有名人・芸能人へのプレゼントの送り方

応援しているタレントさんにあなたの気持ちを届けるためのプレゼントの送り方を紹介します。

はじめに


これから読んでいただく記事の中に「タレント」という表記があります。
もしプレゼントを贈りたい相手が「タレント」以外の職業をしている方の場合は、「タレント」という表記の部分を贈りたい相手の職業に置き換えながら、お読みいただければと思います。

計画の立て方


プレゼントを準備するには、どのような計画が必要になるのかをまとめてみました。
  • いつ(何年・何月・何日・何曜日・何時何分頃)贈るのか?
  • どこに贈るのか?
  • 誰に贈るのか?
  • 何を贈るのか?
  • どのような理由で贈るのか?
  • どのような方法で贈るのか?
  • 物だけ贈るのか?
  • どのくらいの予算で贈るのか?

いつ?
毎年の行事であれば、タレントさんに関わることや一般的なイベントのときに合わせて贈りましょう。
一方、何らかのきっかけに合わせて贈るのであれば、タレントさんの状況・状態などに合わせて明るい気持ちになってもらいたいときや共感したときに贈りましょう。
  • 行事(例: 誕生日・成人, バレンタインデー・ホワイトデー, クリスマス, 入学・卒業)
  • 祝福(例: 初○○・○周年, 受賞・記録達成・合格, 就任・昇進, 結婚・出産)
  • 所属(例: 入る・出る)
  • 活動(例: 始める・終える)
  • 激励(例: 祈願, 支援)
  • 要望(例: 署名・嘆願書)

どこに?
プレゼントの受け取りのルール、タレントさんの活動・行動の仕方などに合わせて届け方を決めましょう。
  • 所属事務所に届ける
  • 仕事先に届ける
  • 本人に手渡し

ちなみに、百科事典サイト「Wikipedia」では所属事務所や仕事先の住所などを調べることができます。
Wikipediaでタレントさんの名前を検索すると、「所属事務所の名前」や「生年月日(誕生日)」などがわかります。そのほか、役立つ情報があるかもしれません。

誰に?
届ける相手を決めましょう。
  • 本人(届けたい相手)
  • 全員(グループの人数分, グループに1つ)
  • 周辺(マネージャー・スタッフ・所属先関係者, 仕事先関係者, 家族・ペットなど)
※本人の周辺の人には、タレントさんを支えているお礼的な意味合いで贈るといいでしょう。

何を?
プレゼントの状態について。
  • 注文品(お店・ウェブサイトから送られたもの)
  • 未開封の商品(商品の入れ物や封などをはずしていないもの)
  • 開封済みの商品(商品の入れ物や封などをはずしているもの)
  • デコレーション(自分で商品に装飾したもの)
  • 手作り(自分で一から作ったもの)
※注文品や未開封の商品は味気ない印象になりますが、安全性が高い印象があります。一方、デコレーション・手作りは(物により)安全性が低い印象がありますが、気持ちがこもっている印象があります。

プレゼントの種類について。
  • 観賞用(※飾って見る)
  • 日用品(※使い切る※売れていない人は助かる。)
  • 家庭用品(※使い続ける※売れていない人は助かる。)
  • 衣料品・服飾品(※身に付け続ける※売れていない人は助かる。)
  • 収集品(※集めている※まだ持っていないものはうれしい。)
  • 意味のある品(※誕生石・誕生花や花言葉のある花、お守りなど※意味がわかるとうれしい。)
  • 化粧品・ケア用品(※肌につける※親しいファンでなければ危険なので難しい。)
  • 飲食品(※口の中に入れる※親しいファンでなければ危険なので難しい。)
※「売れていない人=安い給料の職業をしている人・地位が低い人・新人・仕事が少ない人」
※「親しいファン=仕事としての交流以外のときでも気さくに話す仲」

どのような理由で?
プレゼントを届けるタイミングを決めましょう。
  • 定期(時期的なイベントのときに)
  • 共感(良い状況が起きている最中・状況後に※不定期)
  • 心配(大変な状況の最中・状況後に※不定期)
  • 援助(活動・生活を助けるために※継続的)

どのような方法で?
プレゼントの届け方を考え、問題がないか調べておきましょう。
  • インターネットで調べる・尋ねる(※情報がない?誰も知らない?)
  • 関係先に電話などの通信手段で確認する(※問い合わせ先がない?迷惑?)
  • 現地で関係者に確認する(※プレゼントを持って行って断られたときに、手荷物になる。)
  • 本人に直接確認する(※プレゼントを渡そうとして断られたときに、お互い気まずくなる。)

特に重要なことは事前に調べておいてください。
  • そもそもプレゼントを受け付けているのか?
  • プレゼントとして計画しているものは、受け付けてもらえるのか?
  • プレゼントしても大丈夫な金額(上限)はいくらなのか?
  • どのようにしてプレゼントを届ければいいのか?

※相手への質問の仕方が悪ければ、求めている情報を得ることができません。また、相手から思いもしなかった返答が来て戸惑い次の言葉が出てこなくなるということがないよう事前に質問内容など詳細をまとめて記録しておき、すぐに確認できるようにしておきましょう。
※交流イベントをしている、入り待ち・出待ちをして話しかけられる、SNSで交流できるなどの場合は、「ほしいもの」「興味のあるもの」、「OKなもの」「NGなもの」、「サイズ」「デザイン」などを聞いておくことができます(※不快に思わせる質問はしないようにしてください)。
※公の場(インターネット上など)でファンからのプレゼントを告白・画像公開しているタレントさんであれば、好みや基準の参考になります。

物だけ?
プレゼントに他のものを付け足してもいいでしょう。
  • プレゼントにメッセージ(カード・手紙など)を添える。
  • プレゼントを関係者から本人に渡してもらう場合、伝言を頼む。
  • プレゼントを本人に直接渡す場合、言葉を添える。

どのくらいの予算で?
プレゼントの予算(費用)を用意しましょう。
  • 商品代(物自体。※自作であれば、製作費。)
  • 包装代(物の外側を包むもの。)
  • 装飾代(物や包装を華やかに見せる飾り。)
  • 緩衝材代(物と包装との間に入れて隙間をなくすためのもの。※壊れ物に必要。)
  • 送料(物を送る料金。※手渡しなどであれば、無料。)

届け方


営業所・集荷サービスから送る
荷物を送ることができる営業所(宅配便事業者・郵便局)や宅配便の集荷サービスをしている店舗(コンビニなど)に行き、必要な手続きをして料金を支払い、タレントさんの所属事務所・仕事先などに送ります。
荷物を送るときには、送り先(宛先)の「郵便番号」「住所」「氏名(宛名)」「電話番号」、「荷物の内容」(「到着日時(時間帯)」)などの記入が必要です(※事前に送り状(伝票※記入する紙)をもらっておき自宅で書いて持っていくといいでしょう)。
※遠い場所に住んでいても、届けることができます。
※送り先の情報がなければ、届けることができません。
※記入する「送り先の住所」が不完全な場合や送り先に荷物を受け取ることができない何らかの事情がある場合などは、送り主の元に戻ってくる恐れがあります(※以下同様です)。
※手数料・送料などがかかります。
※宛先・宛名などを従業員に確認されるので、恥ずかしいです(笑)。
※する人はいないと思いますが、着払い・代金引換には絶対にしないでください(※以下同様です)。

お店・ウェブサイトから送る
商品を送ることができるお店(店頭・ウェブサイト)で、必要な手続きをして料金を支払い、タレントさんの所属事務所・仕事先などに送ります。
基本的には、上記「営業所・集荷サービスから送る」と同じです。
※商品がファンの手に渡っておらず未開封なので(特に有名なお店・ウェブサイトから届いたものであれば)、安全性が高い印象があります。
※ウェブサイトを利用すれば、従業員とやり取りすることなく届けることができます。
※ショーケース内・画面上にあるものを指定して送るので、商品を直接確認できません。

仕事先に頼む
プレゼントをタレントさんの仕事先(劇場・イベント会場など)に持って行き、受付でタレントさんに渡してもらうよう頼みます。
※受付の人に様々な情報を尋ねたうえで、届けることができます。
※他の方法と比べ、お金がかかりません。
※人気のあるタレントさんであれば、「プレゼントの受付箱」のようなものが仕事先に設置されている場合があります。
※断られたときにお互い気まずいうえ、手荷物になります(※以下同様です)。

本人に直接渡す
握手会、サイン会、撮影会、商品販売イベントなどに参加したとき、入り待ち・出待ちをしたときなどに、プレゼントをタレントさんに手渡します。
※顔を合わせて会話をしながら、渡すことができます。
※タレントさんのカバンに入りそうなサイズのものを渡す、手提げ袋に入れて渡すなどにすると、移動時でも持ち運びしやすくなります。
※観客との距離が近い会場で活動している(地方・小規模で活動している)タレントさんの中には、交流イベントをしていることがあります。人気のある(※全国・大規模で活動している)タレントさんとは違い、ファンを一人でも多く増すために交流する機会を作っていることがあるので、プレゼントを渡しやすくなります。
※イベントの参加には、条件(商品の購入、抽選に当選など)を満たす必要があることが多いです。
※入り待ち・出待ち、待ち伏せ・追っかけ、声をかける・物を渡すなどの行為を禁止している場合があります。

対応のされ方


絶対に受け付けない
スタッフが中身を確認し、処分するか、または送り主に返します。
※高額なものや貴重なものなどであれば処分するにはもったいないので、送り主に返します。場合によっては「寄付」する場合もあります(※以降同様です)。

事前に所属事務所や仕事先、タレントさんの公式サイトなどで調べておきましょう。
ファンからのプレゼントに対して基準が厳しい人気アイドルのホームページで、受け付けていないものを調べておくと参考になるでしょう。

※検索サイト「Google」の検索ボックスに「site:○ プレゼント」(※○の部分には、サイトのURL)と入力し検索すると、プレゼントについて書かれたページが見つかることがあります。これは指定したサイト内に絞って特定のキーワードを含むページを探し出す方法です(※指定したURL以外のサイトは検索結果に出ることはありません)。例えば、「site:https://www.akb48.co.jp/ プレゼント」と入力し検索すれば、アイドルグループ・AKB48の公式サイト内から「プレゼント」というキーワードを含むページを探し出します(※「ファンレター」というキーワードを使ったほうが見つかりやすいかもしれません)。もし一致するページが無ければ、何も表示されません。 ちなみに、この方法をタレントさんのSNSのURLで使うと、ファンからもらったものを公表しているページが見つかることがあります。

中身を確認してから本人に渡す
スタッフが中身を確認し大丈夫なものと判断されれば、本人に渡します。もし問題があると判断されたら、処分するか、送り主に返します。
※連絡先を書いた部分は、個人的な交流を防ぐために取り除かれる可能性があります(※以降同様です)。

中身を確認せずに本人に渡す
スタッフが中身を確認しないで、本人に渡します。
※連絡先を書いている場合は、タレントさんに渡ります。

以上、届けられたプレゼントはタレントさんが「自宅に持ち帰る」「身に付ける」「使う」「設置する」、「所属事務所・仕事先に預ける」などになると思われます。
一方、プレゼントをタレントさんに直接渡そうとした場合は、「受け取ったうえで、自宅に持ち帰るか所属事務所・仕事先に預ける(+スタッフに中身を確認させる)」「その場で身に付けるか(一緒に)使う」「断られる」などになると思われます。
※プレゼントをタレントさんに直接渡す場合、連絡先を書いたものを一緒に入れてなければ、高額なものや貴重なものなどでも返されなくなります。
※事務所に所属せず個人で活動しているタレントさんの場合は、本人が確認すると思われます。もちろん、本人の基準で対応されることになります。

贈ってはいけないもの(NGなもの)


現金・金券、お金に相当するもの
タレントさんへの教育に良くないという理由で、所属事務所の方針として受け付けていない可能性が高いです。
タレントさんの金銭感覚、ファンとの関係性、ファンの経済事情など、様々な問題が発生する恐れがあります。
基本的に、お店・ウェブサイト、精算機などで支払いに使えるものはダメです。現金だけでなく、カードや券も同様でしょう。
お金をプレゼントできるのは、おひねり(チップ)を渡す慣習があるショーパブや大衆演劇など「特定の職業の人」だけでしょう。

高級品
値段が高いものは困らせることになります。
気をつけたいのは、届けられたプレゼントの値段は所属事務所が判断するので、「見た目が高価なもの」を贈るとダメかもしれません。例えば、高級ブランドの名前やロゴが入っているものは厳しいでしょう。
また、受け付けている物の値段(上限)は所属事務所ごとやタレントさんの年齢・職業などで違うかもしれません(※とあるアイドルの方がテレビで取り上げられた時には、1万円ぐらいまでと放送されていました)。
※「高級品」は上記の「現金・金券、お金に相当するもの」と同じ扱いになると思います。また、お店に持っていけば、高額で買い取ってもらえるものも同じです。受け取る慣習がある特定の職業の人でない限り、断られるでしょう。

生もの
食べ物、植物、生き物など腐るもの・枯れるもの・死ぬものは困らせることになります。
食べ物に関しては嫌がらせが来るかもしれず、体内(口)に入れるものや体外(皮膚・目など)につけるものは危険なので、処分されると思います。
植物に関しては、お祝いの花はセーフだと思いますが、育てるものであればやめておいたほうが無難です。
生き物に関しては、育てる必要があるので困らせることになります。

大き過ぎる物
両手で持つぐらいの大きな物や重い物は迷惑をかけます。

金属系の物
スタッフが不審物が入っていないか金属探知機で検査するので、反応する可能性があります。
届けられたものをしっかりと調べる事務所は、盗聴器(※会話が聞ける)、盗撮器(※映像が見られる)、GPS(※居場所がわかる)などが中に仕込まれている可能性を考えるので、探知機が反応すれば除外すると思います。
例えば、ぬいぐるみの中に盗聴器が仕込まれている可能性を考えてチェックすると思うので、たとえ外見上は機械でなくても内部の一部が金属ならダメかもしれません。
機械類はかなり厳しいと思います。
動力を持ったものやエネルギーを生み出すものなどは危険と判断されやすいと思われます。
ただし、内部が複雑な構造をしていない(※内部構造自体がない)金属類はセーフかもしれません。
また、表向きは日用品に見えても内部が別物といった(防犯目的として販売されている商品だとしても)悪用されるものが世の中には存在します。
例えば、アイドルにストーカー対策として防犯ブザーをプレゼントしても中身が盗聴器などの恐れがあるので、持ち歩くことはないでしょう。

その他
対象年齢に合わないもの、性的な印象を受けるもの、不快感・恐怖感を感じるもの、ファン自身の何かを撮った・録った・取ったものなどはやめておきましょう。
また、お祝いなどマナーを守らなければ、相手に不快な思いをさせる可能性があるものは気をつけましょう。

※収入(所属事務所・仕事先にとっては収益)が大きい(全国・大規模で活動している)タレントさんの場合は、問題があったときに大きな損害が出るので対応が厳しくなると思われます。一方、(地方・小規模で活動している)収入が小さいタレントさんの場合は、一人でもファンを増やしたいという思いでファンサービスを重視して対応に甘いと思われます。場合によっては、ここまでの項目(「贈ってはいけないもの」)でダメとしているものでも受け取ってもらえる可能性があります。
※非常識すぎる行動をとると、出入り禁止、イベント中止・延期、警察に通報されるなどの恐れがあるので、法律・マナー・モラルを必ず守ってください。

あとがき


人気があるタレントさんは収入も多くお金を持っているので、欲しいと思ったものはすでに自分で買っている可能性が高いです。
そこで、努力を感じられるもの(※捨てづらく思う)、発想力を感じられるもの(※SNSで公開すると話題になる)、ファングループからのもの(※SNSで公開しやすい)などがおすすめです。
一方、売れていないタレントさんは収入が少なくお金を持っていないので、活動・生活するうえで役に立つ実用的なものが喜ばれるでしょう。