文化祭でお化け屋敷!作り方や怖がらせ方

文化祭(学園祭)の出し物で、お化け屋敷を作る際に役立つ情報をまとめてみました。
男子を泣かせたいくらいのお化け屋敷を作りたい人は必見です。

お化け屋敷

役割分担



監督役
すべてを仕切る役。また、外部の人と連絡・交渉する役。
みんなに説明・指示、全体を管理などをする。
※監督役を決めないまま作業に取り掛かると段取りが悪くなるので、一番最初に決めておきましょう。

製作役
屋敷・仕掛け・衣装などのアイデアを考えたり、作る役。
物品の収集・購入、予算の管理などもする。

案内役
屋敷の入り口で、お客(入場者)に対して案内する役。
入場者に対して説明や注意、調整をする(※屋敷内に一度に入る人数を調整したり、中で渋滞しないよう次の入場者が入るタイミングを指示)。
セリフを練習しましょう。また、雰囲気を出すために衣装を着ても良いでしょう。

仕掛け役
屋敷内で隠れ、仕掛けを動かして入場者を怖がらせたり驚かせる役。
仕掛けの動かし方を練習しましょう。

お化け役
屋敷内で(隠れ)、お化けの格好で現れて入場者を怖がらせたり驚かせる役。
動き方やセリフの練習をしたり、メイクの仕方を考えましょう。
※屋敷内で「お化け役」をする以外にも、「役者」として入場者の前に登場する方法もあります。

※以上、様々な「役」のタイプを紹介しましたが、一人で複数の役を掛け持ちすることもできます。
※屋敷内を入場者が自由に出入りできる「放置型のお化け屋敷」を行う場合は、「案内役」「仕掛け役」「お化け役」などは必要ありません。
放置型を行う場合は、入り口と出口にそれぞれ「入り口」「出口」と書いた紙を掲示し、入場者に対して進行方向を示しましょう。
なお、放置型はスタッフが常にいる必要がないため運営が楽ですが、誰もいない屋敷内をイタズラされる恐れがあるので、「見回り役」を決めて定期的に屋敷内の点検を行いましょう。

人はなぜ恐怖するのか?(ナレッジエンタ読本19)
五味 弘文
メディアファクトリー
売り上げランキング: 457,897

必要なもの


遮光カーテン・ダンボール
建物内(部屋の中)を暗くするためは、太陽の光が入らないよう窓ガラスをすべてふさぐ必要があります。
建物内を暗くするほど怖い雰囲気を出せますが、視界が悪くなり大変危険です。
また、消防法や建築基準法という法律があるので、手で取れないくらい頑丈に窓をふさがないようにしましょう。
ちなみに、視聴覚教室に遮光カーテンがあり、スーパーマーケットやコンビニの店員さんに頼めばダンボールがもらえます。

部屋を暗くする方法
  1. (日当たりの悪い部屋を使う)(夜に行う)
  2. 電気を消す
  3. 窓ガラスをふさぐ(窓ガラスのサイズに合わせた段ボールでふさぐ)
  4. 窓やドアの隙間から漏れる光をふさぐ(暗幕でおおう, 隙間を新聞紙でつめる)

電灯
建物内が暗すぎると前が見えないので、電灯(手元から周辺を照らすランタン or 向けた方向を照らす懐中電灯)を用意し、動作確認をしておきましょう。
※電灯を使う場合は、入場者がお化け役に対して光を向けて困らせたり、光が強すぎると屋敷内の荒(手作り感)が目立つ恐れがあります。

ルート(コース)の壁
壁に使うものは材質や加工のされ方によって壁の強度や雰囲気が違います。

  • 建物自体を壁として利用(○: 広く長いルートができる ×: 広範囲を暗くする必要)
  • 机やロッカーなど立体的な構造物を壁として利用(○: 自由なルート作りができる ×: たくさん用意する必要)
  • カーテンや板など平面的な構造物を壁として利用(○: 浮かせた状態にできる ×: 固定させる方法が必要)

費用・必要な面積(必要な枚数)、表面のデザイン・強度、固定の仕方、入手方法・使用後の保管場所・再利用方法・処分方法などを検討して材料を(組み合わせて)選びましょう。
  • 堅い: ダンボール(※切れ目・穴・文字入り), 板(※値段が高い)
  • 軟らかい: 黒色のゴミ袋(※ペラペラ・透け透け), 黒色の紙や布(※値段が高い)

入場者から見えない場所を作る方法
  1. 小壁(上方向を見えなくする※ビニールシートや段ボール板などで作った壁を通路の上に張る)
  2. パーティション(横方向を見えなくする※ビニールシートや段ボール板などで作った壁を通路上に張り出させる)
  3. のれん(前方向を見えなくする※入場者の体に引っ掛からないような素材で作ったのれんを通路の上からぶら下げる)
  4. タワー(進行方向を見えなくする※段ボール箱のような軽い箱を積み重ねて通路上に置く)

机・椅子・教卓・ロッカー
ルートやセットを作るのに使います。
ルートの設計は、仮置きしながらルートを作る、もしくは事前に寸法を測って設計図を作りましょう。

衣装・メイク道具
お化け役や仕掛けに使います。
お化け役はメイクを落す洗顔剤や、洗って濡れた顔や腕などをふくタオルを用意しておきましょう。

音響機器
異世界的な音楽(BGM)を流し続けて怖がらせる、もしくは入場者が近づいてきたときに効果音(SE)を流して驚かせるようにします。
ちなみに、音楽室や音楽系の部室に音響機器があります。

本怖シリーズ サウンド編~幽霊・お化け~
効果・特殊音
日本コロムビア (2005-06-29)
売り上げランキング: 7,674

出入り口の工夫


案内の仕方
  1. 挨拶(例: 「いらっしゃいませ」 or 「ようこそ、お化け屋敷『無限地獄』へ」)
  2. 人数確認・調整、お断り(例: 「5名様でしょうか?屋敷内の通路が大変狭くなっていますので、3名様と2名様に分けて入っていただいてもよろしいでしょうか?」「大変申し訳ありませんが、松葉づえの方は転倒されると大変危険ですので、ご入場をご遠慮させていただきたいのですが?」)
  3. 説明(進み方・注意)(例: 「進み方はですね、○○となっています。途中、○○と書かれたところで○○してください。ケータイ・スマートフォンなど壊れやすい物をお持ちの方はお気を付けください」)
  4. 誘導(例: 「それでは、どうぞ…」)
※説明が長すぎると面倒な印象を受けます。短く簡潔に分かりやすい案内を心がけてください。

入り口
入場待ちをしている人が屋敷内をのぞけるとネタバレします。
入り口は中が見えないよう長いのれんかカーテンを付ける、もしくは構造的に中がのぞけないようにしましょう。

出口
出口は怖さのあまり入場者が勢いよく飛び出してきて転倒したり何かとぶつかるかもしれません。
出口の周辺はスペースを空けたり、壊れ物を保護してください。
ルートの終盤(出口付近)で驚かせないようにしたり曲がり角にすると、入場者が走って出てくることもなくなります。
入口と同様で中が見えない工夫しましょう。

入場者の進み方 4パターン


1. とにかく進む
入り口から出口に向かって進みます。

2. 何かを置いてくる
入り口で案内役(もしくは屋敷内の役者※以下同様)が入場者に対して何かを渡し、所定の場所に置いてくる(入れてくる)ようにします。
※大きい物を置いてくるようにすると回収する手間がかかるので、おふだを箱に入れてくるなど小さな物にしたほうがいいでしょう。

3. 何かを取ってくる
入り口で案内役が入場者に対して何かを取ってくるように指示し、所定の場所で取ってくるようにします。
※大きい物を取ってくるようにすると設置する手間がかかるので、おふだを箱の中から取ってくるなど小さな物にしたほうがいいでしょう。

4. 指示に従う

入り口で案内役が入場者に対して何かをしてくるように指示し、所定の場所で行うようにします。
例えば、所定の場所に設置されている鐘を鳴らしてきてください、と指示します。
※2・3・4に関しては、案内役の説明が不足していたり、所定の場所が分かりづらければ入場者の作業に時間がかかり脱出するまでの時間が長くなります。
所定の場所で指示書(紙・看板など)を掲示しておくと分かりやすくなります。
※参加者に対して何かをするよう事前に指示しておくと、見落とさないよう注意しながら進むようになり、緊張感が高まる効果があります。

ルートの構造


ルートを設計するときは「右折・右回り(時計回り)」の曲がり角が多くなるようにしましょう。
人は左折・左回り(反時計回り)を得意とするので、左の曲がり角を多くするとスイスイと進みすぎます。
そこで右折・右回りの曲がり角を多くすることによって、入場者に曲がりにくさを感じさせることで、曲がる時の緊張感を高められます。

1. M字型
教室の中をアルファベットの「M」のような構造にしてジグザグな通路にします。
この「M字型」は、教室の広さを最大限利用することによってルートを長くできるので、「入場者が屋敷内を長い時間楽しめる」というメリットがあります。
ただし教室にジグザグなルートを作ると、仕掛け役やお化け役の隠れるスペースが作りづらいというデメリットがあります。
また、教室のサイズによっては、Mの形になりません。
お化け屋敷ルート M字型

上の図で説明すると、廊下のうしろ側のドア(画像左下)から入り、道にそって進んでいきます。
曲がり角で驚かせてくるのでは?と入場者に思わせられます。
図の一番右側にある点線は、教壇(教師が立つ台)です。

2. ホール型
入り口から教室の3分の1か半分ぐらいまでルートを作り、残りのスペースをホール(広いスペース)にします。
このホールのどこかに先ほど書いた「何かを置いてくる」「何かを取ってくる」「指示に従う」などの所定の場所を設けて入場者に何かしてもらいます。
この「ホール型」は、仕掛け役やお化け役の隠れるスペースが作りやすいというメリットがあります。
ただしルートが短くなるので、「入場者が屋敷の中を長い時間楽しめない」というデメリットがあります。
こちらは、教室のサイズに左右されることなくルート設計がしやすいです。
お化け屋敷ルート ホール型

「M字型」と同じく廊下のうしろ側のドアから入り、道にそって進んでいきます。
教室の半分がスペースになっているので、仕掛け役やお化け役の隠れるスペースが作りやすそうに見えると思います。
ちなみに、コンセント付近に隠れるスペースを作ると、仕掛け役やお化け役が身を隠しつつ音楽再生機器を操作できます。

出口の設定


1. 入り口と出口が別
入り口と出口を別にします。
所定の場所(※ルートの真ん中ぐらい)で「何かを置いてくる」「何かを取ってくる」「何かをしてくる」ようにしてもいいでしょう。
入り口と出口を別にした場合は、入場者が脱出するまでの時間が短くなります。
先ほどのルートの図で示すと、図の左下から入って右下に脱出します。

2. 入り口と出口が同じ
入り口から決められたところ(※ルートの行き止まり)まで行って、もと来た道を戻ります。
入場者が入っている間は、次の入場者は入れません。
所定の場所で「何かを置いてくる」「何かを取ってくる」「何かをしてくる」ようにするといいでしょう。
入り口と出口を同じにした場合は、入場者が脱出するまでの時間が長くなるので、ルートの長さを設計する段階で調節するといいでしょう。
先ほどのルートの図で示すと、図の左下から入りますが、右下のドアは封鎖しておきます。
「M字型」の場合は図の右下に所定の場所を作り、「ホール型」の場合は図の右上に所定の場所を作るといいでしょう。

屋敷内の盛り上げ方


屋敷内の前半は「怖さ」を重視し、後半は「驚き」を重視しましょう。
「怖さ」は、何か出そうな感じ(スタッフが驚かして来そうと思わせる)と、視覚的な怖さ(気味が悪いと感じるもの)を演出します。
「驚き」は、急に驚かす(動かないと見せかけて動いて驚かす、隠れたところから飛び出して驚かす)といった演出をします。
聴覚的な怖さ(BGMや効果音)と触覚的な怖さ(触れた感覚)も全体を通して演出するといいでしょう。


入口付近から驚かすと演出過剰なので、視覚的な怖さをメインにします。
異世界への導入といった演出をするといいでしょう。


基本は視覚的な怖さですが、驚きを与えます。


驚きを強めます。


出口付近は驚かすと参加者が走って飛び出し、何かにぶつかる恐れがあるので控えます。
視覚的な怖さだけにしたり、屋敷のテーマ(ストーリー)の結末的な演出をするといいでしょう。

脅かす方法


1. 放置タイプ
人形などの仕掛けを屋敷内に仕込んでおきます。
放置しておけばいいのでスタッフを必要としませんが、仕掛け自体が動かないため驚かすことができません(※人感センサーを使い、人の動きを感知して自動で動かすことは可能です)。

2. 仕掛けタイプ
人が手で仕掛けを動かします。
人がスタンバイしておく必要があり、入場者を待っている間は退屈で(笑)、ルート内に隠れるスペースが必要です。
※仕掛け役は事前にトイレに行っておかなければ、行きたくなったときに困ります。

仕掛けには「直接操作」「遠隔操作」「からくり装置」があります。
  1. 直接操作: 仕掛け役が手で操作します。(一人につき、ひとつの仕事をします)
  2. 遠隔操作: 仕掛け役が長い糸(釣り糸・タコ糸)を使う、もしくはリモコンの赤外線を使って遠くにある仕掛けを操作します。一人で複数の仕事ができます
  3. からくり装置: 入場者が装置を動かすと自動的に動きます(※仕掛け直す必要のあるものとないものがあります)

3. 人間タイプ
お化けの格好をした人が入場者を脅かします。
人がスタンバイしておく必要があり、入場者を待っている間は退屈で(笑)(、ルート内に隠れるスペースが必要です)。
※お化け役はメイク前にトイレに行っておくか休憩時間を作らなければ、行きたくなったときに困ります。メイクをしたままトイレへ…(笑)。

怖がらせる方法


人を怖がらせるには、「何かが起こるかもしれない」「何かがいるかもしれない」という状況を作る必要があります。
人が怖さを感じる理由は、「何かに襲われるかもしれない」と思い、緊張感が高まることで起きます。
そこで入場者を怖がらせるには、以下の3点があることが重要です。
  1. 周囲が確認できない: 人間は暗かったり視界をさえぎられると周囲が把握しづらくなり、「何かが出るかもしれない」と不安になります。(例: 暗い部屋)
  2. 突然: 不安な心境になっている時に急に何かが動いたり音がすると一気に緊張感が高まります。その何かが至近距離だと声が出るくらい驚きます。(例: 夜中に誰かと鉢合わせになった時)
    特に、仕掛けが動いたほうが怖さが倍増するので、人の力を使って何かを動かすか、人が怖がらせる方法がいいでしょう。
    さらに、仕掛けが「物」より「人型」のほうが怖さが増します。(例: 人形)
  3. 怖い顔: 普通のキレイな顔より怖い顔のほうが不安感がより強くなり、怖さが倍増します。

部屋を暗くする
例: 窓をふさいで太陽光をなくし、蛍光灯の電気を消して暗くする(※視界が悪くなり危険性が高まります)

通路を狭くする
例: 通路を狭くすることで圧迫感を出し、不安にさせる(※周囲の物とぶつかる危険性が高まります)

視界をさえぎる
例: 出っ張り部分やのれん状の物で目隠しを作り、前が見えないようにしてルートの上・横・正面に何かが出そうにしておく(※入場者に接触する物は引っ掛かる・ぶつかる恐れがあります)

お化け役が隠れていそうな場所を作る
例: 人が隠れそうな大きさの箱(※ダンボール箱やロッカー、大型のポリバケツなど)を置いたり、スペースを作る

仕掛け役が操作できそうなものを置く
例: 人形などの仕掛けの後ろや上下に人が操れそうな状態に見えるようにする

人型や人の顔の仕掛けを使う
例: お化け役、人形、怖い顔などを印刷した紙を仕掛けに使う


脅かす方法


人を驚かせるには、「何かが急に動いたっ!!」「何かの音が急にしたっ!! 」「何かが急にいたっ!!」という状況を作る必要があります。
特にお化け屋敷は「何らかの方法で驚かせてくるだろう」という先入観を入場者は持っているため、前もって身構えることで突然の驚かしに対応しています。そこを驚かせようと思っても非常に難しいです。
そこである方法を取ります。
入場者は「人が隠れられないところでは何も起きない」という先入観を持っています。
この先入観を利用し、人が隠れられそうにもないところで糸を使って物を動かしたり音を出して驚かせると、その後は「どこからでも驚かせられる」という先入観に上書きされ、緊張感が高まって怖さが増します。

怖い仕掛けや脅かし方は、「常時」「突然」「操作」の3つのタイプに分けられます。
  1. 常時: 入場者の視覚や聴覚などに訴えて怖さを感じさせて怖がらせます
  2. 突然: 入場者の不意を突いてビックリさせて驚かします
  3. 操作: 入場者が行動を取るときに、怖がらせます。場合によっては驚かせます

物陰
例: お化け役が潜んでいそうな場所(壁や箱など)を作る

入れ物
例: (所定の位置で)入場者に箱の中に手を入れておふだを取らせる

動きそうで動かない
例: うしろから操作できそうな状態に見える人形を置いておく

動かなさそうで動く
例: お化け役がイスに座ってうつむいておき、入場者が近づいてきた瞬間に動く

急襲(人)
例: お化け役が壁の隙間や物陰から顔・上半身を出す(出しながら叫ぶ)

急襲(声・物音)
例: 仕掛け役が隠れながら声や物音を出す

襲う
例: お化け役が「アァァァァァァ~!!」と言いながら、入場者に近づく

飛び出す
例: 仕掛け役が吊るした人形を入場者が来たら飛び出させる

動かすと気づく
例: (所定の位置で)入場者が箱をどけたところに、お化け役をひそんでいる

動かすと仕掛けが動く
例: (所定の位置で)入場者が箱をどけると、仕掛け役もしくは自動的に人形を落とす

仕掛けの作り方


御札(おふだ)
白色の紙に黒や赤い字、もしくは黒色の紙に白や赤い字で文字を書きます。
画像検索サイトを使い、「御札」というキーワードで検索すると、参考になる画像が表示されます。
  1. インターネットで御札の画像を探し、パソコン内に保存
  2. 画像処理ソフト・サイトを使い、御札を並べた画像を作る(※例えば、一つの画像に10枚表示)
  3. 2を印刷し、(コンビニの)コピー機で複製を作る(※10枚 × 10枚コピー = 100枚の御札)
例: 壁にたくさん張り付ける, 戸や箱状の物に「封印」のようにして貼る(※封印が破れているようにしてもOK)

警告文・マーク・デザイン
何か危険性があるかのような文言やデザインを掲示しておきます。
壁や戸に張り付ける(※警告文字が破れているようにしてもOK)、ルートとは関係のない道をふさぐなどに使えます。
「立ち入り禁止」「通行禁止」「入室禁止」「開閉禁止」「危険区域」「KEEP OUT」「DANGER ZONE」「WARNING」など(※「○○厳禁」など強い文言でもOK)。
どくろマーク, !マーク, 黄色と黒色のシマ模様
※お化け屋敷のテーマが和風か洋風かによって使用言語を選んでください。

怖い文字
紙に怖く感じる殴り書きした文字や文章を書きます。
例: 「痛い」「苦しい」「助けて」「呪ってやる」

新聞の見出し(大きいサイズの文字)を切り抜いて「怪文書」を作る方法もあります。
心理的に誘導する文章(指示もしくは警告文)を掲げておきます。
例: 命令(「○○をしろ」「○○を見ろ」)、制限(「○○を開けるな」「○○を見るな」)

怖い絵
紙やノートに怖く感じる絵を描いておきます。
黒色や赤色のクレヨンや色鉛筆で幼児が殴り書きしたような絵(人物)を描いて、どこかに貼っておくか置いておきます。
例: 絵日記に、三人家族の横に顔が塗りつぶされている女の子

怖い写真
写真の顔をパソコンの画像処理ソフト・サイトを使って加工する、黒色のペンで黒く塗りつぶす、破り取るなど。
※小さな写真では入場者が気付きにくいので大きいサイズで作りましょう。

手形
赤いインクで何かに手形を付けます。
※生乾きのインクで入場者の衣服を汚さないよう気を付けてください。
※足跡でもできます。

ワラ人形
ワラを糸でしばって人形を作ります。
※画像検索サイトで「藁人形」というキーワードで検索すれば、形やヒモを結ぶ位置が分かります。
※スーパ―で「藁納豆」を買えば、藁が手に入ります(笑)。

大型の人形
(紺色の)雨がっぱに新聞紙を詰めこみ、長靴をはかせ、手袋を付けて人型の人形を作ります。
顔を確認できないような姿で設置し、お化け役が入っているかもしれないと思わせて入場者を不安がらせましょう。
騙すために置いておく、もしくは複数の人形の内 一つはお化け役が入っているように工夫できます。
※顔部分を立体的なお面を付けておいてもOK。
※上半身だけなら雨がっぱのかわりにパーカーでも代用可能。

テレビ
テレビを置いておきます。
テレビに何かを映し出す仕掛けかもしれない、と思わせて入場者を不安にさせます。
電力が確保できるのなら不気味な映像を流しておけます。
足の上に落ちると危ないので取り扱いに注意が必要です。


鏡を置いておきます。
通路の横に配置して横切った入場者の顔が映りこむようにします。
割れ物注意、要固定。

印刷
ダンボール箱のふたやロッカーの扉などを少しだけ開けておき、紙に印刷した怖い顔が中から見ているようにします。
他にも、物を置いている隙間から人の顔が見ているようにします。

ここで、怖い顔を印刷した紙の作り方を紹介。
目を見開いたり口を開けたりして怖い顔をした写真をデジカメで撮ります(※頭をうしろや横に傾けたりするなどして怖い顔を演出してください)。
「Google 画像検索」で「呪怨」や「貞子」など、ホラーに関係する「映画名」もしくは「キャラクター名」で検索すると参考になる画像が出てきます。

それを画像処理ソフト・サイトを使って青系や緑系、白黒系の色に変換します。
あとはその画像を印刷するか拡大コピーをして使ってください。

ちなみに、大きなサイズで印刷した紙を張り付ける(例: 戸・壁、床)、はめ込む(例: 窓枠・テレビ枠・鏡枠)などをすると別世界を演出できます。
例えば、怖い何かが裂け目から出ようとしている、割れたガラス・銃弾の跡、お経・魔法陣など。

人形を持たせる
怖く感じるデザインの人形を入場者に持たせてルートをまわってもらいます。
※人形に色付けすると、入場者を汚します。色を付けるのなら色落ちしない塗料を使ってください。
※お化け屋敷のテーマに合わせて和か洋の人形を用意しましょう。

鳴り物
長い糸の先に音が鳴る物(例: 鈴)を付けて鳴らしたり、硬い物を付けて落下させ別の物に当てて音を出します。
仕掛け役が隠れているところからルートの壁の中に糸を張り巡らせると、遠い場所に仕掛けた物でも鳴らせます。

エイリアン
少し厚手の長袖を用意します。
片手だけ袖を通さずに服の中に入れておき、胸の部分に穴を開けて(メイクをした)手を出す、もしくは腕にはめて動かせるエイリアンを作って顔を出させます。
袖を通さなかったほうはハリボテを作って入れておき腕の厚みを演出し、手の部分は手袋でごまかします。

テーマの設定


お化け屋敷のテーマ(世界観・舞台)を決めましょう。
屋敷の雰囲気、お化け役や仕掛け、広告などをテーマに合わせて作りましょう。
  • 学校(※すでに使われなくなった学校をイメージ※廃校)
  • 村(※何かが原因で人がいなくなった村をイメージ※廃村)
  • お墓・お寺・神社(※なにかを供養しているイメージ)

例えば、お化け屋敷のテーマを「廃校」のような「学校に関するテーマ」にすれば、隠さず見える状態にしておいても違和感がありません。
舞台を学校にして「新聞部 or 写真部 or 美術部 or 書道部などの教室に怪奇現象が起こる」というテーマにしておけば、文字や絵・写真を貼り付けられるのでルートを製作するときに雰囲気を作りやすくなります。
用意できる材料(※特にルートの壁やお化け役の衣装)に合わせてテーマ設定をするのがコツです。

屋敷の入り口にテーマに合わせた文面を張り紙にしておくのもいいでしょう。
例: (※黒い紙に白い字で)「教室の中では絶対に(※ここは紙がやぶれていて読めない)しないでください」

注意としては、社会問題になっているので「(生徒が)自殺した」というような不謹慎な設定(※事件・事故に関わるような設定)はやめておきましょう。

実際のお化け屋敷とは?


実際に学生によって作られたお化け屋敷内を撮影した動画のリンク集です。
※動画ごとに室内の光の量が違うので、屋敷内が入場者からどう見えているのか?の参考になります。

プロが作った開催中のお化け屋敷に行ってみると楽しめるうえに勉強になりますよ。

PR動画を作ろう!


お化け屋敷の開催をみんなに知らせるために宣伝用の動画を用意しましょう。
作り方のコツは、ルート上に登場するテーマ(ストーリー)や仕掛けをPR動画に盛り込むことです。
例えば、PR動画内にたくさんの人の手が壁から飛び出してきているシーンを入れます。
そしてルート上につかみかかってくる手を印刷した紙を貼ったり、実際に壁から手を飛び出させます。
動画の内容と屋敷内をシンクロさせることにより、怖さが倍増します。
特に「暗闇の中で、うしろから首周りに手を掛けられるシーン」を入れておくと、実際に屋敷内で「後ろから何か仕掛けて来られるかもしれない」という心理が働くので効果的です。
また、時間の長い動画は視聴者が途中で飽きるので、動画の時間は1分~2分程度の短めにまとめましょう。

人体の演出
動画撮影(または屋敷内の仕掛け)として既存のアイテムを使って演出できます。
  • 毛: ウィッグ
  • 血: 食紅
  • 骨: 骨付きフライドチキン
  • 目玉: 寒天
  • 脳みそ: 白子

容器に「ビーカー」「フラスコ」「試験管」など理科室に置いてある入れ物を使うと人体実験風に、「蓋付きの瓶」など保存時の入れ物を使うと悪趣味風にできます。
演出が過剰すぎると視聴者が体調不良を起こすので、特に子供や女性には見せないようにしてください。
※食品を仕掛けとして使うとカビがはえます。

お化け屋敷をする際の注意点


1-1. 火は使わない
お化け屋敷を作る際は燃えやすいものを多く使うため、火や高温になる電気器具を使うと火災を起こす恐れがあります。
また、(高温時、湿度が高い、通気性が悪いなどの環境で)熱が発生するものを密閉・他の物と接触・他の物と接近・長時間使用した場合などは特に注意が必要です。

属性別に問題が起こりそうな例。
  • 火: 燃え移る, 不始末による再発火
  • 水: 入場者の衣類が汚れる, 床が濡れて滑る
  • 木・草: 先端が刺さる, 葉で切れる, 枯れる, 生臭い
  • 土: 床が汚れる

1-2. 壊れ物は保護する
壊れ物を保護していなければ、驚かせた拍子に入場者が周囲と接触し、破損させた物で怪我をする恐れがあります。
イベント開催中は移動させるか保護するようにしましょう。

1-3. 不適切な表現は使わない
怖さを演出しようとするあまり不適切な表現を使用してしまい、内容に対して注意や批判を受ける恐れがあります。
怖さを作り出す際には異常な物や設定を盛り込むことが多いので、やりすぎると道徳的・社会的に問題のある表現になっている可能性があります。
グロテスクさの加減や特定の場所・物・人物などに怖い印象を持たせる際には注意しましょう。

2. 熱中症対策をする
暑い時期や湿度が高い時期にお化け屋敷を行うと、窓を閉め切っているため熱中症を起こす恐れがあります。
密閉された屋敷内で隠れる仕掛け役やお化け役には大きな負担が掛かります。
水筒を用意してこまめに水分・塩分補給、涼感グッズを使用、休憩時間を用意しておきましょう。

3-1. 事前に警告しておく
怖さのあまり精神面や体の弱い人は、体調を悪くする恐れがあります。
入口に注意書きを掲示しておきましょう。
ちなみに、入り口で注意しておくことで、怖がらせることにもつながります。
例: 「以下の方は屋敷内へのご入場をお断りしています。
心臓に持病がある方、発作性の持病がある方、怖いのが苦手な方、重い怪我人、妊婦、○歳以下のお子さん、重症化するウイルス感染者」

その他、禁止行為の例。
  • イタズラ
  • スタッフへの嫌がらせ
  • ルート上で遅延・居座り・逆行
  • 屋敷内の撮影・録音
  • 過度の再入場
  • 未入場者へのネタばらし

3-2. ヤンチャな男子に警戒する
ヤンチャな男子(グループ)は、強がったりイタズラで仕掛けやルートを壊す恐れがあります。
ヤンチャそうだからといって入場を断ることはできないので、入場後は中の様子に注意を払っておきましょう。
また、お化け役に対して嫌がらせを行う可能性があるので、対処法を用意しておくといいでしょう。

屋敷が完成したらチェック


よしっ、これで完成!というところまできても、まだ気を抜いてはいけません。
最後の仕上げにテストをすることで、お化け屋敷がより完成度の高いものになります。

まず、屋敷の製作に関わっていない人(女子)に来てもらい、スタッフはその人の後ろを黙ってついていきながら完成したお化け屋敷を試してもらいます。
どこで、どういう反応をして、何が良くないのか?を入念にチェックをします。
製作に関わった人が気づかないような仕掛け上の問題点に気づけるかもしれません。
もし問題点があれば、おばけ屋敷をオープンするまでに(何度も)改善することで、「最恐なお化け屋敷」をみんなに披露することができます。
ちなみに、試してもらった人の感想を宣伝文句に使うことができます(例: 「2年・女子 マジ怖かった!」「3年・Sさん あの仕掛けはスゴイ!でも言えない!」)。
さらに、運営中にも問題点を洗い出し、調整しながらより良いお化け屋敷を目指します。

屋敷
  • 脱出するまでの時間をストップウォッチで計測し、入場者の入場調整や待ち時間の計算に役立てる

仕掛け
  • 思い通りの動きをするか?


  • 案内役が入場者に対して行う説明は適切か?
  • 仕掛け役やお化け役が隠れる際に負担が掛かりすぎてないか?
  • 仕掛け役やお化け役の隠れている姿が入場者にバレてないか?
  • 驚かした時に危険性を感じないか?
  • 入場者が迷いすぎる場所がないか?
  • BGM・効果音は正しく聞こえるか?

あとがき


昔、学生だった頃に、文化祭でお化け屋敷を体験しました。
静まり返った薄暗い教室の中を恐る恐る道なりに進んでいき、出口の明かりが見えるまでこれといった仕掛けはありませんでしたが(笑)、雰囲気は十分味わえました。
いま振り返れば、テーマパークにあるような「ホンモノ」のお化け屋敷に比べると質は低かったですが、ドキドキワクワクした思い出はいつまで経っても鮮明に覚えています。
学生さんは、テーマパークにあるようなホンモノのお化け屋敷に引けを取らないぐらいの物を作るガッツがあるんじゃないかと思います。
怖がらせる側も怖がらせられる側も、何十年後も思い出に残っているようなお化け屋敷体験をエンジョイしてもらいたいです。

スポンサーリンク