わずか数秒で笑わせる一発ギャグの作り方

ギャガー(※ギャグを持ちネタにしている人)はどんなネタを作ればいいのか悩んでいると思います。
そこでギャグを作るときに役立つまとめを作ってみました。

一発ギャグとギャグの違いとは?


世の中には「一発ギャグ」のほかに「ギャグ」というものがあります。
言葉としては「ギャグ」の前に「一発」が付いているか付いていないかですが、意味としては似てるようでまったく違うものです。
まずはその違いについて説明します。

一発ギャグ
(ストーリー性を入れずに)「納得感」と同時に「違和感」を作り出す1分以内で行うお笑いネタです。
例えば、お笑いコンビのサバンナ・八木さんは「ブラジルの皆さん聞こえますか~!」という一発ギャグをしています。
しゃがみながら地球の裏側にある(ということにして)ブラジルに向かって呼びかけます。「遠くの人への呼び掛け方(※納得感)」+「ブラジルにまで聞こえるはずもない(※違和感)」という構造をしています。
セリフや動作はありますが、コントのような起承転結を持った展開はなく、ストーリー性がありません。
※ストーリー性がある一発ギャグをする芸人さんもいます。具体的な方法が決められているわけではないので、一発ギャグは自由な発想で行われています。
ただしセリフの量が多かったり、ネタの時間が長ければ「ショートコント」のような印象を与えます。
だからといってダメではありませんが、一発ギャグとしての印象は薄れます。

ギャグ
漫才やコントなどネタの中(最初、途中、最後)で、「特定の言葉(+動き)」を使っているとします。
その言葉を含めた「ネタ全体」の人気が出ると、「特定の言葉(+動き)」だけを取り出して「単体」で行っても笑いを誘えるようになります。この「特定の言葉(+動き)」がギャグです。


ここからは、一発ギャグやギャグ以外のお笑いネタとも比較してみましょう。

一発芸
「一発芸」とは、体(技術)、顔(表情)、声(声質や言い方、発言内容など)、頭脳(発想力)を使った芸を行い、観客から驚きを誘います。
一発芸で重要なのは、「驚き(意外性)」を作り出すことです。そこに思いもしなかった「発想力の高さ」や、日常生活を送る上では不必要に感じる「くだらなさ」が含まれます。
例えば、一発芸として黒柳徹子さんの声マネが激似だったとしたら、「スゲェ!!似てるっ!!(笑)」となります。
その芸を披露する人の普段のイメージや世間の基準からかけ離れた技を披露するほど、「凄み」が生まれ驚きを作り出します。
また、日常生活を送る上で不必要とも思える能力ということから、その発想力や技術力は果たして意味があるのか?という「違和感」から「くだらなさ」が生まれます。

ショートコント
ストーリーを演じるお笑いネタを行い、観客から笑いを誘います。
※ショートコントは一発ギャグとして使えたり、その逆に一発ギャグをショートコントとしても使えます。
一発ギャグをする際にセリフ量が多ければ「演劇」の印象が強まり、ネタの時間が長ければ起承転結的な構造を持つことでストーリー性が生まれショートコントに近づきます。

まとめ
少し難しい話になりますが技術的に説明すれば、ギャグは「意外な構造性(違和感)」だけで作られているので、「単体」では理解しがたく「意味不明」になります。
一方、一発ギャグは「同一的な構造性(似た構造を再現できている納得感)」や「合理的な構造性(論理的な納得感)」(※同一的な構造性や合理的な構造性の中に、意外性も含む)で構成されているため、「単体」でも面白さが成立します。

例: ギャグ「お茶ーーーん!」※「お茶ーーーん」という世の中に存在しない言葉なので意外性だけで構成
例: 一発ギャグ「電話に誰も出んわ」※「電話」と「出んわ」という同一性(同じ発音)と、同音なのに異義語(別の意味)という意外性で構成

ネタの長さ


一発ギャグを披露するときの長さ(所要時間)は「2~3秒以内の瞬間的なネタ」と、「数十秒かけるネタ」に分けられます。

「2~3秒以内の瞬間的なネタ」を行う場合は、最初から面白いことをします。
一言~三言を言い切る(+動作を付ける)ネタを行います。
(※瞬間的であれば三言以上でも構いません。)

一方、「数十秒かけるネタ」は種明かし的なネタをします。
ネタの最初(※「起承転結」の「起・承」もしくは「起・承・転」)で、普通の出来事か何をしているのか分からないことを行って「謎」を作り出し、最後(※起承転結の「転・結」もしくは「結」)でそれまで行ったことの「意味・理由」が判明することを行います。
つまり、最初は「何をしているのだろう?」と疑問に思わせ、最後に種を明かすことで「そういうことだったのか!」と納得感を作り出します。この納得感が大きければ大きいほど面白さにつながります。
※最初に疑問が生まれる「タイトルコール(※ネタのタイトルを言う)」をすることでも謎を作り出せます。

一発ギャグの始め方


宣言
これからギャグを行うことを宣言することで、周囲を静かにさせつつ注目してもらいます。
例: 「じゃあ、やります」(※すでにギャグを行う要望があるとき)
例: 「じゃあ、一発ギャグをします」(※まだギャグを行う要望がないとき)

説明
ギャグの前に内容の説明を付け加えます。
面白さを付け加えることができるうえ、何をするのか観客に期待させることができます。
例: 「○○ギャグをします」
例: 「熟女ギャグをします」

タイトルコール
ギャグの前に内容を表現したタイトルを付けます。
例: 「殴られても絶対に怒らない医者」
例: 「桃太郎が途中から五木ひろしに変化」

仕組み その1


言葉遊び
誰でも知っている言葉を「もじる(ダジャレ)」にします。
もじることにより、もじる前の言葉ともじった後の言葉にギャップを作ります。
※何かと何かが合わさっているが、何かが違う。

掛け合わせ
何かと何かを掛け合わせます。
「セリフ」「動き」「声マネ(モノマネ)」など(の「あるあるネタ」)を掛け合わせ、内容にギャップを作ります。
※何かと何かが合わさっているが、何かが違う。

ものまね
何かを真似します。
※何かと何かが合わさっているが、何かが違う。
  • セリフ・声をマネる
  • 動き・顔をマネる
  • 人間以外の何かをマネる
  • 音・BGMをマネる

替え歌
誰でも知っている歌を替え歌にします。
※途中からズレ始める。
  1. 誰でも知っている歌を歌い始める
  2. 途中から替え歌にする

パロディ
誰でも知っている作品の内容を応用します。
※途中からズレ始める。
  1. 誰でも知っている作品を演じる
  2. 途中からセリフや行動をおかしくする

○段オチ
「三段オチ」の要領で、最初に何かを始め、その流れを継承しつつ、最後に意外性を発生させてオチをつけます。
最後のオチの部分は「ダジャレ」や「納得させられる(合理的な)内容」にします。
※最後にズレる。
  1. 一定の流れを行う
  2. 最後にそれまでの流れを裏切ることをする

種明かし
最初に意味不明な謎めいたことを始め、最後に意味を明かします。
※最後に納得する。
  1. 意味不明なことを始める
  2. 意味を明かす


仕組み その2



  • セリフ(ギャグに合ったセリフを言う)
  • 歌う(ギャグに合った歌を歌う)
  • あるあるネタな発言(個性的な出来事の発言をする)
  • ものまね(話し方や声質、音やBGMをマネる)
  • 擬音(擬音を言う)
  • 変声(変な声を出す)
  • 大声・怒鳴り声(大きな声を出す)

表情
  • 顔つき(ギャグに合った表情をする)
  • 変顔(変な顔をする)

動き
  • アクション(ギャグに合った動きをする)
  • ダンス(踊る)
  • あるあるネタな動き(個性的な出来事を再現する)
  • 物理的な動き(物理的な動きを再現する)
  • 奇妙な動き(変な動きをする)
  • 痛そうな動き(痛く見える動きをする)

仕組み その3


聞いたことあるある!
どこかで聞いたことがあるセリフや言葉、歌などを真似る。
何かのセリフや言葉、歌やBGMを用意して、(途中から)違う内容に変えます。
例: 「いい国つくろう、勝手にどうぞ」(※COWCOW・多田)

見たことあるある!
どこかで見たことあるあると思う動きや格好を真似る。
何かの動きや格好を用意して、それを再現すると共にタイトルを言います。もしくは最初にタイトルを言ってから再現します。
例: 「(※両手が芝刈り機に見えるような動作を行い)ウィ~ン」(※ペナルティ・ワッキー)

確かにそうだけどね!
間違ってないけど、どこか違うよね、と思わせるセリフや行動を行う。
あるあるを用意して部分的に違うことをします。
サバンナ八木さんのギャグで説明すると、「○○の皆さん聞こえますか~」という遠くの人に呼び掛けるあるあるをしています。
でもブラジルという遠い国(※地球の裏側?)だから聞こえるはずもない、というおかしさを作り出しています。
例: 「(※床に向かって)ブラジルの皆さん聞こえますか~」(※サバンナ・八木)

最後に


素人が一発ギャグをやるのであれば、芸人さんのネタを真似すると簡単に笑いを誘えるでしょう。
一方、お笑い芸人さんが一発ギャグをやるのであれば、まずはボケの構造を理解したうえで、ネタを作ると良いでしょう。

スポンサーリンク