友達・恋人がいない人が人と出会える場所

友達・恋人がいない。
今の交友関係では物足りず、もっと誰かと交流したい。
そんな悩みを持つ人のために「人と知り合う方法」について書いています。

どこで人と知り合えば良いのか?


テレビで活躍しているタレントさんが交際報道されることがあります。
タレントさんによっては何度も交際報道をされているのを見かけます。
うらやましい限りですが、なぜ異性と簡単に出会うことができるのか?
それはタレントという職業は「いろいろな人との出会いが多い」という点が上げられます。
タレントは決まった職場(レギュラー番組)がありますが、ゲストにいろいろなタレントさんが呼ばれます。
また、どこかの番組から呼ばれたり、ロケなどで移動する仕事が多いのでたくさんの人と出会う機会が多いのです。
とにかく一年のうちに「同じ人とだけコミュニケーションを取り続けていない」し、「同じ環境だけに居続けてはいない」のです。

一方、一般人の場合は、「一日の間に身近な顔見知りの人としかコミュニケーションをとらない」ことが多いです。
つまり、学生だと自分の教室や学校内の人。会社員だと自分の職場内の人。
当然、一日を過ごす場所に好みの人がいなければ、その時点で仲良くなれる人はほぼゼロになってしまいます。
仮に話しかけて話が盛り上がらなければ、身近にいる人だけに顔を合わせる機会が多く、気まずいことになります。
そこで話しかけるかどうかで悩んだすえ諦め、それを繰り返すうちに黙って一日を過ごすほうが楽という保身的な考え方を持つようになります。
もちろん周囲にはたくさん人がいるのですが、話しかけられるのを期待しているので、誰も声を掛けてくれないと「無視されている」とひねくれた考えを起こす原因になります。

ではどのようにして人と知り合えば良いのか?
まず人との出会いが少ない生活をしている人は「新しい環境へ行く」ようにしましょう。
毎日決まった環境で過ごすだけではなく、初対面の人との出会いを増やすようにします。
もしかしたら誰かが向こうからやってきて話しかけてくれるかも、なんていう甘い期待を持っていてはダメです。
できれば「話しかけても相手がその場から離れる可能性が低い場所に行くこと」をおすすめします。
要は、「相手が同じ空間から離れられない限り、話しかけるチャンスが多く」なります。

ちなみに、ナンパをしている人をイメージすると、道で見かけた人に声を掛けているのを思い浮かべると思います。
実は、ナンパという方法には問題があります。
ナンパというのは相手が移動していたり、これから移動するかもしれない人に声を掛けていることが多いのです。
「その場から離れる人(離れるかもしれない人)」に対して誘っているので「断られる可能性が高い」ということになります。
だから、「相手がその場所から離れる可能性が低い場所で声を掛けるのが良い」という訳です。

例えば、お店にいる場合、何かを注文していたり、サービスを受けながらその場所にいます。
注文をしたものをほったらかしにして帰る、ということは絶対にないわけです。
なにかしらの理由で人がその場から離れられない状況というのを思い出してみてください。
そこで声を掛けるのが最適な方法ということになります。
ただし間仕切り(座る位置が離れる・個室)があるような場所だと相手と接近することがないので、人同士が接近するような場所に限ります。

また、「仲間意識が高まる場所」もおすすめです。
「特定のことに興味を持っている集まり」に参加すると「特定のことに対してお互いに共感が持てるので好意的になりやすい」し、「同じ話題を共有しているので話しかけやすく」なります。

もし新しい環境で人に話し掛けたけれど話が盛り上がらなかった場合はどうすればいいのか?
答えは簡単です。盛り上がらなかったら、その場所に行かないようにすれば気まずい思いをせずに済みます。そして次の出会いへ向かいましょう。

人と接するのがつらい―人間関係の自我心理学 (文春新書 (074))
根本 橘夫
文藝春秋
売り上げランキング: 12,438

人と出会える場所


具体的にどういった場所で、どのような方法で、人と知り合えばいいのか例を挙げます。

誰かに紹介してもらう
知り合いや結婚相談所に誰かを紹介してもらえるよう頼んでおき、見つかったら相手の情報を聞いて気に入れば会い、気に入らなければ会わないようにします。
知り合いに頼む、もしくは新聞・地元紙・情報誌・インターネットなどで業者を探すといいでしょう。
事前に相手の情報を知る(選ぶ)ことができます。
×知り合いの紹介だと会った相手がイマイチな人だった場合に断りづらいです。
一方、業者に頼む場合は費用が必要です。
リスクを避けるのなら、一対一で会わずに数人で会うようにしましょう。

合コンに参加する
知り合いに合コンがあれば誘ってくれるよう頼んでおき、決まったら食事会をします。
異性と交流する機会が多い知り合いに頼んでおく、もしくは専門の業者を探すといいでしょう。
複数の異性と出会えます。
×仲間と相手メンバーの取り合いになるかもしれません。
一方、業者に頼む場合は費用が必要です。
共通の話題で会話ができる合コンにしたり、一緒に何かを楽しむ(遊ぶ)合コンにするといいでしょう。

学校や会社の行事に参加する
学校や会社の行事で行われる交流会のような催し物に参加します。
学校(部活・サークルの新歓、文化祭・学園祭)、会社(新歓、社員旅行、忘年会・新年会)で探しましょう。
同じ所属なので仲間意識があります。
×付き合いを誘って断られたときに、今後も顔合わせるので気まずくなります。
また、参加費が必要になる場合があります。
リスクを避けるのなら、一人で話しかけずに数人で話しかけるようにしましょう。

サークルに参加する
サークル(集まり)を探して参加し、人と出会います。
新聞・地元紙・情報誌・インターネットなどや、学生であれば学校で探しましょう。
たくさんの人に出会えます。
×参加して良さそうな相手がいなければ、参加し続けるか脱会するしかありません。
また、相手との関係を解消したときに、サークルに出るのが気まずくなります。
場合によっては、参加費が必要になる場合があります。
作業中に会話ができるサークルに参加しましょう。
また、自分の年齢に合った参加者が多いサークルを選びましょう

スポーツを始める
興味の持てるスポーツを探して参加し、練習所・スタート地点・ゴール地点・休憩地点で人と出会います。
雑誌・インターネット、スポーツ用品店で探しましょう。
健康促進につながります。
×自分に合うスポーツを見つけるのが難しいです。
また、スポーツを始めるときに費用が必要になります。
身近なところではジョギング、ハイキング、フィットネスジムがあります。
※上記の「クラブ活動/活動団体の例 - Wikipedia」のリンクにスポーツの種類が列挙されています。

習い事を始める
何かを習う教室を探して参加し、気に入った人がいれば話しかけます。
新聞・地元紙・情報誌・インターネットなどで習い事を探しましょう。
たくさんの人と出会えます。
×授業料が必要になります。
また、参加して良さそうな相手がいなければ、有料の習い事の場合は出費のリスクがあります。
作業中に会話ができる習い事に参加しましょう。

ボランティアに参加する
ボランティア活動を探して登録しておき、決まったら派遣先で活動して、人と出会います。
ボランティアを募集している役所サイトで探しましょう。
慈善活動に参加できます。
×活動が一日だけだったりと期間が短いです。
共同作業をするボランティアを探しましょう。
自分の年齢に合った参加者が多いボランティアを選びましょう

イベントに参加する
会社が主催しているイベントを探して参加し、人(※イベントに集まっている人)と出会います。
見学や撮影系(例: コスプレ会)・販売系(例: フリーマーケット)・入場系(例: 歌手のライブ)などのイベントを探しましょう。
たくさんの人に出会えます。
×イベントが一日だけだったりと期間が短いです。
自分の得意分野のイベントに参加しましょう。

有料のイベントに参加する
イベント会社が主催している企画を探して参加し、人(※イベントに一緒に参加している人)と出会います。
食事系(例: 食べ放題)・運動系(例: ヨガ教室)・見学や旅行系(例: バスツアー)などのイベントを探しましょう。
たくさんの人と出会えます。
×時間・期間が限られています。
参加費が必要になります。
困ったことを助けてあげるように話し掛けるといいでしょう。

有料の交流イベントに参加する
イベント会社が主催している交流イベントを探して参加し、人(※イベントに出会いを目的として参加している人)と出会います。
新聞・地元紙・情報誌やインターネットなどで交流イベントを探しましょう。
交流の段取りがセッティングされています。
×参加費が必要になります。
事前に自分のセールスポイント(※職業、趣味、家庭事情、収入など)をまとめておき、相手の好みに合わせていつでも言えるようにしましょう。

イベントを起こす
パフォーマンスをするイベントを行い、集まった人(観客・ファン)とコミュニケーションを取ります。
開演系(例: 路上ライブ、ライブハウス)、訪問系(例: 施設内で披露)など。
※逆に、パフォーマンスを見に行き、交流するという方法もあります。
好意を持たれてから話すことができます。
×イベントを起こすには地権者・施設管理者の許可が必要です。
また、イベントを始めるときに費用が必要になります。
見学者にもパフォーマンスに参加してもらい盛り上げましょう。

インターネットをする
パソコンやケータイ・スマートフォンのインターネット上で気に入る人を探して交流し、仲良くなったら場所を指定したり連絡先を交換したりして実際にどこかで会います
SNS(Tiwtter・Facebook・mixi)、無料通信アプリ(LINE・カカオトーク)などで探しましょう。
自宅にいながら誰かと知り合えます。
×相手がプロフィールを偽っている可能性があります。
リスクを避けるなら、一対一で会わずに数人で会うようにしましょう。

ナンパをする
どこかで気に入る人を探して見つけたら声をかけ、食事か遊びに誘います。
街中や遊ぶ場所で探しましょう。
好みの見た目の人を選んでから声をかけられます。
×ナンパ行為は恥ずかしいです。
共通の話題で会話ができる場所で探したり、一緒に何かを楽しめる場所で誘いましょう。

間仕切りのない店に行く
他人と近い距離で飲食・遊興できるお店を探して行き、人(客)と出会います。
立ち飲み系(例: 居酒屋)、観戦系(例: スポーツバー)、ダンス系(例: ディスコ)、入浴系(例: 温泉)などのお店を探しましょう。
お店で楽しみつつ誰かと出会えます。
×お店に入るまでどんなお客がいるのかが分かりません。
また、飲食費・入場料などが必要になります。
お金を使い込み過ぎない程度に常連客になり、いろいろな客と出会いましょう。

接客サービス店に行く
お客を相手にサービスを行っているお店を探して行き、店員とコミュニケーションを取ります。
カウンター系(例: 居酒屋、バー)、キャラ系(例: メイドカフェ、執事カフェ)、接触系(例: マッサージ、美容)、お酌系(例: キャバクラ、ホストクラブ)などのお店を探しましょう。
店員はお客相手なのでやさしいです。
×通常のお店に比べて商品やサービスの料金が高いです。
あくまでお客としての扱いなので、それ以上の関係は難しいです。
お金を使い込み過ぎない程度に常連客になり、店員と仲良くなりましょう。

キャストを派遣してもらう
お客を相手に一緒にいてくれるサービスを行っている業者を探して申し込み、キャストとコミュニケーションを取ります。
インターネットで彼女系、彼氏系、友達系などの業者を探しましょう。
キャストはお客相手なのでやさしいです。
×あくまでお客としての扱いなので、それ以上の関係は難しいです。
また、利用料金が必要です。
お金を使い込み過ぎない程度に常連客になり、キャストと仲良くなりましょう。

シェアハウスに住む
共同で住む人向けに家を貸し出している業者を探して契約し、他人と一緒に住みます。
インターネットで「シェアハウス (※都道府県名)」で検索し、シェアハウス業者を探しましょう。
家事を分担したり家賃の負担を減らせます。
×プライバシーやプライベートを確保するのが難しいです。
また、家賃などが必要です。
自分好みの人が住んでいる家を探しましょう。

おすすめサイト



人と会うときの注意点


新しく知り合った人に会うときには相手が信用できるかどうか注意しましょう。
世の中にはお金や体、怪しい団体への勧誘などの目的で近づいてくる人がいるので、だまされないように気を付けましょう。


個人情報を教えない
打ち解けているのにもかかわらず住んでいる場所、勤め先を教えてくれない(※相手もあなたのことを警戒するので、すぐには教えてもらえない場合もあります)。
悪いことをしていると身元がバレないようにするため個人情報を教えてくれません(※嘘の情報を教える可能性もあります)。
家に入らせてもらえない、話に不自然な点がある、特定の話になるとそらす、などに注意。

重要な情報を教えない
彼氏・彼女、夫・妻、子など関係者の存在、借金や病気など、今後の付き合いに影響を及ぼす情報を黙っている。
ばれるとトラブルになったり、あなたに金銭的や労力的な負担が掛かるので情報を伏せています。
家に入らせてもらえない、話に不自然な点がある、特定の話になるとそらす、などに注意。

恐い行為・存在をちらつかせる
加害行為(をほのめかす)、別の恐い人の存在をほのめかす・同席させる、別れ話を切り出したりするなどして何かを要求する。
恐怖感や暴力を与えてきたり、関係を断つと不安をあおります。
恐い思いをさせられたら警察に相談しましょう。

あなたが問題を起こす
あなたが恥ずかしい行為をしている、条例や法律に触れる行為をしている、何か(情報)を把握していない。
あなたの問題行為(落ち度)に付け込んで脅してきます。
あなたが恋人持ち・既婚者、恥ずかしい文章・音声・画像・映像などを相手に送っている(送ってと言われる)、相手が未成年などに注意。

お金の話になる
お金が足りない(後で払う)から出してと言い出す、お金を増やしてあげるから出してと言う、高額な商品・契約を取り扱うお店に連れて行かれる、お金で解決しようと言い出す。
困ったふり(嘘)をしたり不安をあおったりして多額の現金(契約)を要求します。
万単位でのお金の催促、頻繁に借金、貴金属・美術品やマンション・家の見学、などに注意。

都合のいい場所に移動される
人がいない場所に誘う、誘惑や接触目的で真横に座ろうとする、あなたを奥の席に座らせて移動できないようにする。
人が多いところ(人が見ているところ)で会う約束には応じず誰もいない場所に誘おうとします。
自分か相手の家、車への同乗・カラオケボックスなどにしつこく誘う、などに注意。

お酒を強引に進められる
お酒をたくさん飲ませて判断力や抵抗力を失わせようとする。
飲ませて陽気にさせて都合の良い返事・行動をさせようとしたり、眠気や体調不良の状態を作り出して無抵抗の状態にする。
飲むのをしつこく誘う、勝手に注文する、何度もお酒をつぐ、ノリが悪いと文句を言う、などに注意。

人を見極めるときのポイント


お金
お金に困る人は計画性に乏しかったり、金銭感覚が常識からかけ離れていることがあります。
相手の収入が多くなければ、お金が足りなくなったときに催促される可能性があります。
借金(経験、現時点の未返済額)、金使い(一回当たりの使用額、日頃の回数、使用目的)などに注意。

人間性
人間性に癖のある人は一緒にいると迷惑を掛けてきたり、心配を掛けてくることがあります。
相手が理性や一般的な感覚を持ち合わせていないと、被害に合います。
性格(短気、暴言、暴力)、お酒(酔ったときに前述の「性格」同様の行為)、異性(異性交遊好き)、仕事・趣味(一般的に敬遠される内容)などに注意。

負担
相手が何かしらの事情を抱えているとあなたに負担が掛かってくることがあります。
相手に努力や経済力、サポートする人がいなければ、あなたにも負担が掛かってきます。
病気・障害(肉体的、経済的)、家族の面倒(親、子)、事業(跡継ぎ)などに注意。

距離
相手の活動の場所によっては一緒にいたくてもいられないことがあります。
一緒にいられない間に、相手が別の人を気に入る可能性があります。
学校(別の志望校・遠い志望校、部外者立入禁止の寮)、仕事(就職先・転職先、転勤先・配属先、仕事の時間、休日の曜日)などに注意。

スポンサーリンク

スポンサーリンク