)
  • あるあるネタな発言(個性的な出来事の発言をする)
  • ものまね(話し方や声色、音やBGMを真似する)
  • 擬音(擬音を言う)
  • 変声(変な声を出す)
  • 大声・怒鳴り声(大きな声を出す)

表情
  • 顔つき(ギャグに合った表情をする)
  • 変顔(変な顔をする)

動き
  • アクション(ギャグに合った動きをする)
  • ダンス(踊る)
  • あるあるネタな動き(個性的な出来事を再現する)
  • 物理的な動き(物理的な動きを再現する)
  • 奇妙な動き(変な動きをする)
  • 痛そうな動き(痛く見える動きをする)

一発ギャグの仕組み その4


聞いたことあるある!
どこかで聞いたことがある言葉や台詞、歌などを真似する。
何かの言葉や台詞、歌などを用意して、(途中から)違う内容に変える。
例: 「いい国つくろう、勝手にどうぞ」(※COWCOW・多田)


見たことあるある!
どこかで見たことがあるあると思う動きや格好の真似をする。
何かの動きや格好を用意して、それを再現すると共にタイトルを言う。もしくは最初にタイトルを言ってから再現する。
例: 「(※両手が芝刈り機に見えるような動作を行い)ウィ~ン」(※ペナルティ・ワッキー)

確かにそうだけどね!
間違ってはないけど、どこか違うよね?と思わせる台詞や行動をする。
あるあるを用意して部分的に違うことをする。

サバンナ・八木さんのギャグで説明すると、「○○の皆さん聞こえますか~」という遠くの人に呼び掛けるあるあるをしていますが、ブラジルという遠い国(※地球の裏側?)だから聞こえるはずもない、という違和感を作り出しています。
例: 「(※地面・床に向かって)ブラジルの皆さん聞こえますか~」(※サバンナ・八木)

一発ギャグの始め方


一発ギャグを突然始めると、見逃したり聞き逃される可能性があります。そうならないようにするためには、観客に注目してもらう準備が必要です。
ギャグをする前に観客から注目してもらいつつ静かにしてもらい、そして場が整ってからギャグを始めます。
また、ギャグに面白いタイトルを付けることによって、面白そうな予感を観客に与えることで興味を引きましょう。

宣言をする
ギャグをする前に、観客に対してギャグをすることを伝える。
例: 「(※すでにギャグをする状況・要望があるとき)じゃあ、やります!」
例: 「(※まだギャグをする状況ではない・要望がないとき)じゃあ、一発ギャグをします!」

タイトルを付ける
ギャグをする前に、観客に対してギャグの内容がわかるタイトルを伝える。
例: 「熟女ギャグをします!」

説明を付ける
ギャグをする前に、観客に対してギャグの内容がわかる説明を伝える。
例: 「殴られても絶対に怒らない医者!」
例: 「桃太郎が途中からマツコ・デラックスに変化!」

もし一発ギャグがスベったら?


一発ギャグを披露した途端、観客が誰も笑わず、場が凍りつく恐ろしい事態が起こるかもしれません。
もし一発ギャグがスベってしまったら、スベったこと自体をボケとしてそこにツッコミを入れる、もしくは「一発ギャグがスベった」と思っている観客の心理に対してツッコミを入れて笑いに変えましょう。

あとがき


素人が一発ギャグをするのであれば、お笑い芸人さんのネタを真似すると簡単に笑いを誘えるでしょう。
一方、プロのお笑い芸人さんが一発ギャグをするのであれば、他人のギャグを真似するのはパクリだと言われて批判される恐れがあるので、まずはボケの仕組みを理解したうえでオリジナルのギャグを作ると良いでしょう。

スポンサーリンク